キャンプの夜は焚き火Barで心ゆくまで飲み明かす

2019.07.31PR

焚き火を囲んで仲間との絆を深める

川に湖に海に! 水際のアクティビティを存分に遊び倒せる季節が到来。吉祥寺のショットバー“SCREW DRIVER”のメンバーも、オーナーの海老沢忍さんを筆頭に、夏の到来とともに店を飛び出し、フェスや海辺で野外Barをオープンするのが、夏の恒例だ。

今回訪れたのは、川の流れるキャンプ場。涼しげなせせらぎを聞きながら、Barの開店準備。「あぁ、ダメだ! ちょっと休憩〜」。ヒザまでパンツの裾をまくり上げ、思わず川の中へ。イスを持ち出し、脚を冷たい水にチャポン。この清涼感が堪らない。

手には気分爽快な炭酸ウォーター。柑橘類やミントを加えただけで、オシャレかつ、本格的なドリンクに。後味もサッパリしていて、夏の火照った体もリフレッシュ!

日が暮れはじめたころ、ランタンに灯りがともり、焚き火台に炎が上がる。そろそろ夜も本番。焚き火Barのオープンの時間だ。夏シーズンの海老沢さんおすすめは、炭酸を使ったカクテル。

「ジンにラム、ウイスキー、テキーラ。ストレートでしっかりした味のお酒は、炭酸と相性抜群。炭酸で割ることで軽快感も出るから、スッキリしたい夏にはピッタリなんですよ」

そんな話をしつつ、白いラムを使った、人気のモヒートを作る。

グラスにラムを入れ、シュワッと炭酸水を注ぐ。海老沢さんの手に見慣れない道具が……。

「いいでしょ、このソーダメーカー。容器に水を入れて、専用のカートリッジでガスを注入すると、その場で炭酸水が作れるんですよ。家で作ってクーラーボックスで冷やしながら持って来られるし、なくなっても手軽にすぐ補充できるからアウトドアやキャンプにぴったり。じつは昼間楽しんでいた炭酸ウォーターも、これを使って作ったんですよ(笑)」

焚き火の周りに集まり、みんなでグラスを掲げ、乾パ〜イ! 夜が耽るとともに軽快なカクテルが茶色いお酒に変わっていく。

「まずは食後にラムを炭酸水で割って口をサッパリさせる。で、つまみをつつきつつ、空気が冷たくなってきたら、パーコレーターにお湯を沸かしてホッとラムを飲む。最後はストレートで。焚き火を囲んで仲間とダラダラ飲むのがいいんだよ!」

海老沢さんに差し出された茶色い酒をチビリ。「ちょっとこれ、キツいかも〜」。「そんなときにこれだよ」と、クーラーボックスからソーダメーカー取り出し、プシュッとひと吹き。「うん、飲みやすい!」

焚き火の爆ぜる音を聞きながら、仲間と飲み明かす。眠くなった人からテントに退散。そんな自由度も魅力です。

炭酸水を楽しむカクテルレシピ3

(写真左から)

シピ1 ブルーベリーとオレンジのカクテル

時間が経つととともにブルーベリーの色が溶け出す、見た目にもゴージャスな一杯。好みのフルーツでアレンジも可能!
<材料>セイラージェリー(ダークラム)…30ml、シュガーシロップ…10ml、ライムジュース…10ml、オレンジ…1/4個、オレンジスライス…2枚、ブルーベリー…10粒、パイナップルの葉(飾り)…2枚、炭酸水…150ml
<作り方>
1ダークラム、シロップ、ライムジュースをグラスに注ぐ。2ブルーベリー、オレンジを入れる(好みで軽く潰す)。3氷を入れて、炭酸水を注ぎかき混ぜる。4オレンジスライスをグラスに貼り付けるように入れる。5パイナップルの葉を飾って完成。

レシピ2 クラシックモヒート

夏を代表するカクテルは、野外フェスで海老沢さんが提供して以来、大人気に。油っぽい料理のあと口をサッパリさせる、気分爽快カクテル。
<材料>
バカルディ カルタブランカ(ホワイトラム)…30ml、シュガーシロップ…10ml、ライムジュース…10ml、スペアミント…8g、ライム…1切れ、炭酸水…120ml
<作り方>
1グラスにスペアミントを入れる。2ホワイトラム、シロップ、ライムジュースを加え、ペストルでスペアミントを軽く潰す。3氷を加え、炭酸水を注ぎかき混ぜる。4カットライムをギュッと搾り入れ、スペアミントを飾る。

 レシピ3 お手軽フローズンカクテル

シャーベットを使った清涼感抜群のカクテル。焚き火で火照った体にはもちろん、真夏のビーチにもピッタリ。デザート感覚でいただきます!
<材料>
セイラージェリー(ダークラム)…30ml、市販のアイスシャーベット(レモン味)…1個、炭酸水…60ml
<作り方>
1シャーベットを丸ごと1個グラスに入れる。2炭酸水を注ぎ、スプーンなどでシャーベットの角を立てる。3ダークラムを上から回しかけて完成。

Profile SCREW DRIVER
東京・吉祥寺と渋谷でオープンしているショットバー。オーナーの海老沢忍さんは、アウトドアバーの草分け的存在で、夏になると店を不在にし、全国のフェス会場やイベントを飛び回る。今回はイベント担当の三浦祐希さんと髙橋彩子さんとともに、焚き火に似合う、炭酸水を使った極上カクテルを紹介してくれた。

どこでも新鮮な炭酸水が作れる“ソーダメーカー

メイスイ/SODA MAKER 

専用のカートリッジで炭酸を注入し、1回で1Lの炭酸水を作ることができる。炭酸が抜けにくいサイフォン式を採用し、最後まで新鮮な炭酸水を楽しめ、冷蔵庫でそのまま保存も可能。ポイントは、冷たい水(氷水レベル)でつくること。炭酸を注入したら軽く縦横に振って1分ほど待ち、写真の短いフタに付け替えてさらに冷やすとエッジの効いた炭酸水に! サイズ=胴径97×幅119×高さ308mm、重量=約950g、ステンレス製。
https://www.meisui.co.jp/sodamaker2017/

あなただけの『しあわせじかん』を教えてください

メイスイ ソーダメーカー
#ハッピーマイ泡  インスタグラム投稿キャンペーン実施中
【毎月3名様ソーダメーカープレゼント!】

動画もcheck!

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 料理・レシピ 』新着ユーザー投稿記事

『 料理・レシピ 』新着ユーザー投稿写真

『 料理・レシピ 』新着編集部記事

おすすめ記事