直径60cm!焚き火台でも太い薪を燃やしたいよね | 焚き火・火おこし道具 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 焚き火・火おこし道具

    2019.01.30

    直径60cm!焚き火台でも太い薪を燃やしたいよね

    焚き火の好きな人のなかで、やたらと大きな薪を燃やすのが好きな人がいる。私もそのひとりで、若い頃は盛大な焚き火が好きだったから、だれもいない浜で、長さ2mくらいの流木の丸太の端を燃やしたことがある。もちろん燃やしたのは端っこだけで、最後に海水で消火したが、こういうのは下品な焚き火の部類に入るだろう。一方、渓流などで早々に太い薪に燃え移らせて、せわしなく薪をくべるのではなく、太い薪のおき火をゆっくり楽しむ……なんていうのは上品な部類に入るのではなかろうか。

    焚き火台の場合、あまり太い薪は置けないが、この「グリル リボルバー」は違う。直径60cmもあって、太く長い薪をドンと置ける。

    大きいからアメリカの製品かと思うかもしれないが、オリジナルはイギリスのメーカーの製品である。竹の天板を載せるとテーブルにもなるというところが洒落ている。

     

    竹の天板を載せてテーブルに。

    本体側面には通風穴。ロストル(薪置き)はネジで本体に固定する

    底がフラットだから太い薪もくべやすい。

     

    30,240円

    NEW ARTICLES

    『 焚き火・火おこし道具 』新着編集部記事

    ソロ、ファミリー別のおすすめ焚き火台10選!燃焼効率、超軽量、雰囲気重視モデルまで

    2024.03.31

    六角形の焚き火台ならキャプテンスタッグ!注目のラインナップからおすすめできる理由まで解説

    2024.03.29

    気軽に楽しめるサイズ!LOGOSのスウェーデントーチに、燃焼時間80分の小型バージョンが登場

    2024.03.25

    火打ち石の使い方は?キャンプでの活用方法からおすすめの商品まで解説!

    2024.03.25

    ロゴスの焚き火台ならコレ!定番から万能モデルまでおすすめを紹介

    2024.03.20

    ogawaオリジナルの焚き火台が新登場!調理も存分に楽しめる たっぷりサイズだぞ

    2024.03.19

    寒い時季の災害に備えよう! 手っとりばやく暖をとれるストーブセット

    2024.03.10

    雄大な炎を生み出せるBOX型の二次燃焼焚き火台が爆誕!Agniz.「焚き火台BoxM」

    2024.03.07