手ぶらで行ける! 親子キャンプにおすすめのキャンプ場 | BE-PAL - Part 6

手ぶらで行ける! 親子キャンプにおすすめのキャンプ場

2015.07.17

■キャンプ場選びのポイント
子どもが小さいうちは、アウトドアを楽しむとはいえ、あまりに苛酷な自然環境は避けたいもの。高原でのキャンプなら夏、暑い場所でのキャンプなら春や秋、といった過ごしやすい気候の場所を選びましょう。気温差の激しいところ、特に夜、冷えすぎる場所なら冷暖房完備のコテージなどを選ぶという選択肢も。

キャンプ場までの移動距離が、あまりに遠いともったいない。小さい子どもは活動時間が短いから、なるべく近い場所で、なるべくたくさん遊べる時間を作ってあげたいですね。

■そのほかおすすめのキャンプ場
手ぶらでテント設営不要、トイレや入浴設備が整っているなど、なるべく荷物が少なく、快適に滞在できるキャンプ場を選びました。初めての親子キャンプが、どうか素敵な思い出になりますように。

休暇村鹿沢高原(群馬県嬬恋村)(手ぶら・設営不要・温泉あり)
http://www.qkamura.or.jp/kazawa/camp/

ロハスガルデンキャンプ場(埼玉県神川町)(手ぶら・温泉あり)
http://www.lohas-camp.com/

北軽井沢SWEETGRASS(群馬県長野原町)(手ぶら・ツリーハウスあり)
http://sweetgrass.jp/

無印良品津南キャンプ場(新潟県津南町)(手ぶら・マウンテンバイク、カヤックなどあり)
http://www.muji.net/camp/tsunan/

森の隠れ家ビッグホーンオートキャンプ場(手ぶら・設営不要・子ども遊具あり)
http://www.bighorn.co.jp/

PICA山中湖ヴィレッジ(山梨県山中湖村)(食事つき・コテージのみ)
http://yamanakako.pica-village.jp/index.html

 

 

渡部郁子(わたなべいくこ)
フリーアナウンサー・ライター

gearJFNラジオ「JOYFUL LIFE」(http://www.jfn.jp/RadioShows/joyful)パーソナリティほか、アウトドア、温泉、音楽をテーマに様々なメディアで情報を発信中。ライフワークのフジロック参加のため、子どもと楽しむアウトドアスタイルを模索中。
HP:http://watanabeikuko.jimdo.com/

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 キャンプ場 』新着ユーザー投稿記事

『 キャンプ場 』新着ユーザー投稿写真

『 キャンプ場 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。