冬キャンプにおすすめ!「薪ストーブOK」の新作テント&タープ

2019.12.06

待ちに待ったニュートラルアウトドアの新作

ニュートラルアウトドアは、2015年にリリースした日本のキャンプ用品ブランド

ベルテントの「GEテント」や家型テント「LGテント 4.0」など、従来なら手が届かないくらいの価格であるはずなのに、ポリエステル素材を使うことでお手頃な価格帯を実現した日本のアウトドアブランド・ニュートラルアウトドア。ここ最近は新作アイテムがあまり出ておらず、待ちわびた人もいるだろう。

ところが、新作アイテムは実はひっそりと販売していたのだ。しかも、人気のベルテントとタープのTC素材バージョン!  TC素材とはポリエステルとコットンの混紡素材で、難燃性に優れ焚火と相性がいい。どんなアイテムか、詳しく紹介する。

クラシックなデザインにおしゃれなブラウンをまとったテント

「TCテント 4.0」7万8000円+税

今回発売したのは、「TCテント 4.0」と「TCタープ 4.0」のポリエステルコットン 生地を使った2型。カラーはダークブラウンの1色のみ。テントは、薪ストーブなどの煤汚れが目立ちにくく、高い遮光性があるのが特徴。耐水圧は350mmで、完全防水というわけではないが、水を含むと膨張して空気を通さなくする性質で、ある程度水を弾いてくれる。

ベルテントの定番のかたちを忠実に再現

中のグランドシートは取り外しが可能で、壁部分の生地は巻き上げることでまるで宙に浮いたようなシェルターとしても使える。夏場はこれで空気を入れることができるので室内が蒸れにくく、冬場はタープとして使うのもいいだろう。

薪ストーブファンにはたまらない天井穴

天井の一部に煙突を通す穴が設けられているので、ユーザー責任ではあるが、薪ストーブを使いたい人にはぴったり。オプションにはなるが、耐熱生地を使ったチムニーも近日発売の予定なので、煙突の熱で生地が焼ける心配がある人にはおすすめ。

今回発売のテントとタープは、一緒に合わせて使いたい

フロアサイズは約400cm四方で、大人が5〜8人まで入れる広さ。収納サイズは幅105×奥行き40×高さ30cmで、重量は約16kgなので持ち運びはなかなか大変だが、久しぶりの大型テントの発売に期待が膨らみそうだ。

変化級スタイルも簡単に作れる大型タープ

「TCタープ 4.0」2万8000円+税

タープは約400cm四方のスクエアタープ。カラーと生地機能はテントと同じで、4〜8人が中に入れるサイズとなっている。

メインポールを設営したとき

設営したときの四角

同製品は、自在付きガイロープが16本付属している。グロメット16個の数に合わせたかたちだが、グロメットはポールの先端に通す用として使い、その外側についたループにガイロープを通して使うのがおすすめとのこと。グロメットが付いたところには、破れ防止用に生地が補強されている。強風でタープが破れる事態が多いが、これのおかげでそれが軽減される。

4本のポールがあれば普段とは異なったスタイルにすることも可

TCタープ 4.0はポールとペグが付属していて、買ったらすぐに使用できるのも◎。もちろんお持ちのものでの代用も可能で、それを使えば様々なアレンジスタイルを作ることができる。人数や環境によって使い分けてみてはいかがだろうか。

断熱効果で、薪ストーブだけでなく石油ストーブを入れても快適!

両製品ともに発売されており、同ブランドの公式通販のほか、全国のアウトドアショップにて絶賛発売中。薪ストーブを使ってみたい! 冬キャンプにチャレンジしてみたい! という人は、ぜひ購入を検討してみよう。

製品情報

TCテント 4.0
価格:7万8000円+税
展開サイズ(約):幅400×高さ250cm
収納サイズ(約):幅105×奥行き40×高さ30cm
重量(約):16kg
URL:http://www.neutraloutdoor.com/product_contents/22_tctent.html

TCタープ 4.0
価格:2万8000円+税
展開サイズ(約):縦400×横400cm
収納サイズ(約):長さ70×高さ15cm
重量(約):6kg
URL:http://www.neutraloutdoor.com/product_contents/23_tctarp.html

ニュートラルアウトドアの公式ホームページはこちら
http://www.neutraloutdoor.com/

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 テント 』新着ユーザー投稿記事

『 テント 』新着ユーザー投稿写真

『 テント 』新着編集部記事

おすすめ記事