防塵・防水でコンパクト!注目必至GIMMICK(ギミック)のソーラーパネル

2020.10.07

私が書きました!
アウトドアライター
また たびこ
旅・キャンプ・温泉・猫が大好きなアウトドアライター。群馬県在住。フリースクール運営のかたわらライター活動中。夫婦でキャンプ&車中泊の日本一周をしたり直感で旅する世界一周をしたり、根っからの旅好きです。今年、家庭菜園を始めました!

GIMMICKとは?!

今年、アウトドアブランドとしてお目見え!

GIMMICKとは、アウトドア用品専門のブランドです。イヤホンなどの販売・製造を行うAXESから、2020年6月に登場しました!

公式インスタグラムによると、「こういう道具があればいいな」「こんな機能が付いていたらもっと面白くなるはず」を叶えるため、今までなかった発想とワクワクするような仕掛け(ギミック)を目指すそう。

現在、ポータブル電源・ソーラーパネル・コット・チェア・ミニファンなどを展開中。そのGIMMICKのラインナップの中から、今回ご紹介するのは、注目必至のソーラーパネル。ソーラーパネルと言えば、ごっついものか安価で頼りないものが多く、これまで手を出せずにいたのですが、GIMMICKのソーラーパネルは「何かが違う」と感じ、即買い!特徴や使用した感想をお届けします。

こんなソーラーパネルを待っていた!

購入時のパッケージ

特徴1:丈夫で長持ち素材を使用

劣化しにくい素材を使用したパネル表面

開封して最初の感想は「つくりがしっかりしている」でした。パッケージ表面には、「『劣化防止』に優れたETFE特殊素材+フッ素樹脂コーティング」との記載があります。塗膜が厚いため、紫外線などによるひび割れの劣化が少ない素材のようです。

また、防塵・防水性の分類表示はIP54!これは、機器の正常な作動に支障をきたしたり粉塵が内部に侵入したりすることを防止する防塵等級と、いかなる方向からも水の飛沫による影響を受けない防水等級であることを示しています。防塵・防水・耐久性どれをとっても抜群のソーラーパネル。アウトドアシーンでの利用にもってこいですね!

特徴2:コンパクトで薄い!軽量!持ち運べる!

開封してみると…薄型バッグのようです

持ち手のつくりもしっかりしています

ソーラーパネルって重いんじゃないかなと思っていましたが、GIMMICKのソーラーパネルの重さは、なんと2.65kg。軽量ですので、女性でも軽々と持ち運べます。

コンパクトに折りたたんだサイズは、縦36センチ×横36.5センチ。厚さはなんと2.5センチ(ポケット部分は4.5センチ)!この薄さは、道具をかさばらないように収納したいアウトドアマンには、かなり助かります。GIMMICKソーラーパネルは、ポリエステルのカバー生地を使用しているので、一見すると、普通のトートバックのようです

特徴3:曇りの日でもしっかり活躍!

公式発表では、曇りの日でも朝夕でも約80%の電力供給ができる優れもののよう。曇天の日に使用してみましたが、しっかり発電し、問題なく使用できました。充電もしっかりできていました!

ソーラーパネル自体には蓄電システムはありません。ソーラーパネルから太陽の光を電気に変換し、モバイルバッテリーやポータブル電源に蓄電すると、昼も夜も困らなさそうです。

特徴4:PCやスマホに直接充電できる

工具用変換アダプターが3種類付属しています

USBポートが3つ。左端のランプが点灯したら充電開始!

パネルの背面にはポケット収納があり、ポケットの中に3個のUSBポートがついています。そのうち1つ(真ん中のポート)は、QC3.0対応で急速充電ができるとのこと!公式発表によると、iPhone11Proの場合、約40分でフル充電できるそうです。

スマホやタブレット、PCなどの充電をアウトドアでさっとできるのは魅力的です。キャンプシーンで大活躍しそう!

使い方はいたってシンプル

組み立て方

留め具は上部を押して上に引き上げて外す

パネルを広げた状態。折りたたんだ状態では発電できないので、すべて広げて設置しましょう

収納式スタンドは簡単なつくり。角度は変えられない

組み立てはとても簡単ですよ!

①留め具を外す
②三つ折りのパネルを広げる
③自立スタンド部分を引き出し、立てる

たったこれだけ!簡単な仕組みの収納式スタンドが付いているため、安定して自立します。パネル部分は防水機能があるため、もし、雨が降り出しても、あわてずに片付けることができます。持ち運べるし、設置は簡単だし、どこにでも連れていけるアイテムですね。

実際に充電してみた

実際の使用時は、太陽からの直射を避けてデバイスを置きましょう

使用デバイス:iPad(第7世代)
充電スタート時バッテリー残量:70%
出力ポート :USB出力から充電
天候    :曇ったり晴れたりの天気

上記にて充電してみたところ、フル充電状態になったのは、充電スタートから約100分後でした。充電の際には、太陽光がデバイスに直接当たらないように、パネルの裏に置いたり何かの陰を利用するといいですね。

また、DC出力もできるので、大容量のポータブルバッテリーにも充電可能です!

使用時に気をつけること

パネル部分は防水機能がありますが、USBポート部分は水濡れに注意が必要です。また、晴天の日にソーラーパネルを広げるとパネル部分が熱を持ちます。お子さんがいらっしゃるご家庭では、お子さんたちが直接触ったりしないように気をつけたほうがいいでしょう。

実際に使用したとき、QC3.0対応のポートは赤い色のついたポートだと思っていたら、説明書を読むと真ん中のポートでした!説明書を読まないと勘違いして使用してしまう可能性もあるので要注意です。

アウトドアにも防災用にも

お手軽にソーラーパネルが手に入れられる時代に。防災アイテムとして、一家に1台あると安心です

これまでアウトドアで電気事情で困っていた人や大きなバッテリーを持ち運びしていた人にとっては、この薄型ソーラーパネルは、軽くて丈夫で持ち運べるので、とっても嬉しいかも!

そして、災害が起こった場合、電力がストップして困ることは容易に想像できますよね。そんな時に、このソーラーパネルが1つあると安心。必要な情報源であるスマホなどの充電は太陽さえあれば、いえ、曇りの日でもしっかり電力供給オッケー!備えあれば憂いなし!

 GIMMICKソーラーパネル

太陽電池:単結晶
パネル材質:ETFE熱可塑性樹脂
カバー生地:ポリエステル
USB出力:3ポート(うち1ポートはQC3.0対応)
最大出力:60W
サイズ :縦365mm・横1280mm(パネルを広げた状態)
重 さ :2.65kg
メーカー希望価格:22,000円(税込)

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 アウトドア雑貨・小物 』新着ユーザー投稿記事

『 アウトドア雑貨・小物 』新着ユーザー投稿写真

『 アウトドア雑貨・小物 』新着編集部記事

おすすめ記事