1棟1泊1万円以下!チープでシックな「小屋キャンプ」してみない? | BE-PAL

1棟1泊1万円以下!チープでシックな「小屋キャンプ」してみない?

2017.06.22

アラスカの大学に通っていた友人とキャンプに行こうとしたときに、あれこれと装備の段取りをしていたら、「そんなにガチガチに準備しなくてもいいんじゃない?」と言われてしまった。

「アラスカでは公営のキャビンがあって(無料のことも)、そこにふらっと行ってキャンプしたり、山を歩いたりするよ」という。

よく考えたら、日本にも公営のキャビンはたくさんある。ゴージャス感はないけど、1棟1万円以下くらいで安いし、設備も充実してる。もしや日本でも「アラスカ式小屋(キャビン)キャンプ」ができるのでは!?

やってきたのは千葉県鴨川市の『内浦山県民の森』。6人用キャビンが1棟9365円!

BBQ用のコンロや炭、薪、調理道具などレンタル品も豊だし、敷地内にはお風呂もある。かわいい三角屋根の小屋には二段ベッドがあって、なんかアラスカみたいだぞ!

アラスカのキャンプではサーモンやカリブーなど、季節ごとの食材を食べるというので、私たちも真似して「鴨川のうまいもん」を調達することに。鶏肉、卵、干物に野菜、地ビール。宿泊代が浮いた分、ステーキも奮発した。

やっぱり、地ビールはマストでしょ!

農協の直売所にて、旬の野菜をゲット!

干物専門店でうるめイワシの丸干し、ブリとサバの干物を購入しました。

キャビン代はひとり約2300円。予算はひとり5000円くらいだから、高級ステーキだって余裕で買えちゃうのだ!

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 キャンプの知識 』新着ユーザー投稿記事

『 キャンプの知識 』新着ユーザー投稿写真

『 キャンプの知識 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。