シーズンオフだから作ってみよう雪板。 vol2 ボードの下地作り その2

2018.09.07

前回張り合わせまでおこないましたので、今回はカットして整えていきます。

使うのは
鉄ヤスリ
紙やすり 60番位 100番くらい。
紙やすりの台
マスク
キリ
電動ドリル
電動ジグソー

※電動工具以外は100円ショップで購入

一晩寝かせてで接着した板

1.打ち込んだボルトを全部外します。

2.電動ジグソーで線に沿って切り出します。

ジグソーでカットします。

※コツ 切り出し線の少し外側を切りましょう。

しっかりロッカーが付いていますね!

しっかり接着

切り出すとこんな感じです。

隙間の空いたところには、ボンドを入れてクランプで挟みます。

3.鉄のヤスリで、切り出し線までガンガン荒削をします。ジグソーで切り残しがあるとここで苦労します。

まずは、鉄のヤスリでがっちりエッジ部分を整えて綺麗にします。

4.自分で納得のいく状態になったら、今度は60番位のの紙やすりで削っていきます。表面もヤスリ掛けします。

紙やすりで、周りや滑走面、デッキ部分を綺麗に整えます。

※切り出しがうまくいけば、ヤスリをかける時間も少なくて済みます。

適当な位置に滑り止め設置用の穴を開けます

5.ボードの流れ止めを紐で作るので、キリで穴をあけます。(位置は好みで問題ありません)私はノーズ方向にいつも空けています。

6.100番くらいの紙やすりに変えて、全部の面を仕上げます。

6.今回滑走面のテールは、雪が流れやすいように彫刻刀で溝を切りました。こんな仕上がりです。

パウダー用なので、軽く彫刻刀で溝を彫り、ヤスリを掛けます

完成はだれが決めるのでしょうか?とことん削る人もいれば、僕のように適当にやめるのも1つです。性格が出ますね!
自分が納得したら完成です。

 

今回はこの位にしておきました。時間を掛けて丁寧に出来ればいいですね!

ここまでの作業は、木くずがかなり舞いますので、車庫や屋根のある外で作業することをお勧めします。

ここでの仕上がりは、木なのである程度ごまかせますので失敗しても大丈夫です。

さて、次はいよいよ仕上げです。

つづく

プロフィール

 

 

 

【Profile】斉藤正史 

山形県在住
LONG TRAIL HIKER
NPO法人山形ロングトレイル理事
トレイルカルチャー普及のため国内外のトレイルを歩き、山形にトレイルを作る活動を行う。

ブログ http://longtrailhikermasa.blog.fc2.com/
山形ロングトレイル https://www.facebook.com/yamagatalongtrail

この記事をシェアしよう!
  • ホーム
  • 自作・DIY
  • シーズンオフだから作ってみよう雪板。 vol2 ボードの下地作り その2

関連記事

『 自作・DIY 』新着ユーザー投稿記事

『 自作・DIY 』新着ユーザー投稿写真

『 自作・DIY 』新着編集部記事

おすすめ記事