長野・諏訪の中古家具・古材ショップ「リビセン」に行ってきました!

ポートランド発祥の「リビルディングセンター」日本版

 見捨てられた廃材にもう一度価値を見出し、再利用する文化をつくりたい。そんな思いが形になった、新感覚のリサイクルショップが登場した。


 アメリカ・オレゴン州ポートランドにある建築建材のリサイクルショップ、「リビルディングセンター」。ゴミとして処分されるモノを資源として再利用して、世代を問わずさまざまな人が行き来し、地域のコミュニティの場にもなっている。

 そんなショップに感銘を受け、空間デザイナーの東野唯史さんが、日本ではじめて「リビルディングセンタージャパン」を信州上諏訪にオープンさせた。

 日本の「リビセン」と本家本元の違いは、カフェがあること。

「いろんな人が来やすいようにカフェを併設しました」
 と、話してくれたのは、スタッフの松下萌黄さん。

松下萌黄さん(28歳)文房具のプロダクトデザイナーから転職。「自分でデザインした物を自分で施工する、何でも屋(?)的スタイルの東野さんはスゴい」。カフェ、レスキューに製作と何でも屋挑戦中。

 カフェの大きな窓からは古材売り場が眺められ、DIYに興味がなくても、ここでのんびりコーヒーを飲んでいると、ちょっと覗いてみたくなる。

 2階の古道具売り場では、タイムスリップした気分に。

「古材を引き取りに行くことを、レスキューと呼んでいます。実際に自分でレスキューに行くと、どういう人が使っていたか、モノの背景まで持って来ることができる。これは、櫛職人の使っていた漆まみれのお椀。諏訪は養蚕が盛んだったので、諏訪式の糸巻なんかもあるんですよ」

 そんな話が聞けるのも、「リビセン」ならではかもしれない。

 

『REBUILDING CENTER JAPAN』フロアガイド

 

【1st FLOOR】

古材売り場。まな板サイズから1枚板の大物までズラリ。

併設されたカフェ。スタッフが張った床材や手作りのテーブルに古材利用のヒントが。

【2nd FLOOR】

解体現場から一緒に運び出された古道具も販売。

 

古い工具(¥100〜)や剪定鋏(¥1,200)、木槌(¥2,500)など道具好きにはたまらない。

昔懐かしい磨りガラス入りの建具(¥2,000〜)も豊富。

 


諏訪式糸巻き(¥7,000)。現役で糸も紡げる。

諏訪地方で採れ、瓦のように使われていた鉄平石(¥2,000)。

【3rd FLOOR】


3階は古道具売り場の奥にワークショップスペースも。

イスは生地の張り替え職人も紹介してくれる。

 

農作物を入れる麻袋って、カッコイイ。キャンプやインテリアに、いろいろ活躍してくれそうだ。

 

木箱などのボックスもいろんな種類がそろっている。

 

近所のおばあちゃんが持ち込んだ背負い籠なども、すこぶる良い感じ。

 

リビルディング センター ジャパン

長野県諏訪市小和田3−8
☎0266-78-8967
営業時間:9:00〜18:00(カフェ) 11:00〜18:00(古材)
休業日:水・木曜日
http://rebuildingcenter.jp/

※構成/大石裕美 撮影/小倉雄一郎 (初出:BE-PAL2017年9月号)