新潟・三条製! 太い薪をバトニングで割るための“フルタング斧” | BE-PAL

新潟・三条製! 太い薪をバトニングで割るための“フルタング斧”

2021.06.25

斧というと、ふつうは刃と柄がくさびで固定されているので、バトニングをすると固定がゆるんでしまう。この「多喜火斧」は、ナイフでいうところのフルタング構造なので(刃の根元をウォルナットのハンドル材で挟んでいる)、バトニングでの薪割りが可能となっている。バトニングに慣れたアウトドアユーザー向けの斧である。刃の厚さは9mmあり、ずしりと重く、軽い力で刃が薪にくいこんでいく。先行して発売された「多喜火鉈」が細い薪を割るためのものだとしたら、この「多喜火斧」は太くて節のあるようなちょっと手ごわい薪を割るためのものだ。製造しているのは新潟県三条市の「BABACHO」。明治23年創業の金物問屋「馬場長金物」が手がける刃ブランドだ。三条製の刃物の切れ味を堪能あれ。

黒い牛革製ケースには焚き火マークの刻印入り。

刃の表面には錆止め用の塗装がしてある。

13,200円

※この商品は[通販サイト]「大人の逸品」から購入できます。

多喜火鉈

https://www.pal-shop.jp/item/A55107008.html

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 刃物・マルチツール 』新着ユーザー投稿記事

『 刃物・マルチツール 』新着ユーザー投稿写真

『 刃物・マルチツール 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。