国産デニムの聖地 倉敷市児島で作られたジーンズみたいな2Wayエプロン

2018.03.15

国産デニムの聖地 倉敷市児島で作られたジーンズみたいな2Wayエプロン

 倉敷市の児島地域は、江戸時代から繊維業が栄え、1960年代からはジーンズの製造が盛んである。ベティスミスは、その児島で1962年に創業し、以来良質なジーンズやデニムの小物を作り続けている。

 今回のエプロンはビーパルがベティスミスに別注したオリジナル品。最大の特徴は、首から掛けて「胸当てスタイル」でも使えるほか、胸当てを折りたたんで「前掛けスタイル」でも使えるという点だ。胸や腹を汚したくないときは「胸当て」で、首が疲れたときは「前掛け」で……などと状況に応じて使い分けることができる。

 もうひとつの特徴は、腰から下が幅広なこと。腰に巻くと両サイドのポケットがちょうどジーンズのヒップポケットの位置にくる。生地(13オンス)はジーンズそのものだから、まるでジーンズをはいているかのような感覚になる。ジーンズファンなら必ず気に入るはずだ。

 使い込むほどに出てくる色落ちも楽しみにしたい。

国産デニムの聖地 倉敷市児島で作られたジーンズみたいな2Wayエプロン

8,424円

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 ウェア 』新着ユーザー投稿写真

『 ウェア 』新着編集部記事

おすすめ記事