【長野修平流DIY】「焚き火用 トライポッド」(三脚)の作り方

2016.11.24

ネイチャークラフト作家の長野修平さんの焚き火には、必ずといっていいほど「トライポッド」(三脚)が登場する。

不揃いな枝振りやゴツゴツした歪さに味があり、これを焚き火の上に据えるだけで、映画のワンシーンのように絵になる。しかも、スモーカーやBBQグリルの役割を果たし、ときにはランタンポールにまで変身を遂げる。

今回は、そのトライポッドの作り方をご紹介。

_DSC1482

枝の先端は土に刺しやすいよう削って尖らせておく。

_DSC1504

3本の枝を並べ、固定するところを平行にそろえる。

_DSC1514

巻き結びを作る。まず輪をふたつ作り、右の輪を左の輪の上に重ねる。

_DSC1521

ふたつの輪のなかに、3本のうちの中央になる枝を通す。

_DSC1522

左右に強く引っ張って、ズレないように締める。

_DSC1523

3本の枝を並べ、左側の枝の下にロープを通し、折り返す。

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 焚き火の知識 』新着ユーザー投稿記事

『 焚き火の知識 』新着ユーザー投稿写真

『 焚き火の知識 』新着編集部記事

おすすめ記事