達人直伝!パクチーとスパイスの効いた、焚き火料理3つ

2020.12.14

アウトドアでの調理は、ひと手間かけるだけでおいしさもグーンと変わるもの。達人においしい焚き火料理レシピを伺った。極意も併せて紹介しているので、ぜひ挑戦してみよう。

cafe&bar BASE CAMP代表 A-sukeさん

東京・水道橋のアウトドアカフェ・バー『BASE CAMP』オーナー&料理人。渓流釣りから山菜&キノコ狩りまで、ソトアソビの達人。

ハワイアンな料理を東南アジア風にアレンジ!

エスニックガーリックシュリンプ

〈材料〉(4~5人分)
エビ・・・10尾前後
パクチー・・・1束
ニンニク・・・1かけ
オリーブオイル・・・大さじ1
レモン汁・・・大さじ1
塩・コショウ・・・適量

〈作り方〉
(1)エビの殻を剥いて背中に包丁を入れて背ワタを取る。ボウルに入れ、塩・コショウ、オリーブオイル、レモン汁を入れて合わせておく。
(2)スライスしたニンニクとオリーブオイルをスキレットに入れて加熱。香りが出たら(1)とパクチーの茎を刻んだものを入れて軽く炒める。
(3)蓋をして完全に火が通ったらパクチーの葉を刻んで載せれば完成。

極意 背ワタを取る

背に包丁を入れ、背ワタを取り除いて、水分を拭き取る。エビがプリンと開いて見た目も◎。

カリカリ食感で食べるのが楽しくなる!

クミン香るスペアリブ

〈材料〉(4~6人分)
スペアリブ・・・4~6本(好きなだけ)
クミン・・・小さじ1
花椒・・・小さじ1/2
フライドガーリック(パウダーでもOK)・・・小さじ1/2
フライドオニオン・・・小さじ1
オリーブオイル・・・適量
塩・コショウ・・・適量

〈作り方〉
(1)クミン、花椒、塩・コショウをシェラカップなどで全部合わせる。フライドガーリック、オニオンは細かく砕く。スペアリブにオリーブオイルを軽くまとわせてからスパイス類をまぶす。
(2)遠火でゆっくり焼く。

極意 スパイスをもみ込む

最初にオリーブオイルを肉に軽くまとわせると、スパイスがまんべんなくいきわたる。

焚き火でコトコト煮込んだ手羽中スープをアレンジ

手羽中フォー

〈材料〉(4~5人分)
手羽中・・・10~15本
モヤシ・・・1袋
ミニトマト・・・10個くらい
パクチー・・・1束
アーリーレッド・・・1/2個
フォー・・・200g
ライム・・・1/2個
水・・・800ml程度
ナンプラー・・・大さじ2
塩・コショウ・・・適量

〈作り方〉
(1)フォーは茹でる前に別に水に浸しておく。ダッチオーブンに水を張って少し塩を加え、手羽中を入れて火にかける。
(2)灰汁を取りながら30分ほど茹でると手羽中がトロトロになり出汁が出る。ナンプラーと塩・コショウで味をつける。量は味をみて調整を。
(3)モヤシとミニトマトを投入して火が通ったら、フォーを入れて1分も茹でればOK。取り皿にとり、刻んだパクチーと薄くスライスしたアーリーレッドを載せ、ライムを添えれば完成。

極意 手羽中は水から煮込む

水から煮ることで、骨の髄から旨味を引き出すことができる。

フォーは水で戻す

フォーは30分ほど水に浸して戻しておくと、調理がスムーズ。

※構成/松村由美子 撮影/小倉雄一郎(A-sukeさん)

(BE-PAL  2020年11月号より)

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 料理・レシピ 』新着ユーザー投稿記事

『 料理・レシピ 』新着ユーザー投稿写真

『 料理・レシピ 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。