2017.09.05

【アウトドア試乗テスト】自動運転技術で賢くなった日産「エクストレイル 20X」

  • ツイートする
  • シェアする
  • pocket

簡単セットで安心のドライブを実現!

ライター・櫻井と編集・沢木による新車試乗レポート。今回は、日産「エクストレイル 20X ハイブリッド編です。

沢木 夏は海・山・川といろんなフィールドで遊べるけど、そのぶん高速道路の渋滞が激しすぎるのが……。
櫻井 前の晩から出かけて、目的地で夜が明けるまで車中泊という手もあるけど、帰りはやっぱり渋滞必至だし、遊び疲れてるから眠いしね。
沢木 無理せずに、こまめな休憩を心がけなきゃですね。
櫻井 それが一番大事だけど、ドライバーを支えてくれる機能が付いたクルマなら、気分的にもすごく助かる。
沢木 だから、新型エクストレイルに自動運転技術「プロパイロット」が装備されたのは、アウトドア好きにとって大ニュース!
櫻井 高速道路の同一車線上という条件付きとはいえ、アクセルやブレーキ、ハンドル操作を自動制御してくれる機能が付いた国産SUVはエクストレイルが初!
沢木 「プロパイロット」は、ハンドルの起動スッチを押して、もうひとつのセットスイッチでスピードを設定するだけ。あまりに操作が簡単なので、最初はおっかなびっくりだったけど、慣れるともうこれなくしては走れませんよ~。

「プロパイロット」はハンドルのスイッチで簡単に設定できる。設定スピードは約30~100km/h。

メーター中央の画面にシステムの状態がわかりやすく表示される。

  • ツイートする
  • シェアする
  • pocket