対流式石油ストーブのトヨトミから、炎の美しさにこだわったおしゃれな焚火台が誕生 | 焚き火・火おこし道具 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 焚き火・火おこし道具

    2024.05.20

    対流式石油ストーブのトヨトミから、炎の美しさにこだわったおしゃれな焚火台が誕生

    対流式の丸い石油ストーブでお馴染みのトヨトミから、デザインにも機能にもこだわりぬいた、少人数向け2次燃焼焚火台『BF-GM1』が登場した。

    長年の燃焼機器の開発の中から生まれたアウトドアギアシリーズ

    トヨトミは創業から70年以上の長きにわたり、石油ストーブなどの燃焼機器の開発や生産をおこなってきた、名古屋市にあるメーカー。

    燃焼技術、琺瑯(ほうろう)加工、板金加工など、長年のものづくりの経験を活かし、新しいアウトドア向けの製品をつくれるのではないかと考えてきた。

    そして、トヨトミが2019年に立ち上げたのが「GEAR MISSION(ギアミッション)」シリーズ。

    ミリタリーテイストを意識したディテール。

    「無骨なアウトドアライフスタイル」をコンセプトとし、ストーブを中心とした商品ラインナップで、ロゴや印字などにもミリタリーテイストを意識したディテールを特徴としている。

    見た目も機能も充実!2次燃焼焚火台「BF-GM1」

    今回、発売された2次燃焼焚火台「BF-GM1」もGEAR MISSIONシリーズの1つ。

    「BF-GM1」、オリーブグリーン。

    焚火台には珍しく琺瑯加工を施し、シリーズの特徴的なオリーブグリーンとコヨーテブラウンの2色を実現。シンプルでコンパクト、収納しやすい形状で灰捨ても簡単な、ソロやデュオキャンパー向けギアだ。

    以下、この焚火台の特徴を4つに整理して紹介しよう。

    (1) 琺瑯加工が生み出すキャンプギアに馴染む独自のカラー

    個性的なカラーは目を引くことなちがいなし。

    ガラス質に様々な着色ができる琺瑯加工で、GEAR MISSIONの特徴である独自のカラーを実現。

    淡白なカラー展開の多い焚火台の中で存在感を発揮する。また、すでに持っているキャンプギアの中にも自然に馴染むのもいい。

    (2) 使うときもしまうときもシンプル&スマート

    コンパクトで、持ち運びにも便利。

    収納バッグにコンパクトに収まるので、大きなスペースを使わずに持ち運び可能。

    使用時は収納袋から出して、折り畳み脚を立てるだけで設置できる。また、側面パネルが取り外せるので、本体横から簡単に灰捨てができる。

    (3) 薪割り不要 薪をそのまま入れられる絶妙なサイズ感

    よく考えられた仕様。

    一般的な35cm の薪であれば、そのまま入れられる絶妙なサイズ感。

    組立てや薪の準備が簡単なので使いたいときすぐに使える。

    (4)2次燃焼の美しく豊かな炎

    美しい炎に癒される。

    高い燃焼効率の2次燃焼によって、煙やニオイが少なく、炎は豊かで美しい。

    コヨーテブラウン。

    オリーブグリーン。

    保管時は収納袋に入れておける。

    販売価格:24,750円(税込)
    色調:(G)オリーブグリーン、(T)コヨーテブラウン ※コヨーテブラウンはトヨトミ公式オンラインストア限定販売
    外形寸法:高さ220mm×幅357mm×奥行149mm(燃焼室:奥行100mm)
    質量:約4.0kg
    耐荷重:約6.0kg
    燃料:薪
    材質:本体内部・ロストル;ステンレス/化粧板;鉄・琺瑯 脚:鉄・塗装
    同梱品:収納袋
    別売品:焚火台専用ゴトク

    GEAR MISSIONシリーズ待望のストーブ用ゴトク

    トヨトミのストーブ専用のゴトク。

    今回、発売されたのは、「GEAR MISSION」の人気モデル「KS-GE67」と「RRタイプ(RR-GER25・RR-GE25)」、それぞれ専用のゴトク。

    湯沸かしはもちろん、高い火力で普段はできないような料理もつくれる。

    直接置くより汚れが少なく、火加減の調節もできる。

    石油ストーブの天板にそのまま鍋やケトルを置くと、こすり傷ができたり、吹きこぼれによって汚れたりするが、ゴトクを使用すると鍋が天板に直接触れることがないので、傷や汚れがつきにくくなる。

    ゴトクを横からみた形。

    さらに、ストーブに直に置くことによる過熱を防ぎ、適切な火加減で調理ができる。

    「GEAR MISSION」の特徴的なカラー、オリーブグリーンやコヨーテブラウンに馴染むマットなブラックの色調で、耐熱塗装によって塗膜が劣化しにくいため、腐食や変色を防ぎ、外観を長く維持できる。

    マキネッタを直接置いて、おいしいコーヒーを。

    見た目にも機能的にもストーブの魅力を一段引き上げてくれるのはうれしい。

    KS-GE67専用ゴトク

    販売価格:5,500円(税込)
    外形寸法:高さ77mm×幅334mm×奥行334mm
    質量:約0.8kg
    耐荷重:約10kg
    材質:鉄
    表面処理:耐熱塗装

    RR-GER25・RR-GE25専用ゴトク

    販売価格」4,400円(税込)
    外形寸法:高さ58mm×幅212mm×奥行212mm
    質量:約0.4kg
    耐荷重:約10kg
    材質:鉄
    表面処理:耐熱塗装

     

    美しい炎で癒されそう

    70年以上に渡り、燃焼機器の開発をおこなってきたトヨトミだからこそ見ることができる美しい炎で、日々の疲れを癒したい。ソロ・デュオキャンプがいっそう楽しくなりそうだ。

    NEW ARTICLES

    『 焚き火・火おこし道具 』新着編集部記事

    TOKYO CRAFTS(トウキョウクラフト)/マクライト2 

    2024.06.20

    “熾火”を思いっきり楽しめる薄暮舎の「熾火台」はこだわりのデザインと手軽さが魅力!

    2024.06.18

    A Productの焚き火台「iron oven」レビュー!ピザやステーキも楽しめるオーブン機能付き

    2024.06.17

    気軽に焚き火を楽しみたい!を叶える折りたたみ式焚火台「Butterfly Fire Stand」はいかが?

    2024.06.15

    ベルモントの焚き火台「TABI」の魅力を解説!超軽量&コンパクトで料理にもピッタリ

    2024.06.12

    100均の焚き火シートを活用!ダイソー・セリア・キャンドゥ各社のシートを紹介

    2024.06.11

    焚き火ベストは何が便利?おすすめのポイントと商品を余すところなく紹介!

    2024.06.02

    ソロストーブのレンジャーをおすすめする理由!特徴から拡張アクセサリーまで紹介!

    2024.05.25