3 種ののみを使った 竹のお玉とトング | BE-PAL - Part 5

3 種ののみを使った 竹のお玉とトング

2015.11.21

【お玉とトング共通の仕上げ】

DMA-_DSC4389

全体にサンドペーパーをかけ、滑らかに整える。はじめは粗い目でかけ、次第に細かい目に。3段階ほどかけるといい。

DMA-_DSC4420

仕上げにオイル(くるみ油)を塗り込み、完成。使いはじめは、使うたびにオイルを塗ると、撥水性も高くなり、汚れも防止できる。

【完成】

DMA-_DSC4443

 

【教えてくれた人】

DMA-_DSC4113

 

 

 

 

長野修平さん
枝、流木などの自然素材を用いたクラフトに定評があるが、なかでも竹を扱うのが得意なネイチャークラフト作家。調理器具から食器、弁当箱!? まで竹で制作。料理の腕もプロ級。

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 自作・DIY 』新着ユーザー投稿記事

『 自作・DIY 』新着ユーザー投稿写真

『 自作・DIY 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。