アウトドア帽子特集!編集部おすすめの逸品

2018.11.07

アウトドアメーカーのロゴを大きくあしらった「ブランド・ロゴキャップ」が人気です! 人気のブランドから新進気鋭のブランドまで、注目の人気キャップを集めました!

注目のブランド・ロゴキャップ10選

大好きなブランドのロゴ入りなら、あくまで見た目のデザインが決め手…だよね!? でも気になる機能も併せてご紹介します!

ブラックダイヤモンド(Black Diamond)

BD ロゴハット

自然なフィット感がたまらないストレッチオーガニックコットン製。ブランド名ではなく、ロゴマークの刺繍のみという、じつにシンプルなキャップ。スエットバンドとクラウン全体に伸縮性のある素材を採用したフレックスフィット製。 ●サイズ:ワンサイズ ●カラー:ダークカリー、モカ、アッシュ


マムート(MAMMUT)

ベースボール キャップ マムート

ブランドのシンボル”マンモス”の刺繍ロゴ入り! 6枚パネル仕様のコットンツイル製のキャップ。後部はテープアジャスター付きで無段階にフィット調節でき、余ったテープはスリーブ内にインサートできるようになっている。 ●サイズ:L-XL(60~62cm) ●カラー:ブラック、チタニウム、マリン


ムラコ(MURACO)

M LOGO JET CAP

軽量なナイロン製ジェットキャップ。ガレージブランドの新鋭。5枚のパネルで構成されたツバが大きめで被りが浅めなジェットキャップ。ツバは丸めないでフラットなまま被るのがかっこいい。 ●サイズ:フリー ●カラー:ネイビー、ブラック


ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)

TNFロゴキャップ(TNF LOGO Cap)

中央にロゴ刺繍。これぞ正統派ロゴキャップ! シンプルかつクラシカルなスタイルのコットンキャップ。正面中央にドドーンと鎮座ましますロゴ刺繍は、TNFファンのハートをグイッとわしづかみすること間違いなしだ。 ●サイズ:フリー ●カラー:ブラック、ダックグリーンほか全6色


コロンビア(Columbia)

パイオニアロードキャップ(Pioneer Road Cap)

シンプルな6枚パネルのワッペン付きロードキャップ。UPF(紫外線保護指数)50という高いUVカット機能をもつ。汗止め部分には吸水速乾素材が使われ、汗っかきな人にも対応。後部のスナップで7段階にフィット調節ができる。サイズ:ワンサイズ ●カラー:クルトン、ブラック、ディープラグーン(カラーごとにデザイン違いのワッペンを使用)


カブー(KAVU)

エンブロイダリーストラップキャップ(Embroidery Strap Cap)

ブランド創設25周年記念の刺繍ロゴ入りモデル。1993年の創設当初からずーっと作り継がれている、ブランドの大定番キャップ。周囲に施されたストラップが特徴だ。後部のストラップ先端をスライドして無段階に調節可能。 ●サイズ:ワンサイズ ●カラー:ブラック、カーキ


マーモット(Marmot)

GORE-TEX Baseball Cap

雨でも安心なゴアテックスキャップ。GORE-TEX Pacliteを使った防水仕様。しかもUPF50+で、紫外線対策もバッチリだ。抗菌防臭性も兼ね備えている。後部はバックル付きストラップで、フィット調節も楽ちん。 ●サイズ:ワンサイズ(56~59cm) ●カラー:ダークネイビー、カプチーノ、ブラック、ライム


パタゴニア(patagonia)

P-6ロゴ・ラジャー・ザット・ハット

クラシック刺繍ロゴ入りのオーガニックコットン製。クラウンは6枚パネル構造で、被りの深さがやや深めなミッドクラウンというタイプ。フィット調節はスナップ式で、吸湿発散性のあるヘッドバンド付き。 ●サイズ:ワンサイズ(55~58cm) ●カラー:El Capカーキ、ブラック


ホグロフス(Haglofs)

KILI CAP

ストレッチ素材の採用でフィット感バツグン! ナイロンにポリウレタンを混紡したストレッチ性のある素材。軽量でコンパクトに折りたたむことができる。ヘッドバンドは吸汗速乾性のあるメッシュ製で、UVカット機能付き。 ●サイズ:S/M(55.7cm)、M/L(56.8cm) ●カラー:マグネタイト


チャムス(CHUMS)

フェスキャップ(Fes Cap)

ミニポケット付きのユニークなデザイン。ジェットキャップタイプの5枚パネルのクラウンに、小さめのツバ、そしてオリジナル柄のチロリアンテープをあしらってある。チャムスらしい遊び心あふれるキャップだ。 ●サイズ:ワンサイズ ●カラー:ベージュ、ネイビー、ブルー、カモ


※構成/坂本りえ 撮影/永易量行

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 ウェア 』新着ユーザー投稿写真

『 ウェア 』新着編集部記事

おすすめ記事

  • 12/7(金)最終選考会にて決定 今年の1台、決まる。日本カー・オブ・ザ・イヤー 2018-2019 1980年の第1回開催から39年。今年はどのモデルが栄誉に輝くのか。
  • プレゼントクイズ 応募はこちら
  • 12/7(金)最終選考会にて決定 今年の1台、決まる。日本カー・オブ・ザ・イヤー 2018-2019 1980年の第1回開催から39年。今年はどのモデルが栄誉に輝くのか。
  • プレゼントクイズ 応募はこちら
  • ライフスタイルマガジン『b*p』