KEEN初の日本独自企画はコスパの高いトレッキングブーツ

2020.03.17

左:「カンティーン」、右:「ブラック」。

KEENにとって初めての日本独自企画のトレッキングブーツが登場した。KEENらしい洗練されたデザインとスニーカーみたいな軽い履き心地はいつもどおりで、日本人向けにワイズ(足幅)が広めに設計されているのがうれしい。エントリーモデルとして、価格は1万5000円台とおさえめになっている。とはいえ、KEEN独自の防水透湿素材の「KEEN.DRY」を採用しているほか、アッパーはPUコーティングで防水性を高め、ライニングはメッシュにして通気性と速乾性を高めるなど、日本でトレッキングを楽しむための最低限の性能は備えている。履いたときの重さや圧迫感が少なくて、トレッキングブーツに慣れていない人でも履きやすい。まさに入門用のブーツといえる。

落ち着いたカラーリングなので、足慣らしとして町で履いたときも違和感はない。

各15,400円

※この商品は[通販サイト]「大人の逸品」から購入できます。

スティーンズ ミッド ウォータープルーフ シンセティック

https://www.pal-shop.jp/item/A55004011.html

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 フットウェア 』新着ユーザー投稿記事

『 フットウェア 』新着ユーザー投稿写真

『 フットウェア 』新着編集部記事

おすすめ記事