野で書を、筆で手紙を! ニッポンの素晴らしい「したためる文化」を継承しよう!

2019.06.22

日本唯一の製硯師(せいけんし)である青桺貴史さんと共同で開発

2002年11月、モンベルが米国ボールダーに直営店をオープンしたとき、「mont-bell」という欧文を筆書きしたネオンサインが置かれていた。ロゴ書体ではなく、あえて毛筆でしたためたブランド名のネオンは、日本発であることを強く印象づけるものとなった。聞くとそれは、モンベルの辰野勇社長(当時)自らの書であるとのことだった。

そして今年、「野筆」が発売されてピンときた。「これは、辰野さんの発案では?」と。

広報担当者に聞くと、案の定、「はい、たしかに(現)会長の鶴の一声って感じでした」

発端は、辰野会長と、日本唯一の製硯師(せいけんし)である青桺貴史さんとの出逢いだった。初対面ですっかり意気投合。予てから書を嗜んでいた辰野会長は青桺さんと共同で、野筆を開発することに。旅先から毛筆の手紙や絵を送る…なんて、すっごく風流だし、優美で、内容にかかわらずロマンチックだと思いませんか!?

硯板は、宮城県石巻市雄勝町産の「玄昌石」、墨は奈良産、ウサギの毛を使った筆、魚型水差しなど、青栁さんと共同開発しただけに、こだわり満点のセット内容。モンキーフィストノット(猿のこぶし結び)という球状の結びを採用したジッパーの引き手がしゃれている。

緩衝材入りケースの「野筆」という文字は辰野会長によるもの。

「野筆」製品化の発起人であるモンベル辰野勇会長に、野筆で一筆したためていただきました。

製硯師 青栁貴史さん

1939年創業の、東京・浅草にある書道用具専門店「宝研堂」四代目。硯用のいろいろな石を知るため、自ら山へ行くことも多い。


モンベル/野筆セット:¥8,500
問い合わせ先:モンベル・カスタマー・サービス 06(6536)5740、0088-22-0031

収納サイズ=幅8.5×厚さ2.2×長さ22cm ●重量=228g ●カラー=タイム、ダークネイビー ●セット内容=硯板、墨、筆、水差し、O.D.ポケットティッシュ、ケース(墨、筆、水差しはゴムバンド、硯は伸縮コードで固定されている。仕切り板に隠れた側のポケットにはティッシュが入っている)

※構成/坂本りえ 撮影/永易量行、安田健示

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 アウトドア雑貨・小物 』新着ユーザー投稿記事

『 アウトドア雑貨・小物 』新着ユーザー投稿写真

『 アウトドア雑貨・小物 』新着編集部記事

おすすめ記事