50年以上の歴史で初!ジャンスポーツがトートタイプの「ソフトクーラーバッグ」を発表 | クーラーボックス 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • クーラーボックス

    2020.05.26

    50年以上の歴史で初!ジャンスポーツがトートタイプの「ソフトクーラーバッグ」を発表

    暑い季節が近づいてきた! キャンプやピクニックで、ドリンクなどを冷やすのに便利なクーラーの需要が高くなるが、今回は50年以上の歴史があるブランドから初となるソフトクーラーを発売するとして、話題になっている。

    いま流行のトートバッグタイプを採用したクーラー

    ジャンスポーツ「チルブレイク」¥22,000+税

    今回紹介するのは、バックパックブランドとして高い人気をほこるジャンスポーツの新作ソフトクーラー「CHILL BREAK(チルブレイク)」。サイズは約35×28×19cmで重量は約0.95kg。ロールトップを採用したトートバッグタイプで、冷えた中の空気を脱がさないように設計されている。

    背面には摩擦に強い生地を配置。

    容量は約15ℓで、350mℓのドリンク缶が12本または約2.7kgの氷が入る設計。本国によると、保冷時間は約48時間とのこと。本体には高い保冷力をもつ断熱材が入っており、底面は耐久性を持たせるために同じ断熱材を二層構造に。

    生地は撥水性のあるポリエステルを採用し、雨が降っても心配なし。また、本体の両サイドにはボトルホルダーが搭載されているので、喉が乾いた際にすぐにドリンクを飲める。買い物バッグとしても重宝しそうだ。

    ※写真の商品は日本未発売カラー

    本体の内側には環境に配慮したBPAフリーのTPUライナーを配置。縫い目に加工を施しているので、中の水が外に漏れないようになっている。

    ※写真の商品は日本未発売カラー

    外側にはレーザーカットしたラッシングポイント(棒などを固定するベルト穴)があり、S字フックをつけて小物を引っかけたり、バンダナやタオルを通したりすることも可能。

    フロントには大型のポケットが付いており、オーガナイザーとメッシュポケットがついていろんな小物を収納できる。

    片側にはボトルオープナーを装備! ビールなどを簡単に開けらて、すぐに飲めるのは嬉しい。

    ショルダーストラップは調整できるので男女問わず持ち運べる。

    同商品はトートバッグだけでなく、ショルダーストラップも付いているので肩がけして持ち運べる。重くなりがちなクーラーを手軽に運べる。今回はこのBLACK MATRIXというカラーの1色展開。ソフトクーラーを新しく買おうと思っている人や新調しようと考えている人は、ぜひ参考にしてもらいたい。 

    商品情報

    ジャンスポーツ「チルブレイク」

    価格:¥22,000+税
    サイズ(約):35×28×19cm
    重量(約):0.95kg
    容量(約):15

    ジャンスポーツの公式ページ
    https://jansport.co.jp

    NEW ARTICLES

    『 クーラーボックス 』新着編集部記事

    AO Coolers「キャンバスソフトクーラー」に新色追加!「ワックスドキャンバスソフトクーラー」には新サイズも登場だ

    2024.02.01

    ハードクーラーボックスは一台で何役も務める便利ギア!2024年に買うべきおすすめはどれ?

    2023.12.27

    2024年に大ヒットしそうなソフトクーラーはどれだ?何を選べばいいか参考にしよう

    2023.12.25

    今年のベストバイは…猛暑で大活躍だったアレ!「アウトドアギア部門」発表【第3回 BE-PALアウトドアアワード 2023】

    2023.12.14

    サーモスのクーラーバッグは種類が超豊富!私が「ソフトクーラーREQ-020」を愛用し続ける理由

    2023.09.28

    7日前の氷がそのまま残る『クーラーバケット』、保冷力の秘密は“魔法瓶構造”にあり!

    2023.08.27

    個性あふれるデザインと確かな性能!コトパクシのソフトクーラーを実際に使ってみた

    2023.08.23

    保冷力抜群のクーラーボックス2選!10日間氷が溶けない真空断熱型と工事現場用、どっちを選ぶ?

    2023.08.05