エアにする?それともインフレータブル?マット7選

2020.11.22

空気だけで膨らむエアタイプとフォーム+空気で作るインフレータブルタイプが主流。断熱性を高めた中綿入りも登場。

ヨシキ&P2 スタッフ
吉野時男さん

登山とスキー用品をメインに扱うアウトドアショップの名物スタッフ。休みはクライミング、キャンプなどアウトドアに勤しむ。

 

プリマロフトが中に入った冬も安心のエアタイプ

ビッグアグネス/
インシュレーテッドエアコアウルトラ
レギュラー ¥13,800

 

image

高性能なのに この価格はお得!

保温性に優れた中綿素材、プリマロフトを中に封入した秋冬新作モデル。高さ8㎝と分厚く、地面の硬さを感じさせない。付属のポンプサック(袋)で、短時間で設営できる。

継ぎ目を少なくしたチューブ状のデザインで冷気を遮断。

使用サイズ:約51×183cm 収納サイズ:約10×20cm 
重量:約624g 厚み:約8cm R値:4.5
問い合わせ先 ケンコー社 06(6374)2788

 

エアとインフレータブルの機能をいいとこ取り!

ニーモ・イクイップメント/
フライヤー レギュラーワイド マミー ¥14,000

image

約60%肉抜きした独自開発のフォームを採用。空気が入るチューブを大きく設定して約5cmの厚みを確保している。わずか数回空気を入れれば完成するのでセッティングも簡単だ。

image

「指で硬さを調整できる」とバルブに関心を示す吉野さん。

使用サイズ:約64×183cm
収納サイズ:約17×30cm
重量:約790g 厚み:約5㎝ R値:3.3
問い合わせ先 イワタニ・プリムス 03(3555)5605

 

10cmの厚みを実現した超フカフカマット

サーマレスト/ネオエアートポリュクス レギュラー ¥20,000

独自のチューブ構造で、冷気がたまる場所をなくし、安定した暖かさを保つエアマット。裏面は冷気が入る空間を作らない構造を実現。4サイズまで展開。

image

「超フカフカ!」と厚みを確かめて感心する吉野さん。

使用サイズ:約51×183cm 収納サイズ:約14×23cm 
重量:約650g 厚み:約10cm R値:3.7
問い合わせ先 モチヅキ 0256(32)0860

 

胴部の生地のみ二重にして体への冷感を最小限に

シートゥサミット/
コンフォートライト インサーレーティッドマット レギュラー ¥18,000

 

反射フィルムと中綿を中に入れた秋冬モデル。生地には抗菌効果があるTPUコーティングを施して衛生面も安心。収納袋にポンプサックを内蔵している。

image

地面からの冷気を感じやすい上半身のみ生地を二重構造に。

使用サイズ:約55×184cm
収納サイズ:約11×23cm
重量:約640g 厚み:約6.3cm R値:3.7
問い合わせ先 ロストアロー 049(271)7113

 

車中泊にも対応できる
キャンプ向けのゆったりサイズ

コールマン/キャンパーインフレーターマットハイピーク/シングル ¥12,546

image

自動膨張式である程度まで膨らむインフレータブルタイプ。収納袋がポンプになっているので、別に用意する必要はない。シングルのほか、幅約128cmの広いダブルの展開もあり。

image

封入口の弁は回転式で、空気が抜けにくい構造が初心者でも安心。

使用サイズ:約68×198cm 
収納サイズ:約21×72cm
重量:約2700g 厚み:約10cm
問い合わせ先 コールマン ジャパン カスタマーサービス 0120-111-957

 

ピローいらずの一体型タイプが斬新

スナグパック/XLセルフインフレーティングマット ¥13,700

頭部に厚み約5cmのピローが内蔵された新しいインフレータブルタイプ。生地は75デニールの高強度ポリエステルを採用して、穴あきや引き裂きにも強い。

使用サイズ:約62×195cm 収納サイズ:約25×64cm
重量:約1700g 厚み:約4cm
問い合わせ先 ビッグウイング 06(6167)3005

 

空気不要のクローズドセルタイプ

ニーモ・イクイップメント/スイッチバック レギュラー:ボリエール ¥6,500

image

パタパタと折りたたむ手軽なタイプ。二層の六角形フォームと熱反射フィルムを圧着した構造で、下からの冷気を遮断する。

使用サイズ:約51×183cm 
収納サイズ:約13×14×51cm 
重量:約415g 厚み:約2.3cm R値:2.0
問い合わせ先 イワタニ・プリムス 03(3555)5605

※R値:断熱性能を表す値で、数値が高いほど冷気を通しにくい(数値が高いほど断熱性が高い)。

※構成/小川迪裕 写真/山本 智、二見翔太

(BE-PAL 2020年10月号より)

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 マット 』新着ユーザー投稿記事

『 マット 』新着ユーザー投稿写真

IVY

『 マット 』新着編集部記事

おすすめ記事