キャンドルランタン総まとめ! ろうそくだから取り扱いやすく雰囲気も抜群!

2019.06.01

炎が揺らめく「キャンドルランタン」。必要最低限の明るさや燃焼時間ながら、雰囲気は抜群! ガソリンやガスランタンはキャンプ時のメイン灯として、LEDランタンはテント内の室内灯として。ならば、キャンドルランタンは、家族が寝静まったあとに使う手元灯として使いたい。

焚き火の灯りもいいけれど、雰囲気を損なわずにひとつあると便利なキャンドルランタン。燃料のろうそくが比較的手に入りやすいことから、非常用としても重宝されている。ユーコ(UCO)がアウトドア用途のフォールディングキャンドルランタンとしては代表格だが、他メーカーもさまざまな製品を販売している。そんなキャンドルランタンをじっくり見ていこう。

専用の長いキャンドルで長時間使用が可能! 大人気UCOのキャンドルランタン

1973年にアメリカのワシントン州で設立されたIndustrial Revolution社。同社を代表するブランドがユーコ(UCO)だ。中でもキャンドルランタンが有名で、サイズやカラーなどの種類もさまざま。キャンドルを1本使う「キャンドルランタン(Candle Lantern)」はユーコの定番なので、まずはこの製品を知っておこう。

ユーコ / UCO

キャンドルランタン

「キャンドルランタン(Candle Lantern)」ボディ部の材質はアルミで軽量。ホヤはガラスでできており、炎を美しく照らす。使わないときはボディに仕舞えるので、破損することなく持ち運びが可能だ。専用キャンドル1本の燃焼時間は約9時間。一泊二日のキャンプなら十分だろう。
サイズ:16.5×φ5cm(使用時)。10.6×φ5cm(収納時)。重量:180g。カラー:レッド、グリーン、イエロー。

キャンドル部を取り外した状態。交換も簡単だ。

吊り下げることもできる。

キャンドルランタン用 スペアキャンドル

レッド

グリーン


ユーコ / UCO

キャンドルランタン[プラス]

ユーコ「キャンドルランタン」の材質が真鍮になった「キャンドルランタン ブラス」。使い続けることで、経年変化を楽しむことができる。
サイズ:16.5×φ5cm(使用時)。10.6×φ5cm(収納時)。重量:250g

収納時。

虫除け用の「キャンドルランタン シトロネラスペアキャンドル」もある。


ユーコ / UCO

キャンドルランタン[アルミ]

キャンドルランタンシリーズの「キャンドルランタン アルミ」。他製品同様に収縮できて持ち運びが楽。テーブルに置くことはもちろん、吊るして使うこともできる。
サイズ:16.5×φ5cm(使用時)。10.6×φ5cm(収納時)。重量:180g。

収納時。


ユーコ / UCO

キャンドリア

ユーコのキャンドルランタンの中で、最も大きなサイズ。キャンドルを3本使う分、光量もパワフルだ。ファミリーキャンプなど、グループでの使用にオススメ。
サイズ:20×径10cm。重量:600g。カラー:イエロー、レッド、グリーン、アルミ。

吊り下げて使用できる。

少量の水なら、シェラカップに入れて沸かすことも。

レッド

グリーン

アルミ


ユーコ / UCO

キャンドルランタンキット

ユーコ「キャンドルランタン」に、キャンドル1本、ネオプレーンケース、リフレクターが付属したセットもの。リフレクターにより、キャンドルの灯りを正面に受けることができる。ネオプレーンケースはキャンドルランタン自体の保護をするもの。あると便利だ。カラーはブラック、グリーン、レッドの3色。キャンドルランタンのスペックは同じ。

グリーン

レッド

ティーキャンドルを使用したキャンドルランタンも見逃せない

手に入りやすく、値段もお手頃。小さなティーキャンドルを使用したキャンドルランタンも人気が高い。UCOの「ミニランタン」ほか、アウトドアメーカー各社の製品や、ろうそく製造販売会社のものまで幅広くラインナップ。サブとして持っておくと、何かと重宝する。

ユーコ / UCO

ミニランタン

比較的手に入りやすいティーキャンドルを使用する「ミニランタン」。キャンドルひとつで、約3時間ほど照らすことができる。伸縮してホヤを収納することはできないので、持ち運びには気をつけたい。
10×径5.5cm。重量:100g。

カメヤマのお得な「kameyamaティーライトティン 50p」。


ロゴス / LOGOS

キャンドルランタン

ティーキャンドルを使用するロゴス(LOGOS)の「キャンドルランタン」。重さはわずか80gほど。サイズも約5.5cm×9.5cmと、とてもコンパクトなのがうれしい。ガラスのホヤ越しに、キャンドルの火を眺めよう。虫対策用のロゴス「アロマタブキャンドル」も使える。

使用シーン。

アロマタブキャンドル


ロゴス / LOGOS

ブロンズキャンドルランプ

レトロな佇まいを持つロゴス(LOGOS)「ブロンズキャンドルランプ」。手に入りやすいティーキャンドルを使用し、燃焼時間の目安はおよそ4時間ほど。
サイズ:約10cm×10cm×18cm。重量:約155g

使用イメージ。


キャプテンスタッグ / CAPTAIN STAG

プロンズキャンドルランタン

M-8352

ブロンズ仕上げの雰囲気あるキャプテンスタッグ(Captain Stag)「プロンズキャンドルランタン」。外径103mm×高さ175mmほど。重さはキャンドルを含んだ状態で150g。

パーツをばらしてメンテナンスすることができる。


ストーンブリッジ / The stonebridge

ストーンブリッジフォールティングキャンドルランタン

The stonebridge folding candle lantern

20世紀初頭のニューヨークで生まれた、歴史ある真鍮製キャンドルランタン。ほやは天然の雲母(うんも)で、できている。使用時は幅12.0cm×奥行き11.5cm×高さ21.8cmほど。(ハンドル含む高さは約31cm)。収納時は幅13.5×奥行き17.3×厚さ2.1cmほどと、コンパクトに収まる。重さは約508gだ。ただし、個体差あり。

折りたたんだ状態。新書ぐらいのサイズだ。


ペトロマックス / PETROMAX

シルエットキャンドルグラス

ガラスでできたペトロマックス(Petromax)の「シルエットキャンドルグラス」。本体のガラスが二重構造になっており、外側のガラスはマット加工。キャンドルの火が優しくゆらぐ。
サイズ:最大径80mm×高さ72mm。重量:130g


カメヤマキャンドルハウス

トゥルムランタン

創業1927年の老舗ローソク店、カメヤマ。神仏用からウェディング、インテリアまで、幅広く取り扱っている。そのカメヤマが手がけるアンティーク調ランタンは、キャンプなどのアウトドアシーンでも人気。材質はアイアン(本体)とガラス(ほや)。アンティークゴールドとコパーグレーの2色展開で、それぞれS・Mサイズから選べる。
Sサイズ:φ152mm×H352mmど(ハンドル含む)。Mサイズ:φ205×H460mm(ハンドル含む)

コパーグレーSサイズ

アンティークゴールドMサイズ

コパーグレーMサイズ

アウトドアガス缶を使ったキャンドル風ランタンも大人気

キャンドルを使わない、キャンドル“風”ランタン。アウトドアガス缶を使うこのタイプは、連続使用も30時間超えと、とても長い(250g缶使用時)。炎の揺らぎはまさにキャンドルそのもの。雰囲気があると、大人気だ。

コールマン / Coleman

ルミエールランタン

アウトドアガス缶に直接付けるキャンドル風ガスランタン。マントル不要で扱いが容易。キャンドルよりも燃焼時間が長いなど、メリットはたくさん。見た目に美しく、実用性も満点。登場以来、コールマンの大人気商品となっている。
サイズ:サイズ:約直径7.3×6×18.3cm。重量:約210g。

使用イメージ。

ガラス製のほや。

純正LPガス燃料 Tタイプ 230g


スノーピーク / snow peak

ノクターン

スノーピークのキャンドル風ガスランタン。ガスの消費量は1時間にわずか7グラムと、高効率なのが特徴的。同社の「ギガパワーガス250プロイソ」で、約35時間ほど使用できる。
サイズ:42×40×105mm。重量:約102g

着火も簡単。

使用イメージ。

ギガパワーガス250プロイソ


キャプテンスタッグ / CAPTAIN STAG

キャンドル ガスランタン

キャプテンスタッグが手がけるキャンドル風ガスランタン。雰囲気あるアルミニウム合金・真鍮ボディーに耐熱ガラスのホヤ。炎の揺らぎでリラックス効果も。
サイズ:約外径46×156mm。重量:約155g

使用イメージ。

ガラス製のほや。

キャプテンスタッグCS-250

 

関連記事

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 ランタン・ライト 』新着ユーザー投稿記事

『 ランタン・ライト 』新着ユーザー投稿写真

『 ランタン・ライト 』新着編集部記事

おすすめ記事