ランタンスタンドの厳選おすすめ商品を紹介!種類や選び方も解説 | BE-PAL

ランタンスタンドの厳選おすすめ商品を紹介!種類や選び方も解説

2021.05.06

夜のテントサイトを明るく照らすランタン。それを吊るすランタンスタンドは、実はランタンを吊るす以外にも使える実用的なアイテムです。ランタン選びにこだわるように、ランタンスタンド選びにもこだわってみませんか。ここでは、ランタンスタンドのおすすめ商品や種類、選び方などをご紹介します。

ランタンスタンドとは

ランタンスタンドとは、キャンプサイトを照らすランタンを設置するためのスタンドです。ランタンポールとも呼ばれ、うまく活用することでキャンプの快適さがぐっと上がります。折りたたんでコンパクトになるものがほとんどで、ひとつ持っておくとキャンプだけでなく、バーベキューをするときにも重宝します。

あると便利!ランタンスタンドの使い方

ランタンスタンドには、サイト内を明るく照らすのはもちろんのこと、使う場所に応じた実用的な使い方があります。

キャンプサイト全体の照明として

まず一番基本的なのは、キャンプサイト全体の照明としての使い方です。ランタンはテーブルや棚の上に置いて使用することもできますが、目線と同じ高さにあると光が直接目に入って眩しかったり、影が大きくなって思うようにサイト内が明るくならなかったりします。しかしランタンスタンドを使って高い位置から照らすことで、サイト内全体を安全に明るくできるのです。

離して置くことで虫よけに

また、ランタンスタンドをテントからある程度離して設置することで、虫よけとしても使えます。タープポールなどにランタンハンガーを使ってランタンをかけている人もいますが、そうすると明るさに引き寄せられて虫が近くに集まってきてしまいます。ランタンスタンドを使って明るめのランタンを離れた位置に設置しておけば、そちらに虫が集中してサイト内では虫に煩わされることなく過ごせます。

ランタンスタンドの種類とメリット・デメリット

ランタンスタンドは設営の仕方や形状によって、主に二つの種類があります。

1本脚の打ち込み型

まずひとつめの種類は、一本脚スタイルで地面に直接打ち込み突き刺して使う打ち込み型のものです。

メリット

打ち込み型のメリットは、省スペースで安定性が高いことです。地面に打ち込むため風の影響があまりなく、三脚タイプに比べると安全性が高くなります。また、ポール一本分のスペースがあれば設置できますし、多少傾きのある地面でも工夫次第で使えます。ハンマーを使わなくても簡単に打ち込めるものも多いです。

デメリット

反対にデメリットとして、地面が硬いと打ち込むのに苦労したり、石がゴロゴロあるようなところでは石に当たってしまい深く刺さっていかなかったりします。安全に固定できる場所選びが大切です。

三脚のスタンド型

もうひとつの種類は、地面との設置面が三脚になっている自立型のものです。

メリット

自立型のメリットは、三脚を広げるだけで簡単に使えるところです。地面が硬くても使えますし、打ち込みができないアスファルトや芝生の上でも使えます。

デメリット

デメリットとしては、柔らかい地面や傾斜がある場所には不向きで倒れてしまう可能性があります。安定性にやや欠けるため、風が強いときは付属のペグを打ち込んで固定しましょう。ファミリーの場合、子どもが走り回っていて三脚部分に足を引っかけないよう、注意しておく必要があります。

ランタンスタンドの選び方

ランタンスタンドの選び方は、安全性やサイズなどおさえておくべきポイントがあります。

耐久性のある素材

ランタンスタンドの素材は、アルミやステンレス、スチール製のものが多いです。キャンパーの中には、木製のランタンスタンドを自作する人もいます。サビに強くお手入れしやすいステンレス、サビにくく軽量なアルミなど、素材の耐久性や強度、手入れのしやすさなど、自分が重視するポイントに合ったものを選びましょう。

使用目的に合ったサイズ

サイズは、最大高230cm、最低高100cm程度のものを選ぶとあらゆる使い方に対応できます。ソロキャンプやツーリングには、組立サイズ120cm程度の小型のものもおすすめです。スライド式や無段階でポールの長さが変えられるねじ式のものは高さ調節がしやすいので、調節方法も確認しておきましょう。また、テーブルなどを挟んで設置するコンパクトサイズのランタンスタンド(クランプ式)もあると便利です。

安定感のある重量

持ち運ぶには軽量なほうがありがたいですが、ランタンスタンドは軽すぎると安定しないので、本体の重さも確認が必要です。安全のために2kg程度の重さがあるものを選びましょう。スタンドが軽くて安定しないと感じた場合は、吊るすランタンを軽いものにしたり、高さを低めに調整したりしてバランスを取りましょう。

フックの安全性

ランタンを引っ掛けるフックの形状も要チェックです。先端はランタンを引っ掛けるだけのものが多いですが、中には落下防止の特殊な形状をしたものもあります。ポールとの固定部分も、ねじなどでしっかり固定できるものやクリップで挟むタイプならずれにくくて安心感があります。

収納時のコンパクトさ

ランタンスタンドは折りたたみ式や組立て式のものが多く、基本的に持ち運びやすさを考慮された仕組みになっています。どの程度コンパクトになるか、収納・持ち運びに便利なケースが付いているかなども選ぶ際の基準にしてください。

手持ちのランタンに合うデザイン

耐荷重やフックの形状など、手持ちのランタンを問題なく掛けられるかという点も重要ですが、見た目の相性も考えるとサイトのおしゃれさがアップします。レトロな雰囲気のランタンにアイアンのランタンスタンドを合わせると味のある雰囲気になりますし、白色灯にシルバーカラーのランタンスタンドを合わせるとクールな印象に。ランタンやその他のギアとの相性も、選ぶときのポイントにしてみてください。

スノーピーク / Snow Peak

パイルドライバー

LT-004

打ち込んでからの安定感に定評のある、一本脚タイプのランタンスタンド。二段階で伸縮し、ネジ止め式で長さ調節が可能です。最上部のパーツを上下にスライドするだけで、ハンマーなしで打ち込めます。
●サイズ:110cm(収納時)〜240cm(最大) ●重量:1.7kg ●材質:スチール、樹脂 ●セット内容:本体、先端保護キャップ

特徴的な形状のフックは、吊り下げたものが揺れても外れにくい構造です。

別売りの専用ケースに入れて持ち運べば、移動中に車を傷つけることなく安心です。


ロゴス / LOGOS

アイアンランタンポール3WAY

No. 71905000

三段階に高さ調節が可能な、一本脚タイプのランタンスタンド。ランタンを吊るすフックだけでなくちょっとした小物を置けるラックも付いている、使い勝手のいいアイテムです。
●サイズ:幅17.5×奥行17.5×高さ205cm ●収納サイズ:幅61×奥行17.5×高さ5.2cm ●地上高:180cm/120cm/60cm ●フック長:13cm ●フック(有効長):8cm ●ラック:幅16×奥行16×高さ2cm ●ポール径:直径19mm ●ステイク長:21cm ●重量:1.26kg ●材質:スチール、ABS ●セット内容:トップポール、ミドルポール、ローポール、ステイク、フック、ラック、プラストッパー×2セット、収納袋

フックやラックの位置は、ブラックストッパーで調節できます。

トップにセンターピンが付いているので、テントの跳ね上げにも使えます。

収納に便利な専用ケース付き。


ロゴス / LOGOS

アーススティックランタンポール

No. 71905004

二段階に高さ調節が可能な、一本脚タイプのランタンスタンド。ソロキャンプでの使用に適したサイズ感です。折り畳むと軽量・コンパクトになるため持ち運びやすいです。
●サイズ:幅15×奥行2.5×高さ141cm ●収納サイズ:幅10×奥行3×高さ26cm ●地上高:180cm/120cm/60cm ●ランタンフックの高さ:136.5/118cm ●重量:0.4kg ●材質:アルミ、ステンレス、スチール ●セット内容:本体、収納袋


テントファクトルリー / TENT FACTORY

TFパイルドライバー

TF-PDR225

地面に突き刺して使用する、一本脚タイプのランタンスタンド。工具を使わず設置でき、気軽に使えます。シルバーカラーがクールな印象です。
●サイズ:高さ110〜225cm、パイプ直径2.3cm ●重量:1.7kg ●材質:ステンレススチール ●セット内容:本体、収納袋

すっきりした足元で、引っかかる心配がなく安心です。

専用ケース付きなので持ち運びも楽々です。


マウンテンマウンテン / Mountain Mountain

オールドムーン

OLD MOON

美しい流線型が特徴的な、一本脚タイプのランタンスタンド。使い込むほど味の出るヌメ革グロメットやアイアンは、手入れをしながら長く使うことでより愛着が増します。細部にまでこだわりが感じられる、職人の手仕事が光る逸品です。
●サイズ:高さ/182cm、ハンガー部分/93.5cm(接合部含む)、パイルドライバー部分/100cm(接合部含む)、最大幅(ハンガー部分)/21cm ●収納サイズ:21×100cm ●重量:2.1kg ●材質:アイアン、 革、真鍮(グロメット部分)


ヤエイワーカーズ / YAEI WORKERS

ランタンスタンド

クランプ式でもペグ式でも使用できる、2WAYタイプのランタンスタンド。高強度の鋳造ペグを使用しており、地面への打ち込みも抜くのもスムーズです。クランプ式にすれば屋内やテント内でも使用できます。
●サイズ:高さ146cm ●収納サイズ:40.5×8×5.5cm ●ポール直径:1.2cm ●重量:0.55kg ●耐荷重:1kg ●材質:ポール/高強度アルミ製(アルミ合金7075)、ランタンハンガー/ステンレス、ペグ/スチール ●セット内容:本体、収納袋

クランプ式の場合、2.5cmまでの厚みのテーブルで使用可能です。

ハンガーが2本付きなので、ランタン以外の小物も吊るして収納できます。

専用の収納ケースに一式入れて持ち運べます。


コールマン / Coleman

ランタンスタンド Ⅳ

2000031266

10段階に高さ調節可能な、三本脚のランタンスタンド。三本脚タイプのデメリットである足元の引っ掛かりを解消する新構造で、設営も簡単です。付属のピンペグで三本脚を固定すれば、より安定感が得られます。
●サイズ:高さ109〜226cm ●収納サイズ:直径11×90cm ●重量:1.4kg ●材質:アルミニウム、スチール、ナイロン、他 ●機能:スライド式高さ調節(10段階) ●セット内容:本体、アルミ製ピンペグ×3本、収納袋

三本脚が地面にほぼぴったり付くので、引っ掛かりにくく安全です。

高さはパイプの穴にピンをピン留めして固定します。

専用収納ケース付き。


ogawa / キャンパルジャパン

コンパクトランタンスタンド2

1384

細部への工夫が光る、三本脚のランタンスタンド。非常に軽量・コンパクトに収納できるので、キャンプツーリングにも最適です。組み立てに使用するポールの数で、二段階に高さ調節可能です。
●サイズ:高さ86/116cm ●収納サイズ:5×5×55cm ●重量:0.8kg ●材質:フレーム/アルミ合金、フック/ステンレス ●機能:スライド式高さ調節(10段階) ●セット内容:本体、アルミ製ピンペグ×3本、収納袋


ユニフレーム / UNIFLAME

コンパクトランタンスタンド

スリムでコンパクトに収納できる、三本脚のランタンスタンド。風などの揺れにも耐える安定したピラミッド構造です。スタンディングテープには点灯防止用のペグダウンループがついており、付属のベグを打ち込むことでより安定感を得られます。
●サイズ:高さ/195cm ●収納サイズ:直径6×55cm ●重量:1.3kg ●材質:ステンレス鋼、アルミ ●耐荷重:約3kg ●セット内容:本体、ペグ×3本、収納袋


ロゴス / LOGOS

シャドウブラックランタンポール

No. 71905001

ブラックカラーがおしゃれな、三本脚のランタンスタンド。24段階に高さ調節が可能で、ランタンフックの角度も自由自在に調整できます。三脚を付属のベグで固定すれば安定感が増し、転倒を防げます。
●サイズ:幅93×奥行81×高さ200~90cm ●ランタンフックの高さ:195~85cm ●収納サイズ:幅11×奥行11×高さ83cm ●重量:2.0kg ●材質:アルミ、スチール ●セット内容:本体、ペグ×3本、収納袋

ロックピン式固定なので、ボタンひとつで簡単に高さ調節可能です。

フックの形状は落下防止構造により、吊るしたものが揺れても落ちにくくなっています。

専用収納ケースに入れ、肩に引っ掛けて楽々持ち運べます。


ロゴス / LOGOS

ポータブルランタンポール

No. 71905009

コンパクトでソロキャンプに最適な、三本脚のランタンスタンド。打ち込みが難しい硬い地面でも使用でき、場所の移動も設営も楽々です。中間パーツを取り外すことで三段階に高さ調節ができ、用途に合わせてランタンの位置を変えられます。
●サイズ:幅45×奥行40×高さ102cm ●フック長:8cm ●収納サイズ:幅6×奥行2×高さ31cm ●重量:0.3kg ●材質:アルミ、ステンレス ●耐荷重:0.2kg ●セット内容:本体、収納袋

吊り下げ可能なランタンの重量は、電池込みで200gまでです。

ネジ式で連結するパーツは全て分解できるので、コンパクトに収納できます。

専用収納ケースに入れれば、手のひらにのるぐらいコンパクトに。


キャプテンスタッグ / CAPTAIN STAG

アルミスライドランタンスタンド

UF-4

アルミ素材で軽量な、三本脚のランタンスタンド。ポールを回すだけで自在に高さ調節ができます。テントやタープを立てないアウトドアでランタンを使用したい時、さっと広げて使えて便利です。
●サイズ:幅70×奥行60×高さ107〜190cm ●アーム:直径6×20cm ●収納サイズ:ポール/9×3.5×長さ107cm、スタンド/10×8×長さ60cm ●重量:1.2kg ●材質:ポール・開脚バー/アルミニウム(アルマイト加工)、アーム/鉄(クロムメッキ)、スタンド/鉄(エポキシ樹脂塗装)、[樹脂部]アーム部/ナイロン、ジョイント部・ロックネジ・キャップ/ポリプロピレン、ポール差し込み部・開脚部/ABS樹脂 ●耐荷重:2kg ●セット内容:本体、プラスチックベグ×3本

収納サイズは長めなので、車移動のキャンプやアウトドアに適しています。


スプラッシュ フラッシュ / SPLASH FLASH

ランタンスタンド Shotgun

一本脚の打ち込み式と三本脚のスタンド式の、2WAY使用が可能なランタンスタンド。打ち込み式で使う場合でもハンマー不要で設営可能で、地面の状態に合わせて使い分けられます。
●サイズ:高さ143〜215cm ●収納サイズ:112.5cm ●重量:台座あり/6.6kg、台座なし/3.4kg ●材質:黒皮鉄

デザインにこだわりが感じられるハンガー部分。

一本脚での使用も可能です。

アイアン好きにはたまらない、黒皮鉄の無骨な印象が自然の中で映えます。


ハイランダー / Hilander

ランタンスタンド

2本のアームフック付きで汎用性の高い、三本脚のランタンスタンド。スクリュー式で、無段階で高さ調節ができます。
●サイズ:84×84×118〜250cm ●収納サイズ:92×12cm ●耐荷重:片方4kg ●重量:1.2kg ●材質:アルミ ●セット内容:本体、ペグ×3本、収納袋

ロックネジで、三脚部分をしっかり固定できます。

付属のペグで地面と固定すれば安定度が増します。

ショルダータイプの専用収納ケースで持ち運びも楽々。


ノースイーグル / North Eagle

ランタンスタンド220

NE753

三段シャフト方式の、三本脚のランタンスタンド。93cmから最大220cmまで高さ調節可能なので、照らしたい場所や範囲、用途に合わせて使い分けられます。地面にペグ固定することで安定感が増し転倒を防げます。
●サイズ:幅90×奥行90×高さ93〜220cm ●収納サイズ:87cm ●重量:1.5kg ●材質:アルミ


バンドック / BUNDOK

ランタンスタンド195

BD-299

コンパクトに収納できる、三本脚のランタンスタンド。突っ張り棒のようにパイプをねじってロックし、高さを調節します。ランタンを吊るしてテーブルを上から照らしたり、サイトの離れた場所に設置したりと、自由に位置を設定できます。
●サイズ:幅65×奥行56×高さ75〜195cm ●収納サイズ:幅70×奥行8×高さ8cm ●重量:1.5kg ●耐荷重:2kg ●材質:アルミニウム、スチール ●セット内容:本体、ペグ×3本、収納袋

ハンマーがなくても打ちやすい、固定用の専用ペグ付き。

約70cmまで収束でき、専用ケースに入れればすっきり収納できます。


フィールドア / FIELDOOR

クランプ式ランタンスタンド

軽量&コンパクトな、クランプ式のランタンスタンド。厚さ2.7cm以内のテーブルやラックに設置可能です。無段階で高さを調節できるため、ランタンのサイズや重さに合わせて安全に使用できます。
●サイズ:91.5×13.5×3cm(最大時) ●収納サイズ:35×10×4cm ●重量:0.25kg ●材質:A7075 超々ジュラルミン ●耐荷重:約1kg ●カラー:レッド、ブラウン、マットブラック ●セット内容:本体、収納袋


ハイランダー / Hilander

テーブル用ランタンスタンド

コンパクトでザックの中にも収納できる、クランプ式のランタンスタンド。ショックコード付きなので組み立てもスムーズです。持ち運びに便利な収納ケース付き。
●サイズ:約1.2cm(パイプ直径)×91.5cm(最長) ●収納サイズ:約33.5cm(長さ) ●重量:0.26kg ●材質:アルミ ●耐荷重:約5kg ●適応テーブル幅:0.5〜3.5cm ●セット内容:本体、収納袋


FLYFLYGO

ランタンスタンド テーブルを挟むタイプ

持ち運びに便利な、クランプ式のランタンスタンド。3つに分割されているポールの組み合わせで、三段階に高さを調節できます。
●サイズ:約1.2cm(パイプ直径)×89.5cm(最長) ●収納サイズ:33×5.5cm ●重量:0.245kg ●材質:ポール/アルミ、ランタンハンガー/ステンレス ●カラー:レッド、ブラック ●セット内容:ポール×3、ランタンハンガー×1、クリップ×1、収納袋

ランタンハンガーは、好きな角度に調節できます。

 

 

関連記事

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 ランタン・ライト 』新着ユーザー投稿記事

『 ランタン・ライト 』新着ユーザー投稿写真

『 ランタン・ライト 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。