マイナーチェンジしたホンダ「ヴェゼル」に注目! 大幅改良でソト遊び感がアップしてるぞ | 試乗記 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 試乗記

    2024.07.10

    マイナーチェンジしたホンダ「ヴェゼル」に注目! 大幅改良でソト遊び感がアップしてるぞ

    ホンダの人気SUV、ヴェゼルがマイナーチェンジ。顔つきが変わったほか、アウトドア気分を盛り上げる新グレードも登場した! 編集・早坂と記者・櫻井がレポートする。

    力強いデザインにリニューアルしたホンダ・ヴェゼル

    image

    フロントグリルやヘッドライトから下のバンパーまでのデザインを刷新。前から見たときに力強さが伝わってくる。

    image

    リア部分はライトがフルLED化されている。

    image

    水平基調でデザインされた、台形の美しいプロポーションは健在。

    image

    ルーフレールが付くのは「ハントパッケージ」のみ。

    早坂

    2021年に登場した現行の2代目ヴェゼルは、優しい顔つきのシンプルなデザインで、ごっついSUVのイメージを覆しました。

    今回の大改良ではデザインにも手が入っているけど、キャラ変はしていない。よかった~。

    櫻井

    早坂

    具体的にはフロントグリルを中心にデザインが変わり、ちょっぴりワイルド顔になりましたね。

    グリルのスリットは従来どおりボディーと同色。最近はエンジンを積まない電気自動車を中心にグリルレスのクルマも見かけるようになったけど、そこまでサッパリ顔じゃないのがヴェゼルの魅力なんだ。

    櫻井

    早坂

    合わせてモデル構成も刷新されました。アウトドア好きのボクらにとってたまらないのが、新登場のグレード「ハントパッケージ」。ルーフレールや撥水・撥油機能のあるシートファブリックを装備し、外装の下部分には銅色の加飾が施されています。

    「ハントパッケージ」は新色のボタニカルグリーン・パールとも調和して、ソト遊びにぴったり!

    櫻井

    早坂

    そしてメカニズムもアップデートしています。ハイブリッド車はエンジンが始動する回数や頻度が減り、アクセルペダルを踏んだときのレスポンスも向上。走行中も静かで、自然の中に溶け込むような、快適なドライブが楽しめますよ~。

    「ハントパッケージ」は2WDで299万8600円。4WDだと321万8600円になるけど、クルマの値上げが続くなか、300万円を切るソト遊びグルマの存在は貴重だね。

    櫻井

    早坂

    ハイブリッド車にこだわらない人には、ガソリン車という選択肢もあります。こちらは4WDのみで264万8800円。コスパで選ぶならコレでしょ。

    そうそう、4WDが全グレードで選べるようになったのもニュース。滑りやすい路面状況での駆動力コントロールにおいて、ブレーキが介入するタイミングを見直し、安心感のある発進・加速を実現しているよ。

    櫻井

    早坂

    なによりもヴェゼルには、低床設計を活かした多彩な積載アレンジという特徴があります。コンパクトSUVなので多人数での連泊には対応しにくいですが、「キャンプには多くても3人まで」、という人におすすめしたいです。

    3人分のキャンプ道具が積める

    image

    後席の片側をたたんだ状態で荷物を積載。3名分のキャンプ道具なら無理なく積める広さだ。

    image

    通常は後席の床下にある燃料タンクを前席床下に設置する、「センタータンクレイアウト」を採用。車中泊するには奥行きが足りないものの、後席をたたむと低く平らに。

    image

    床下収納付き。

    後席をまるっとたたんで荷物置き場に!

    image

    「センタータンクレイアウト」による低い床は、後席の座面を跳ね上げることで高さのあるものを積める空間へと変貌させる。第二の積載空間だ。

    image

    足元にゆとりがあるので、リラックスした姿勢で乗車できる。

    小物が置きやすくなったインテリア

    image

    外観同様、水平基調のインテリアはモダンで機能的。

    image

    従来型では運転席側に向いていたセンターコンソールボックスのデザインを変更。上下2段式となり、左右どの席からも小物を置きやすい形状になった。

    こちらのグレードもアウトドアが似合う!

    image

    2トーン外装の「e:HEV Z プレイパッケージ」(¥3,556,300~)はフロントグリルにトリコロールカラー付き。

    image

    内装も洒落ている。

    image

    オプションでパノラマルーフを装着可能。

    SPECIFICATIONS(e:HEV X・HuNTパッケージ FF)

    【ボディー寸法】
    全長 4,340㎜
    全幅 1,790㎜
    全高 1,580㎜
    最低地上高 185㎜
    最小回転半径 5.3m
    ホイールベース 2,610㎜
    タイヤサイズ 215/60R16
    車両重量 1,350kg
    乗車定員 5名

    【エンジン】
    排気量・種類 1,496cc直列4気筒
    最高出力 78kW(106PS)/6,000~6,400rpm 
    最大トルク 127N・m/4,500~5,000rpm
    燃料種類 無鉛レギュラーガソリン
    燃費(WLTCモード) 26.2km/ℓ

    【モーター】 
    最高出力 96kW(131PS)/4,000~8,000rpm
    最大トルク 253N・m/0~3,500rpm

    【トランスミッション】 
    電気式無段変速機

    価格:¥2,648,800~3,776,300
    問い合わせ先:ホンダ TEL:0120-112010
    https://www.honda.co.jp/

     

     

    ※構成/櫻井 香 撮影/三浦孝明

    (BE-PAL 2024年7月号より)

    NEW ARTICLES

    『 試乗記 』新着編集部記事

    新型ミニクーパーEVの新しさとは?バルセロナで金子浩久が乗ってきました!

    2024.06.14

    太平洋に浮かぶ楽園=八丈島をスバルのSUV「クロストレック」「アウトバック」で走ってきた

    2024.06.13

    スバル「レヴォーグ レイバック」試乗レビュー!"地面から200㎜"の余裕が行動範囲を広げるぞ

    2024.06.02

    オフロードで実感!ヨコハマタイヤ「ジオランダーA/T4」は週末のソト遊びにフィット

    2024.05.22

    北京のSUVがヤバいです! 仰望(ヤンワン)の「U8」は1200馬力でドローンまで搭載

    2024.05.20

    フォルクスワーゲンで一番人気の「T-ROC」、アウトドアフィールドでの使い勝手&走りはどう?

    2024.05.12

    ランドクルーザー250にランクル300のオーナー(ピストン西沢)が乗ってみた!

    2024.04.27

    夢はでっかくポルシェでキャンプ!「カイエン」ってこんなに楽しいぞ~

    2024.04.23