内外兼用のアウトドアグッズ、家の中での楽しみ方 | キャンプのコツ 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル

内外兼用のアウトドアグッズ、家の中での楽しみ方

2020.07.10

 

約70㎡の空間に出現した穴蔵式住居。疲れたときは、このままゴロンと横になることも。羨ましい〜。

キャンプ道具は内外兼用!「穴蔵式住居みたいで、意外に落ち着く」

「ワァ〜オ!」
扉を開けて、思わず声が上がる。野外ではいくらでも見慣れたテントだが、こうして室内で見ると、なんとも新鮮(!?)。

「訪ねてきた人が、そうやって驚いてくれるのが面白くて。で、テントってこういうものでね、って知らない人に説明するのが、また楽しいんですよ」

デンと構えたニーモ/ワゴントップ6P。初心者でも簡単に設営できるのが魅力。屈まずに歩き回れる居住空間は、まさにワンルーム。

「雨が多かったりキャンプ場が混んでたときに、ちょっとした遊び心で部屋に立ててみたら、意外に居心地よくって。このなかで仕事してると、妙に落ち着くの」

テントを干して乾燥しておけるから、テントにも自分にもいい環境(!?)なのだとか。
「まさに、一石二鳥でしょ」

窓辺には休憩用のハンモックがブラリ。仕事の合間の午睡にピッタリ。自立式なら設置場所を選ばず、どこでも快適。「ここで日向ボッコするのがいいのよ」

ほかにも、ハンモックが悠然と置かれていたり、キッチンセットが設えてあったりと、部屋のいたるところでアウトドアグッズが幅を利かせている。

「アウトドアグッズって、キャンプ以外でも使えるモノが多いのが魅力なんですよ。外でしか使えない、じゃあ、いまどき買ってもらえないでしょ。キャンプ需要が増えた理由のひとつでもあると思うなぁ」

防災グッズとしても重宝するし、部屋に張るのはキャンプ場でのシミュレーションも兼ねているとか。

辻井さんおすすめの「ハイドロフラスク」のボトルシリーズ。二重真空断熱構造で保温力抜群。

「このテント大きいけど、ひとりでも15分で立てられるの。キャンプ場で優雅に過ごしたいときは、ひとりでこのサイズに寝泊まりすることもあるから(笑)。あ、でも、山に行くときは、テンマクデザインの真っ赤なパンダ。めちゃめちゃかわいいよ」

辻井さんの趣味嗜好はとりあえず置いておき、テントとは、“室内に居ながら秘密基地”だということが判明。子供のころの押し入れ気分を味わえるのが、室内テントなのであ〜る。

お家でギアをリメイク

コールマンのキッチンテーブルはフレームを黄色にペイント。バーナーはちょっとコーヒーをいれるときなどに活躍している。

クーラーバッグにお手製のショルダーストラップを付けたり、ジャグのコックを付け替えたりと、ギアのリメイクも楽しむ。

フリーランスプレス 
辻井国裕さん

ファッション業界でプレス業を営みながら、革小物のディレクションなども行なう。3年前にソロキャンプデビューして以来、機能的で格好いいアウトドアグッズにはまり続けている。

(BE-PAL 2月号 2018より) 

※撮影/西山輝彦

 

【PR】#ヤフーショッピングでBE-PAL生活

 

 

 

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 キャンプのコツ 』新着ユーザー投稿記事

『 キャンプのコツ 』新着ユーザー投稿写真

『 キャンプのコツ 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。