ランニングに活躍する、最新シューズと便利アイテムを「ウルトラギアマーケット」で発見! | トレイルランニング 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • ランニングに活躍する、最新シューズと便利アイテムを「ウルトラギアマーケット」で発見!

    2020.02.27 加藤由佳

    私が書きました!
    モデル
    加藤由佳
    大阪府出身、東京都の高尾エリア在住。アウトドア雑誌や広告などで活動するモデル。根っからのインドア家庭で育ったが、東京移住を機に自然を求めて山に行くようになり、以来ハイキングにハマる。「ゆるふわ」をモットーに近場の低山から、海外のトレイルまでを歩く。インスタグラム:@_yuka_kato_

    今年で5年目となるウルトラギアマーケット。トレイルランニングやロードランニング、登山などにまつわる様々なブランド、お店、グループなど約50ブースが一堂に出店する注目のイベントで、東京都のIID世田谷ものづくり学校で2020年2月11日(火祝)に開催されました。限定商品やコラボアイテムなどの販売もあり、終日大賑わい!

    最新のランニングシューズを発見!試着&試走も大盛況!

    ランニングやハイキングをするにあたって、最も重要と言っても過言ではないシューズ。

    店内での試着だけでは本当に自分に合っているのかいまいち分かりづらかったりして、フィールドに出てみてちょっと違ったなぁってことはありませんか??(私は昔つま先のあたりが強すぎて爪が剥がれたことがあります……)

    気になるアイテムを実際に試せるチャンスは見逃せません!

    今回のウルトラギアマーケットでは、そんな人を対象にして、シューズを試着して試走もできるプログラムが用意されていました。あまり走りの経験がない初心者でも無理なく走れるコースを設定。

    予想以上の参加人数で大盛況でした。

    実際に試し履きをして走られた方に少しお話を伺いました。

    ALTRA 「VIHO」

    通気性のあるメッシュアッパーと、スタックハイトは26mmで厚すぎず、薄すぎず、日常的にランニングを楽しめる作りに。こちらを履いて試走した女性は「足の形にしっくりくるアルトラのシューズがお気に入り」とのこと。

    HOKA ONE ONE 「SPEEDGOAT 4」

    新モデルでは、通気性と耐久性を兼ねてアッパーにメッシュを採用したほか、つま先のフィット感をより向上させた設計になっています。試走した男性は、現在は旧モデルのものを履いているそうですが「新作モデルも踏み込んだ感じが気持ちよく、トレイルを走るのも楽しみ」とのこと。

    Topo Athletic「PHANTOM」

    2019年に日本上陸したばかりのNewブランドのシューズ。アウトソールのラバー部に独自の素材と設計を施しており、安定感のあるモデルに。普段は別メーカーを履いていると言うこちらの男性は、「クッション性も高く、かかとの安定感もありフィット感がよかったです!」とのこと。

    今回はウルトラギアマーケットでの試着&試走プログラムでしたが、こういったグループランを間近で見てみて、同じようなイベントがあったら参加してみたいなと思いました。

    水分補給大事!ボトルホルダーもオシャレな新モデル登場

    「ゴソゴソ君」と名付けられたゆるめのキャラクターのタグが目を引く「MAD DOG Bottle Holder」。軽くて可愛くて、街なかでも使いたくなるほどです!

    近場でのランニングは身軽に走りたい。でも水分補給はしっかりとしたい。 ボトルだけを手に持ち走っていると、手に力が入ってしまったり、そちらに意識が向いて集中できなかったりしませんか。 ボトルホルダーがあるだけで、力み具合が軽減されるような気がします。

    レギュラーサイズとロングサイズの2種類あり、紐でサイズを調整できるので、今手持ちのボトルやペットボトルなど様々なタイプのものに着可能。 ポケットに忍ばせられるほどのコンパクトなアイテムなので、旅先でも走りたいって時にも気軽に持っていくことができ重宝しそう。 寒い時期でも、MAD DOG Bottle Holderを装着して水分補給を忘れずに! GREAT COSSY MOUNTAIN では他にもニッチで面白いアイテムがたくさんあります。 是非チェックしてみてください。

    Great Cossy Mountain
    インスタグラム:@greatcossymountain

     

    ランニングが終わった後に買ったペットボトルの収納だったり、キャンプやフェスでビールを飲んでると手が濡れて冷たいなぁとか、持ちっぱなしはなんだかなぁと思うことはありませんか? 飲み終わったあとも置く場所がなく、空のまずっと持っていたり、、手が塞がってしまうのってなんだかんだ行動しづらいですよね。

    そんな時にこれは便利そうだと注目したアイテム。 斜めがけできるクージー「WEAR coogee」 缶を首からぶら下げるという発想がナイスです!

    飲み口に簡易的なカバーも付けることができるので、歩いているときにこぼれる心配が少ないのもポイント。

    赤と白のプラスチックパーツがカバーとして取り付け可能

    洗濯機にぽいっと入れて洗えるので衛生的に使うことができます(ネット使用推奨) 。裏地にはアルミが貼られている発泡ポリエチレンを使用していて、保温、保冷効果があるので、今の時期は暖かいドリンクをいれて、外をお散歩するときにもいいですよね。

    大きいサイズは500㎖のペットボトルも入り、鞄の中をガサガサ探す手間もかかりません。 私はお酒を飲むとき一気に飲み切れず、チビチビと飲むタイプなので、手ぶらでライブを楽しみたい時や、山で泊まって宴会なんて時に持っていきたいなぁと想像がふくらみました。

    もともと登山好きなご夫婦が始めたブランドで、なかなか山に行けないときは街中をトレイルに見立てて歩いているんだそう。そんな、歩くことをとても楽しんでいるのが、お話していてとても伝わってきました。 このアイテム、今回のウルトラギアマーケットで初お披露目にもかかわらず、うかがった頃にはすでに完売間際という人気っぷり。今後も注目です!

    pon-sa walking gear
    インスタグラム :@ponsa_walkinggear

     

    ゴリゴリなアウトドアギアばかりかと思いきや、女子心をグッと掴む意外なアイテムを発見

    走れるピアス

    女子としては、アウトドアを楽しみながらオシャレもしたいと思うもの。そこで今回発見したのがこちらのアクセサリーです。

    めちゃくちゃ可愛くないですか??

    南米パラグアイの伝統レース「ニャンドゥティ」を用いたアクセサリーブランド「KAMIÜ」。

    ランナーでもある作家さん自身が実際に身につけて走った時、ストレスを全く感じずに走ることができたので、これなら!と思い販売を始めたそう。

    刺繍糸とビーズで作られているので軽量で、糸を編み上げた後に耐水加工を施しているため汗にも強い作りになっています。

    山をモチーフにしたYAMA

    花をモチーフにしたHANA

    光の輪をモチーフにしたHALO

    どれも可愛くて目移りしてしまいます。
    ピアスが開いていない方にはイヤリングパーツに付け替えもできるのでご安心を。

    KAMIÜ
    インスタグラム :@kamiu_tom

    海でもピアス

    宮崎在住の女性サーファーの作家さんが作る、波乗りしても外れないピアス「Lusea Dept」

    キラキラと揺れる天然石がパワーをくれそうなデザイン

    ピアスパーツにはアレルギーが起こりにくい14kgfを使用しており、フックタイプなので外れる心配もなし。髪やウェットスーツにも絡まないようにと試行錯誤しながら、あらゆる波の中でのテストしているので、アクティブピアスとしてお墨付きです。もちろんマリンスポーツ以外にもヨガやランニング、トレッキングなどのアクティビティにも使えます。好みの色やパーツを組み合わせたわがままオーダーも可能。

    Lusea Dept
    インスタグラム:@luseadept

    コーディネートのポイントになるアクセサリーは選ぶ時からワクワクしますよね。アクティブに行動する時やハードな場面でもお気に入りのものを身につけていると、より気分が上がりそう!
    2つのアクセサリーを手に取って見たい方は、神奈川県の逗子にあるデリ&カフェ「エイド・キッチン」にてお取り扱いもしています。

    エイド・キッチン
    神奈川県逗子市逗子1−8−15 田村ビル1階
    インスタグラム:@aid.kitchen

    来年のウルトラギアマーケットも楽しみ!

    今回ご紹介した以外にも、個性的で楽しいアウトドアブランドが出店されていて、年々賑わいが増しているウルトラギアマーケット。実行委員長の西岡仁さんに、コメントを頂きました。

    「トレイルランニングやランニング、登山に自転車にアウトドアにファッションなど、色んなジャンルを超えてみんなが交流できる場になればいいなと思い、毎年開催しています。よい意味でごちゃごちゃした文化祭的な場を、今年もみなさんに楽しんでいただけたようでよかったです。
    主催者として感謝感激なのは、このイベント、本当に全然ゴミが出ません。終わった後も会場がすごく綺麗で、毎年撤収作業中に感動して泣きそうになるくらい。ご来場のみなさんも出展者さんも、さすがアウトドア好きの集まりだなと感じます。また来年もよろしくお願いします!」

    ごみ問題にも心配りができるアウトドア好きって、素敵ですし自分も心がけたいなと感じます。
    今年行けなかったかたはぜひ来年、訪れてみてください!

    引用元:ウルトラギアマーケット公式サイト

    ウルトラギアマーケット公式サイト
    https://www.ultragearmarket.com/

     

     

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 トレイルランニング 』新着編集部記事

    舞台はあの世界遺産ドロミティ!トレイルランの魅力に迫る!

    2022.05.24

    トレランにおすすめのキャップ7選。特徴や選び方のポイントは?

    2022.04.15

    トレランザックのおすすめ商品。山道を快適に走るための必須アイテム

    2021.10.15

    トレランするなら最低限覚えておきたい!山のルールとマナー【丹沢登山学校・丹沢マナーズ】

    2021.09.02

    トレランシューズはどう選ぶ?メンズ・レディースおすすめ商品を紹介

    2021.09.01

    兵庫県最高峰「氷ノ山」に日本海から登る!「ZEROtoSUMMIT」兵庫編

    2021.08.23