“割る”と”削る”ができる新世代の斧。薄くてフラットだから持ち運びも楽! | BE-PAL

“割る”と”削る”ができる新世代の斧。薄くてフラットだから持ち運びも楽!

2021.07.25

新潟の刃物ブランド「越乃火匠 久八」の新作「手鉞共柄(てまさかりともつか) 黒」は、ごらんのとおりユニークな形をしている。一種の手斧なのだが、刃の一部がカタカナの「ク」の字状にくびれている。このくびれ部分を握ると、削る作業ができる。つまり、この斧一本あれば、ナイフに持ち替えなくても、薪や枝を薄く削って焚き付けを作ることができるのだ。もうひとつの特徴は「共柄」。一般的な斧は、刃が柄にクサビで固定されているため、バトニングで薪割りをするとクサビがゆるむおそれがある。一方、この斧は柄の部分も刃と同じ素材(鋼)でできているため、バトニングでの薪割りができる。斧を振りおろすことに慣れていない人にとっては、とても使いやすいはずだ。また、「共柄」であることによって柄を平たい形にすることが可能となり、全体的に薄くフラットな形状になっている。保管に場所をとらず、持ち運びもしやすい。現代のキャンパーのニーズを的確にとらえた新世代の斧である。

牛革製のケースが付属する。刃と柄はマットなブラックに塗装されている。

ケースはベルトループで、ベルトに装着できる。柄には握りやすいようにパラシュートコードが巻かれている。衝撃もやわらげてくれる。

バトニングでの薪割り。製造は新潟県三条市の鍛冶職人が手がけていて、切れ味は心配ない。

くびれをにぎって削る作業。

20,900円

※この商品は[通販サイト]「大人の逸品」から購入できます。

※人気商品のため、お届けにお時間をいただく場合があります。予めご了承ください

手鉞共柄(てまさかりともつか) 黒

https://www.pal-shop.jp/item/A55108004.html

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 刃物・マルチツール 』新着ユーザー投稿記事

『 刃物・マルチツール 』新着ユーザー投稿写真

『 刃物・マルチツール 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。