【難燃素材の焚き火服】ボアフリースライニング付きで 防寒性もバッチリなジャケット | アウトドアウェア 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 【難燃素材の焚き火服】ボアフリースライニング付きで 防寒性もバッチリなジャケット

    2018.01.25 ジャケット焚き火

    キャンパーの誰もが楽しみにしている焚き火の最中、薪がはぜてお気に入りのアウトドアウェアに飛んで穴があいたなんて経験ありませんか? とくに冬場は、ナイロンやポリエステルなどの化学繊維製のアウターを着ていることが多いので、「焚き火による穴あき」事件が多発する。

    そこで、難燃素材を使用した焚き火服のご提案。難燃素材は、あくまで燃えにくい素材ではあるが、火の粉がウェアに飛んできても、すぐにはらえば無傷。気づかずに火の粉が生地に付着しても、ちょっと焦げ目が付く程度の軽い被害ですむのだ。

    ヘリーハンセン/
    アンチフレイムボアライナージャケット

    素材メーカー、ユニチカが難燃作業服用に開発した難燃素材「PROTEXAⓇ-FR」を、はじめて一般アパレルに採用した「アンチフレイム」シリーズのひとつ。身頃部分にボアフリース素材を配して、保温性もバッチリ。キャンプや野外フェスに着て行こう!

    今回紹介するジャケットのほか、カバーオールジャケットやパンツ、エプロンなどのラインアップもある。

    ¥30,000

    ●サイズ=WM、WL、M、L、XL
    ●カラー=グリーンカーキ、ウェットロープ、ヘリーブルー

    https://www.goldwin.co.jp/hellyhansen/

    ※構成/坂本りえ 撮影/永易量行

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 アウトドアウェア 』新着編集部記事

    雪や汗に濡れても暖かさはがちっとキープ!先進素材が詰まったL.L.Beanのダウンは冬遊びの必需品なのだ

    2023.12.08

    メリノウール×オーガニックコットンで着心地最高!洗えるニットパーカならアウトドアに最適だ

    2023.11.24

    モンベルの焚き火ウェアは高機能の難燃素材!安心してキャンプにGOできる5アイテム

    2023.11.24

    オレゴニアン キャンパーの難燃ウェアはコットン素材で快適な着心地がいいね!

    2023.11.23

    ジャック・ウルフスキンの難燃素材ウェアはストレッチ性も兼ね備えてて動きやすい!

    2023.11.23

    ナンガの「タキビ生地」ウェア4選!肌触りがよくて動きやすさも抜群だ

    2023.11.22

    KAVUの2023年秋冬アウターコレクションはキャンプでも街でも難なくフィットするぞ!

    2023.11.22

    ネスプレッソ×マムート×HeiQが3社コラボ!高い通気性と保温性を両立したインサレーション・ジャケットの中身

    2023.11.22