世界一ペラい文庫本が生まれた理由。【インタビュー】文鳥社「文鳥文庫」(前編)

デザイナーの仕事、デザインの可能性。

一体これは本なのか、ハガキなのか。いや何かのカードなのか。

パッと見はとても薄いのが、表紙には確かに『文鳥文庫』と書かれている。

まぎれもなく、文庫本である。

だがしかし、本というものの定義が“綴じてあるもの”であるならば、

これは小説が書いてある1枚の蛇腹の紙に過ぎない。

それでも文藝というソフトとしては、前者にまったく劣るものではない。

文鳥社から発刊された『文鳥文庫』。

文鳥社は出版社のような名前であるが、デザイン会社だ。

代表の牧野圭太さんは、もともと大手広告代理店でコピーライターをしていた。

 牧野圭太さん

「最初からコピーライターを目指していたわけではありませんでした。

広告代理店でも、制作局に行くつもりはなく。そもそも大学は早稲田大学理工学部。

その後、東京大学大学院にすすみ、コンピュータプログラミングを学びました。

当時、色々なビジネスを学びたいと思い、広告業界ならたくさんのビジネスに携われるし、

企画を考えたりできそうだなと思ったんです」と、

バリバリの理系出身でありながら

広告業界のクリエイティブに携わるという珍しいパターンの牧野さん。

その広告代理店に6年間務めた。そのなかで一番面白かったのは、

デザイナーと仕事をしたことだったという。

「コピーライターはデザイナーとタッグを組んで仕事をすることが多く、

彼らと接していくなかで、

デザイナーという職種、デザインという仕事に対してすごく価値を感じたんです。

“ありのまま世の中を捉えて、目的に対してより正しい形を探すこと”が

デザイナーの仕事だと思っています。

でもそうした概念が世の中に広がっていませんよね」

そこで、デザインの本質的な概念を世に広めるため、

みずからデザインカンパニー=文鳥社を立ち上げた。

「世の中ほとんど、何かしらのものづくりが関わっています。

でも、デザインに興味を持っている人があまりにも少ない。

僕はすべての会社にデザイナーがいるべきだと思っています。

そもそも高校などで、文系・理系に分かれるときに、

文系・理系・デザイン系の3本柱でもいいと思っているくらいです。

日本の生産性が低いのは、そこが原因ではないかと思っています」

日本にデザインを広げるための活動。それをデザイナーではない人がやっているのがおもしろい。

第3者視点を持つことに意味がある。

「僕は“理系”出身だけど、“文系”的なコピーライターになって、

“デザイナー”と仕事をするようになった。

理系、文系、デザイン系を渡り歩いてきたからこそ、

その可能性をすごく親身に感じているし、冷静にもみられる立場だと思っています。

だから勝手に使命感みたいなものを感じていますね」

»後編「イノベーションはありふれた日常からでも起こせる」に続く。

»文鳥文庫の購入はコチラ

文=大草朋宏