• ホーム
  • 自作・DIY
  • 【長野修平の青空工房 第18回】キャンプに持ち運べる 包丁の収納ケース【後編】

【長野修平の青空工房 第18回】キャンプに持ち運べる 包丁の収納ケース【後編】

2016.12.10

前回に続いて、後編では包丁の収納ケースの仕上げをしていきます!

革で連結する

DMA-_DSC5402

革を裁断し、6本の帯を作る。指金を当て、大きめのカッターを使うと真っ直ぐ切れる。

DMA-_DSC5354

ケースを4つ並べ、上部と下部に革の帯を2本ずつ設置。八の字を描くように上下に通す。

DMA-_DSC5308

裏表の幅広な面の木と革が接する部分に、すべて膠を塗り、革を貼り付ける。

DMA-_DSC5339

DMA-_DSC5342

補強のため革を銅釘で固定(1つの面に対し4か所)。目打ちでガイド穴をあけ、釘を打つ。

DMA-_DSC5366

裏表が固定できたら、蛇腹を閉じ、幅が狭い面も木と革を貼り、釘で補強する。

ふたをつける

DMA-_DSC5424

DMA-_DSC5472

飛び出し防止の革ぶたをつける。上の写真のように上部を覆える大きさにカットしたら、布の端に膠を塗り、ケースに固定。

DMA-_DSC5502

連結帯同様、補強のため、釘を4か所に打ち付ける。目打ちで穴をあけておくと楽。

DMA-_DSC5526

ふたを固定するために最初に切ったひもの1本を取り付ける。膠を塗ってから釘で補強。

DMA-_DSC5678

反対側にも同様にひもを取り付ける。収納時はこのひもでケースだけを固定する。

DMA-_DSC5688

次に、革ぶたを被せ、ひもで結べば完成。これでケースとして包丁を持ち出せる。

DMA-_DSC5546

DMA-_DSC0887

広げてテーブルの脚などにひもで吊るせば、包丁ラックとして使え、たたんで薪などで固定すれば、包丁立てとしても使える。包丁ラックとして利用する場合、そのままだと安定性が悪いので、重し代わりになる薪や石などにひもで固定してから使うとよい。

教えてくれた人

DMA-_DSC5614

長野修平さん
自然素材にこだわったものづくりをする、ネイチャークラフト作家。食周りの道具を作る際は、安全性を考慮し、接着剤や塗料までも自然由来のものにこだわる。

この記事をシェアしよう!
  • ホーム
  • 自作・DIY
  • 【長野修平の青空工房 第18回】キャンプに持ち運べる 包丁の収納ケース【後編】

関連記事

『 自作・DIY 』新着ユーザー投稿記事

『 自作・DIY 』新着ユーザー投稿写真

『 自作・DIY 』新着編集部記事

おすすめ記事