「パタゴニア」のスリーピングバッグは本当に温かいのか?

2017.05.26

フロントファスナーはダブル。下だけ開ければ過度の熱気を放出する。

立体的な設計の足元には余裕があり、ダウンのふくらみも十分。

内部の様子。首部分のチューブには厚みがあり、暖気を逃さない。

収納時は直径18.5×長さ27㎝。保温力のわりに、コンパクト。

パタゴニア/
850ダウン・スリーピング・バッグ-7℃

高品質なダウンジャケットでも知られるパタゴニアが満を持して発表したスリーピングバッグ。創業者のイヴォン・シュイナードが45年前に自作したものを元に、超軽量な生地、850FPの高質ダウンなどを用い、現代の技術で機能性をさらにブラッシュアップしている。「-1度C」対応製品やショートタイプもあり。
¥62,500

【SPEC】
適応身長:
~ 183㎝(レギュラー)
収納サイズ:
直径18.5×27㎝
重量:
912 g
適応温度目安:
-7 度C
中綿:
ダウン850 FP
http://www.patagonia.jp/

 

8◎文=高橋庄太郎

家のベッドよりも寝袋を愛するアウトドアライター。
今年もすでに寒中テント泊を何度も行ない、保温力の重要さを痛感。
著書に『山道具 選び方、使い方』など。
 

◎撮影/加戸昭太郎

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 寝袋・枕 』新着ユーザー投稿記事

『 寝袋・枕 』新着ユーザー投稿写真

『 寝袋・枕 』新着編集部記事

おすすめ記事