手軽にできるキャンプ飯!缶詰を使ったパスタのレシピ2選 | BE-PAL

手軽にできるキャンプ飯!缶詰を使ったパスタのレシピ2選

2021.05.18

スーパーやコンビニなど、どこでも購入できる缶詰。長期保存ができ、常温で保管できるので、災害時の食料として便利です。
持ち運びが簡単なので、缶詰はキャンプでもおすすめの食材です。あたためるだけで美味しく召し上がれますし、ひと手間加えるだけで美味しいキャンプ飯になります。
今回はコーンビーフの缶詰とオイルサーディンの缶詰をそれぞれ使用して作る、2種類のパスタのレシピをご紹介したいと思います。

コーンビーフ缶で作るペペロンチーノの作り方

コーンビーフ缶。

使用するのは内容量80gの小型のコーンビーフ缶。ちなみにこのノザキのコーンビーフは、国産コーンビーフとしてはじめて販売された製品です。大型のスーパーならば、よく見かける缶詰なので、手に入れるのが容易です。

<材料>(2人分)

材料

・パスタ(スパゲティ) 180g
・キャベツ 100gほど
・塩 適量 
・コーンビーフ缶 1缶
・にんにく 1片
・赤唐辛子 おこのみで
・オリーブ油 大さじ1.5杯
・コショウ 適量

<作り方>

一口大にカットする。

キャベツを一口大にカットします。

薄くスライスします。

にんにくを薄くスライスします。

種は取り除きます。

唐辛子を細かくし、種は取り除いておきます。

パスタを茹でる。

たっぷりの水に塩を加えてください。塩の量は水1リットルに対して、小さじ1杯程度です。沸騰したらパスタを入れ、弱火にして吹きこぼれないようにします。パスタを表示の時間より1分短く茹でましょう。

弱火にかけます。

パスタを茹でている間にフライパンにオリーブ油をしき、火にかけます。オリーブ油があたたまったら、弱火にしてスライスしたにんにくを入れてください。

コーンビーフはフライパンの上で崩しましょう。

にんにくから香りがたったらキャベツ、コーンビーフ、赤唐辛子、スパゲティのゆで汁100mlを加え、中火にして炒めます。缶から出したばかりのコーンビーフはブロック状になっているので、フライパンの上で崩してから炒めてくださいね。

すこし固い状態でお湯から上げます。

パスタは表示より1分ほど前にお湯から上げましょう。

具とパスタを絡めます。

茹で上がったパスタと具を絡め、最後に塩コショウで味を調えます。

出来上がり。

出来上がりです。コーンビーフのしっとりした食感に、キャベツのシャキシャキした食感が際立ち、にんにくの香りが食欲をそそります。

オイルサーディン缶を使ったさっぱりパスタ

オイルサーディン缶

オイルサーディン缶は味のついていないプレーンなものを選びましょう。

<材料>(2人分)

材料

・パスタ(スパゲティ) 180g
・キャベツ 100gほど
・塩 適量
・オイルサーディン缶 1缶
・にんにく 1片
・塩レモン 小さじ1杯
・コショウ 適量

味の決め手は塩レモン。イワシの脂っぽさをレモンが中和し、さっぱりとした仕上がりになります。

<作り方>

コーンビーフのパスタと手順はほとんど変わりません。ただ、先ほどはオリーブオイルを使用したのに対し、今回はオイルサーディン缶のオイルを使用します。

キャベツを一口大に切り、にんにくは薄くスライスします。

オイルサーディン缶のオイルを使用します。

オイルサーディン缶のオイル、大さじ2杯ほどを弱火で熱し、スライスしたにんにくを入れます。

キャベツとオイルサーディン缶を入れる。

にんにくから香りが立ったら、キャベツとオイルサーディン缶の中身を加えて中火で炒めます。

パスタを茹でる。

パスタはたっぷりのお湯に塩を加えて茹でます。塩の量は水1リットルに対して小さじ1杯入れましょう。表示時間の1分前にお湯から上げてください。

ひと煮立ちするまで火にかけます。

キャベツがしんなりしてきたら、パスタのゆで汁80mlと塩レモンを小さじ1杯加えて、ひと煮立ちさせます。

具材とパスタをあえて、塩コショウで味を調えれば出来上がりです。

さいごに

缶詰を使った簡単なパスタのレシピをご紹介しました。どちらのパスタもソースをつくるのに煮込む必要がなく、時間がかかりません。キャンプでさっと一品作りたい時におすすめですよ。ぜひお試しくださいね。

私が書きました!
アウトドアライター
のまどう
行く先のあてもないバックパッキング、ソロキャンプ、登山が大好物です。とはいえフラフラは出来ず、最近は子供とのキャンプと自宅に並べたギアを眺めての想像の旅に夢中です。千葉の最南端在住。田舎暮らし満喫中。
この記事をシェアしよう!

関連記事

『 料理・レシピ 』新着ユーザー投稿記事

『 料理・レシピ 』新着ユーザー投稿写真

『 料理・レシピ 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。