寝袋・シュラフ特集!編集部おすすめの逸品

2018.10.29

キャンプや登山はもちろんのこと、非常用にもオススメしたいのが寝袋(シュラフ)です。シュラフは数千円のものから数万円するものまで、幅広い価格帯で販売されていますが、ズバリ金額=性能と思って間違いありません。「寒くて眠れず、体調を崩した…」なんてことがないように、シュラフはしっかりしたものを選びましょう。

人気の寝袋・シュラフ売れ筋ベスト5

マミー型が封筒型を1歩リード。軽さにすぐれるダウンタイプが人気で、3シーズン用が売れてます。信頼性もあってか名門ブランドに人気集中。

イスカ(ISUKA)

エア300SL(Air 300SL)

軽く、小さく、暖かく。日本の山の定番モデル。収納サイズ直径14×24cmのコンパクトさと、参考使用温度2度℃の実用性がウリ。春?秋の中級山岳から、夏の涸沢や槍ヶ岳までいける万能選手。保温性、コンパクト、低価格の三拍子そろった部分が好評。ダウンのクオリティが高く、収納性もよい。720フィルパワーダウン使用。最低対応温度 2℃


ナンガ(NANGA)

オーロラライト350DX(AURORA light 350 DX)

ダウンのロフトを最大限に引き出す立体構造。5種類の羽毛量が選べる。シェルに防水透湿素材を採用し、扱いやすいのもポイント。最低対応温度 0℃


モンベル(mont-bell)

ダウンハガー800#3

生地が横方向に伸縮し、寝袋内であぐらがかける。3シーズン対応において軽さ(575g)、価格、使用感のよさでヒット。最低対応温度 マイナス2℃


コールマン(Coleman)

ファミリー2in1/C5

親子3人で一緒に寝られる布団型の大型寝袋。上下を分割すればひとり用としても使用可。裏地は起毛仕上げで肌触りも抜群。最低対応温度 0℃


ナンガ(NANGA)

UDDバッグ380DX(UDD BAG 380DX)

超撥水加工を施した高品質ウルトラドライダウン(770フィルパワー)を使用することで、弱点である水濡れを克服。3サイズあり。最低対応温度 マイナス2℃


※構成/大石裕美 撮影/山本 智、中村文隆

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 寝袋・シュラフ 』新着ユーザー投稿記事

『 寝袋・シュラフ 』新着編集部記事

おすすめ記事

  • 12/7(金)最終選考会にて決定 今年の1台、決まる。日本カー・オブ・ザ・イヤー 2018-2019 1980年の第1回開催から39年。今年はどのモデルが栄誉に輝くのか。
  • プレゼントクイズ 応募はこちら
  • 12/7(金)最終選考会にて決定 今年の1台、決まる。日本カー・オブ・ザ・イヤー 2018-2019 1980年の第1回開催から39年。今年はどのモデルが栄誉に輝くのか。
  • プレゼントクイズ 応募はこちら
  • ライフスタイルマガジン『b*p』