ソロキャンプに登山に!SOTOアミカス・クッカーコンボがコスパ最高な理由

2020.05.16

私が書きました!
ノマドトラベラー
みずき じゅり
2014年から約5年かけて103ヶ国旅した旅女子!現在もフルリモートで旅行業界およびメディアで働かせていただきながら旅を継続しています。趣味はスキー・キャンプ・山登りなどのアウトドアをはじめスポーツ観戦、美術鑑賞など幅広いですが基本的には国内外問わず自然が豊かなところへ足を運ぶことが多いです。「アウトドア」をより多くの方々に楽しんでいただける様ジャンルに偏らない様々な情報を配信しています

泊まりがけの登山やキャンプを楽しむために欠かせない、クッキングアイテム。

その種類は非常に多く、実際にどんなモノを使えば良いのか分からず困っているという方は意外と多いのではないでしょうか。特に最近はソロキャンプの人気が高まると共に、コンパクトで機能的なアイテムに対する需要も増加しています。

今回は、ハイスペックなアウトドア用品を多数販売するブランドとしてお馴染みであるSOTO(ソト)の「アミカス・クッカーコンボ」を紹介したいと思います。

幅広いアウトドアシーンに活躍するクッキングアイテムがおトクに手に入るセットなので、ソロキャンプ初心者の方やクッカーの買い換えを検討中の方などを中心にとてもオススメです。

SOTO アミカス・クッカーコンボとは

アミカス・クッカーコンボは、新富士バーナー株式会社が手掛けるアウトドアブランドであるSOTO(ソト)の人気ストーブと、異なるサイズのクッカー2つがひとつの箱にまとまったセット商品です。これらのアイテムを個別に購入する場合に比べ1,000円おトクに一式揃えることが可能です。

気になるセット内容は、アウトドア初心者でも安心して使用していただけるコンパクトで使い勝手の良いストーブ「アミカス」、および大小2種類のアルミクッカーで、軽量かつ持ち運びが非常に楽なのが魅力です。

◾️アミカス SOD-320

高さ8.6cm×幅7.6cm、奥行10cmと女性の手の平に収まる程度の大きさにも関わらず、耐風性および耐衝撃性に優れ、4本のゴトクが折り畳み可能なコンパクトストーブで、専用の保存袋が付属しています。

その重さは、たったの81gで、赤いスイッチを押すことによりワンタッチで点火操作が行えます。

◼︎アルミクッカー大(1,000ml)

直径13cm×深さ10cmで、重さ126gのアルミニウム素材です。

◼︎アルミクッカー小(500ml)

直径12cm×深さ6cmで、重さ77gです。素材は大きいサイズのクッカーと同様でこれら2つを収納することが出来るメッシュ素材の袋が付属しています。

ソロキャンプや登山に便利なオールインワン構造

アルミクッカー大(1,000ml)は、別売りのガスカートリッジ「パワーガス250トリプルミックスSOD-725T」をピッタリと収納することが出来る大きさに作られています。

そのため、ガスカートリッジやアミカスをはじめ、折り畳みフォークなどのコンパクトな調理器具は全て一つにまとめることが可能なので、持ち運びにとても便利です。

ソロキャンプや登山などのアクティビティーを楽しむ方には、大変魅力的な商品だと思います。

SOTOのアミカス・クッカーコンボがコスパ最強な理由

SOTOが運営している公式サイトによると、「アミカス・クッカーコンボ」に含まれるアイテムを個別で購入する場合の価格は、クッカーセットが2,500円、そしてアミカスSOD-320が4,800円なので、合計7,300円(税抜)となります。

一方これらをセットで購入する場合、その販売価格は6,300円(税抜)で1,000円おトクになります。ガスカートリッジ1つあたりのの価格が580円(税抜)なので、これらをおトクに購入した差額で調理に必要なガスカートリッジが買えてしまいますね。

また、アミカスはSOTOが販売するストーブのなかでも最も安価であるにも関わらず、火力が強くとてもパワフルなので風が強い環境でも安定した火力を保つことが可能です。

一般的なストーブは山頂など風が強い環境で使用すると火が消えてしまうことがしばしばですが、横風に強いすり鉢状のバーナーヘッドを有するアミカスはそんな環境でも高い燃焼性を誇る為、火が消える心配はほとんど不要です。

スープやパスタなど鍋を必要とする調理を中心にとても活躍するセットなので、安定した品質のアイテムを手頃な値段で購入したいという方には、とても満足して使っていただけるでしょう。

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 調理器具・食器 』新着ユーザー投稿記事

『 調理器具・食器 』新着ユーザー投稿写真

『 調理器具・食器 』新着編集部記事

おすすめ記事