水遊びはもちろん、梅雨にも最適!ナイトアイズの絶対濡れない財布

2020.06.19

海や川などのウォーターレジャーや夏フェスなどで、よくあるのが「財布がずぶ濡れ…」「スマホが水没…」といった、水にまつわるトラブル。どんなに気をつけていても、おもいっきり楽しんでいるときほど、ふとした瞬間アクシデントに見舞われるものです。

だからこそ、大切な物の防水対策はとても大事。遊ぶ前から“濡れてもいいような状態”にしておけば、何も気にせず思う存分楽しめます。

実際にスマホなどの防水ポーチは、大手通販サイトでも簡単に見つかります。ですが、それらの多くが「本当に大丈夫かな」と心配になるつくり…。もし、買った製品が安かろう悪かろうだと、取り返しのつかないことになることも。

ナイトアイズが開発、特許を取得した強力な止水ファスナー「TRU ZIP」

アメリカコロラド州ボールダーに拠点を構える「ナイトアイズ(NITE IZE)」。カラビナ型のキーチェーンや各種小型ライト、変形自在な結束バンドのギアータイなど、アウトドアシーンであると便利なギア&アクセサリーを製造販売しているメーカーです。

そんなナイトアイズの防水ギアが「ランオフ(Run Off)」シリーズ。同社が開発、特許を取得した止水ファスナー「TRU ZIP」を搭載したウォレット、ポーチ、トラベルバッグは、埃や水の侵入に対する保護等級がIP67。完全な防塵構造かつ、水面下1mの状況下で30分間水が浸入しないことを示します。

TRU ZIPは一般的な形状のファスナーと異なり、凹凸のレールのような仕組みを持ちます。スライダーを引くと凹凸がぴったり組み合わさり、内部に水が入ることはありません。そのロック機構は強靭そのもの。開け締めにグッと力を入れる必要があるほどです。

また、ランオフシリーズの製品は各パーツを圧着してできています。針と糸を使っていないので、そもそも水が入るような縫い穴がありません。非常に高い技術で防水機能を実現していることが分かります。

ランオフシリーズには大きさやカタチのバリエーションがありますが、なかでもおすすめしたいのが「ランオフ ウォータープルーフウォレット(RunOff WATERPROOF WALLET)」と「ランオフ ウォータープルーフポケット(RunOff WATERPROOF POCKET)」です。ウォレットモデルには、紙幣やコイン、カード類が収まります。ポケットモデルはスマートフォンや家の鍵、クルマのキーなどを収納できる大きさです。

外遊びにちょうどいいウォータープルーフウォレットとウォータープルーフポケット

紙幣とコインが入っているのがウォータープルーフウォレット。スマートフォンが入っているのがウォータープルーフポケット。スマホのサイズは縦約152.9×横約72.7×厚さ約7.4cm(参考)

どちらにも等高線のような模様が描かれた半透明の窓が付いています。中身をパッと確認できるほか、窓越しにスマートフォンを操作することが可能。水辺で遊んでいるときにスマホを操作できるのはとても便利です。

また、背面にはベルトループが付いているほか、両サイドにカラビナなどを掛けられるフッキングホールがあるので、落としてなくさないようにひっかけておくことが可能です。

使わないときはくるくるとまるめて収納できます。バッグのなかでも場所を取らずに持ち運ぶことが可能です。軽いので山登りなどでも便利。必要最低限なお金だけを入れて、山小屋でごはんや宿泊・休憩費をお支払いするのに向いています。雨が降っても問題ありません。汗をかいてもポケットのなかで濡れることはありません。

アウトドアシーンはもとより、日々の生活でも重宝するランオフシリーズ。大切な物を“絶対に”濡らさないため、ひとつ用意しておくことをおすすめします。

SPEC:

ランオフ ウォータープルーフウォレット
本体サイズ:H94×W145mm
重量:17g
http://cmoon.shop-pro.jp/?pid=142969690

ランオフ ウォータープルーフポケット
本体サイズ:H133×W182mm
重量:23g
http://cmoon.shop-pro.jp/?pid=142989142

国内取り扱い:株式会社シームーン
http://cmoon.biz/

※構成、文、写真/早坂英之

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 アウトドア雑貨・小物 』新着ユーザー投稿記事

『 アウトドア雑貨・小物 』新着ユーザー投稿写真

『 アウトドア雑貨・小物 』新着編集部記事

おすすめ記事