Kalita|銅製ドリッパー

日本の職人の心意気を コーヒーで表現する。

世界的なコーヒー器具のメーカーである「Kalita」が、

あらためて日本のものづくりに注目している。

 

そのなかでタッグをくんだのが、金属加工で有名な燕市である。

燕は、数年前に研磨技術が世界的に注目され、

2008年に「Made in TSUBAME」をスタートした。

これは燕の高いクラフツマンシップにのみ認定されるブランドだ。

 

その名前を冠した美しいコーヒー器具の開発に乗り出したのがKalitaであり、

第1弾商品として選ばれたのが、ウェーブドリッパーだ。

プレスし、刻印された後、手作業で研磨されていく。

 

こうして完成した銅製のウェーブドリッパーは、美しい。

きらびやかな瞬きとは異なり、渋く輝く。

さぞかしコーヒーも美味しいに違いない。

 

【スペック】

1~2杯用は197g

3~4杯用は227g。

銅。日本製