今や100均でライトを買う時代!ダイソー「ガーデンソーラーライト」を深掘りして紹介 | 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル

今や100均でライトを買う時代!ダイソー「ガーデンソーラーライト」を深掘りして紹介

2021.10.29

筆者私物。2021年購入モデルです。

ダイソーで人気!アウトドアシーンを彩る華麗な灯りのススメ

ダイソーオリジナルの「ガーデンソーラーライト」。2021年秋現在は全2柄が登場しており、いずれも220円とお手頃ながら、非常に美しい陰影を作り出すと評判です。

このライトは明るさよりも、デザインのよさがメイン。その芸術的な光を夜キャンプで眺めれば、日頃の疲れもときほぐされることでしょう。

さて、今回は我が家の夜ベランピングでも大活躍中の、ダイソーライトの秘密に迫ります。

商品特長

キャンプ、お庭、お部屋。さまざまなシーンで暗闇を彩る2柄のライト。

まずは、ガーデンソーラーライトの特長からご紹介します。

・エコなソーラー充電タイプ
・LEDで明るさ長持ち
・地面に“置く/挿(さ)す”の2WAY方式
・シャープな外観
・芸術的な癒しの光
・超軽量

今回撮影に使用したライトは、いずれも2021年購入の筆者私物です。

部品と使い方

全体像はこうなっています。

天板のソーラーパネルと底面は着脱可能。向かって左の棒は、地面に挿して使うための付属ピックで、本体底面に連結して使います。

天板裏には電源スイッチがあり、これをONにして満充電すれば、その日の夜にはさっそく鮮明な美しい光を放ってくれます。

日没後に自動点灯。周囲が明るいと点灯しない場合があるため、極力暗い場所で使います。

小ぶりのLEDライトながら強力発光、雨天もOKの防水仕様です。設置しておくだけで、玄関、ベランダ、花壇など、あらゆる場所を華麗に彩ってくれます。

さらにはこのライト、夜キャンプやアウトドアシーンでも活躍します。そのさまざまな用例についてご紹介しましょう。

キャンプではこう使おう!ダイソーライト

暗闇でのペグの目印に

挿したペグが暗闇に紛れて見えづらい、そんな経験はありませんか?

暗闇では、地中から突き出たペグにつまづくことも多いもの。ペグのそばに設置して、安全策を講じておくのもいいですね。

イベントの間接照明として

光の競演。眺めていると、あっという間に時間が過ぎていきます。

バーベキューや屋外ライブ、イベントなどの際、このライトを暗がりに点在させると、空間の広がりを演出できます。

屋外のみならず、屋内で間接照明として活用するのも素敵です。

スタイリッシュな見た目で、どんな空間にもなじみます。

また、このライトはデザイン的にハロウィンの演出にもぴったり。黒のシャープな外観と網状の灯りが、ゴシックな雰囲気作りに一役買ってくれます。

ほかにもこんな使い方はいかが?

夜間の足元ライトとして

晴天であれば日没後4~5時間以上、しっかり点灯します。

夜間見えづらい段差付近など、足元の不安な場所に設置しておくと便利です。来客など、その場を初めて訪れる人の安全にも貢献します。

鉢植えの移動型ライトとして

植木鉢に挿し、植物や造花などでアレンジするのも楽しいです。

地面に置いての使用が難しい強風の日には、植木鉢に挿して使う方法もおすすめです。土と鉢の重さで風のあおりを受けにくくなります。地面が硬く、ピックが挿せないような場合にも便利です。

挿したままにして、移動型ライトとして活用するのもいいですね。

掘り!ダイソーガーデンソーラーライトのココにご注目

この柄のみのスペシャルな仕様をご覧ください

2柄のうち、とくにこちらの柄のライトの内部設計には、目を見張るものがあります。その仕組みについて、深掘りしてみたいと思います。

最新モデルは、底面が着脱可能。

底のほうに、銀色の何かが光っています。最初はデザインの一部だと思っていましたが、じつはそうではないようです。

1.この銀のピラミッドは一体?

遠目にもよく目立つ、シルバーの三角形。

底にあるキラリと光る銀色の謎のパーツ。購入当初はその存在が謎でしたが、使っていくうちに、非常に工夫された設計であることが判明しました。

ピラミッドの下には空間が設けられています。

というのもこちら、じつは内部に降りこんだ雨水を流すためのもの。この三角錐(さんかくすい)の斜面を伝って、水がスムーズに流れる仕様になっています。

底面を裏側から撮影。中央の丸い穴は、ピックを挿す場所です。

そして底面にはこのとおり、4つの水抜き穴が。つまり、このピラミッドの目的は、スムーズな水はけだったのです。

2.ピラミッドのもうひとつの役目

ライト根元から4本短く伸びているのが、ピラミッドの反射光です。

このピラミッドのもう一つの役目、それは鏡面仕上げによる光の反射率のアップ。LEDの光を増幅させ、四方へ拡散します。

つまり、この銀のピラミッドは、

・スムーズな排水
・反射光アップ

の2つの機能を兼ねているというわけです。

以上は現段階での最新機能で、同型の従来品には見られなかったもの。しばらくダイソーライトを買い足さない間に、こんなにすばらしい進化を遂げていたのですから驚きです。

設計に優れた美しい灯りはダイソーにあり

インテリア小物としても、高いデザイン性を誇ります。

いまや、ダイソーで灯りを買う時代。デザイン、設計ともに優れたライトが、100均で入手できるなんてすごい話です。

とくにこのガーデンソーラーライトは、220円と安価ながら本格志向。家族や友人、カップル同士でにぎやかに眺めるもよし、ソロでのんびりと眺めるもよし。美しい光で、非日常世界へトリップすることができます。

一度買うと、次々に買い足したくなるクオリティー。夜キャンプのお供やお庭の足元の安全に、まずはおひとついかがでしょうか。

ダイソー ソーラーガーデンライト(長角型、29㎝)

価格 220円
サイズ 約6×6×29cm
材質 ポリプロピレン

私が書きました!
フリーライター
ちゆゆ
パソコン一辺倒20年、肩こりや体のダルさの原因がどうやら自然とのふれあい不足にあるらしいと気づき、バイク&アウトドアを謳歌するようになったイイオトナ年齢の女性(兵庫県民)。いつもの暮らしにアウトドア要素をほんのちょっと取り入れたら、目に見えて人生に彩りがふえました。
この記事をシェアしよう!

関連記事

『 ランタン・ライト 』新着ユーザー投稿記事

『 ランタン・ライト 』新着ユーザー投稿写真

『 ランタン・ライト 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。