日本生まれドイツ育ちのデッドストックナイフ

2019.05.09

この美しいたたずまい。刃長9cm、刃厚0.3cm。ステンレス鋼のスタンダードなフォールディングナイフである。特徴としては、ヒルト(つば)に指を保護するキリオンが付いていること、ハンドルの背にロックスイッチが付いていること(ここを押してロックを解除しないかぎりブレードは閉じない)、ハンドルにソングホール(紐を通す穴)が付いていること、などが挙げられる。

見た目や機能のよりも、このナイフは由来がおもしろい。日本が誇る刃物の産地、岐阜県関市で製造されて、ドイツが誇る刃物の産地、ゾーリンゲンのメーカー「ハーバーツ」から販売された。それが日本の専門店で大切に保管されていた。いわば逆輸入品のデッドストックである。あなたのコレクションに1本加えてみてはいかがだろうか。

ナイロン製のケースもセット。

 

9,500円

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 ナイフ・刃物・マルチツール 』新着ユーザー投稿記事

『 ナイフ・刃物・マルチツール 』新着ユーザー投稿写真

『 ナイフ・刃物・マルチツール 』新着編集部記事

おすすめ記事