テントファクトリーは初心者に最適!注目のギアを厳選紹介 | テント 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • PR

    テント

    2024.05.21

    テントファクトリーは初心者に最適!注目のギアを厳選紹介

    『テントファクトリー』というアウトドアブランドを知っていますか?『高品質』『コスパ抜群』という言葉にピンときたら、テントファクトリーのキャンプギアがおすすめです。幅広い層に支持される人気の理由と、注目のギア11選を詳しく紹介します。

    テントファクトリーの魅力

    テントファクトリーはまだ歴史が浅いながらも、アウトドアのリーダー的ブランドとして人気を集めています。まずは、その魅力について探ってみましょう。

    アウトドアギアをトータルプロデュース

    テントファクトリーは、2012年に創業して以来、キャンパーに愛されるブランドへと成長してきました。人気の秘密は、テントやタープをはじめとする、幅広いアウトドアギアのトータルプロデュースにあります。

    「テントはこのブランド」「グリルはこちら」と、こだわりのギアを選ぶのも楽しいですが、手持ちの道具を持たないキャンプ初心者にとっては、少しハードルが高いものです。

    テントファクトリーであれば、テントから雑貨まで、アウトドアシーンの必需品が一気にそろえられます。一つのブランドにまとめることで、簡単に統一感のあるコーディネートができるのもうれしいポイントです。

    高品質・低価格でコスパ抜群

    もう一つの大きな魅力は、コストパフォーマンスの高さです。テントファクトリーは、工場直販のオンライン販売を採用したり、むやみな宣伝を省いたりすることで徹底的にコストカットし、高品質ながらも低価格な商品を提供しています。

    また、日本企業が企画を担い、顧客からのフィードバックや最新トレンドを取り入れているため、ユーザー視点で「使いやすい」と感じる商品作りを実現しています。

    活発な意見交換から生まれた、一風変わったアイテムも見逃せません。『手の届きやすい価格帯』『耐久性と機能性』の好バランスが、多くのキャンパーの注目を集める理由といえるでしょう。

    テントファクトリーのおすすめテント3選

    キャンプにおいて、拠点となるテント選びは最重要といっても過言ではありません。テントファクトリーから、特におすすめの3種類のテントを紹介します。

    フォーシーズントンネル2ルームテント

    オールシーズン利用可能で、前室・後室の2ルーム構造が魅力の『フォーシーズントンネル2ルームテント』は、家族や友人とのキャンプに最適です。

    最大の特徴は、タープなしでリビングスペースを作れることです。リビングエリアは開放的で、みんなで集まって食事をしたり、ゲームを楽しんだりするのに十分なスペースがあります。

    設営方法はシンプルで、初心者でもすぐに慣れるでしょう。春夏秋冬を問わず快適に過ごせる上に、アウターテントは耐水圧約3,000mmで多少の雨はものともしない頼りになるテントです。

    • 商品名:フォーシーズントンネル2ルームテント
    • テントファクトリー公式サイト:商品はこちら

    テントファクトリー
    フォーシーズントンネル2ルームテント

    サイズ:5600×2550×1900(h)mm 重量:15.5kg(付属品全て含む)


    ブルーウィンド トンネル2ルームテントLA

    2ルーム構造になっており、リビングスペースと寝室を分けられるため、プライバシーを守れます。内部は広々としており、家族や友人と一緒に快適に過ごせるでしょう。

    先の商品『フォーシーズントンネル2ルームテント』との違いは、アウターテントにブラックコーティング加工をした『ブルーウィンド』を使用していることです。この加工によって遮光性・遮熱性を高め、真夏の日差しの下でもテント内を快適に保ちます。

    付属の『トップルーフUV』を併用すれば、さらに遮光性・耐水性を高めることが可能です。『ブルーウィンド』は室内の空気が冷えるのも防げるため、寒い時期にも活躍します。テント内の過ごしやすさにこだわりたい人に、おすすめのアイテムです。

    • 商品名:ブルーウィンド トンネル2ルームテントLA
    • テントファクトリー公式サイト:商品はこちら

    テントファクトリー
    ブルーウィンド トンネル2ルームテントLA

    サイズ:5600×2550×1900(h)mm 重量:13.6kg(付属品全て含む・トップルーフ除く)


    Hi-TC ワイドワンポールテントR1

    ソロキャンプを楽しみたい人には、『Hi-TC ワイドワンポールテントR1』がおすすめです。複雑な作業は不要で、1人でも簡単に設営できます。扱いに慣れれば、迅速にテントを立ち上げることができるでしょう。

    フライシートには、ポリエステルとコットンの混紡繊維で作られた、高機能なオリジナル素材『Hi-TC』を使用しています。耐水圧は約2,000mmとなっており、耐久性・遮光性・断熱性だけではなく、耐水性にも不足はありません。

    ワンポールテントながらも内部は広いため、荷物をしっかりと収納できます。収納サイズは約68×26×26cmとコンパクトで持ち運びやすく、ハイキングやバイクキャンプでも便利に使えそうです。

    • 商品名:Hi-TC ワイドワンポールテントR1
    • テントファクトリー公式サイト:商品はこちら

    テントファクトリー
    Hi-TC ワイドワンポールテントR1

    サイズ:4600×3900×2800(h)mm  重量:12.4kg(付属品全て含む)


    テントファクトリーのおすすめタープ2選

    タープは、日よけや雨よけだけではなく、プライバシー確保にも役立つアイテムです。快適なキャンプのために備えておきたい、高い機能性を持つ優秀なタープを二つ紹介します。

    Hi-TC ワイドヘキサゴン タープ470

    ファミリーやグループでのキャンプには、広々とした陰を作り出す『Hi-TC ワイドヘキサゴン タープ470』がおすすめです。

    幅約470cmの広範囲をカバーできるため、大人数のキャンプでも十分な日陰スペースを用意できます。ポールのサイズや本数によって、さまざまな形状に対応可能です。

    Hi-TCは一般的なTC素材よりも厚みがあり、夏はより涼しく、冬はより暖かく過ごせます。コットンの優しい風合いを感じられる生地で、ナチュラルなコーディネートが好きな人にうってつけです。

    • 商品名:Hi-TC ワイドヘキサゴン タープ470
    • テントファクトリー公式サイト:商品はこちら

    テントファクトリー
    Hi-TC ワイドヘキサゴン タープ470

    サイズ:4700××4200mm 重量:3.7kg(付属品全て含む)


    BWスカイオーバータープ500

    使いやすさとレイアウトの自由度を重視するなら、『BWスカイオーバータープ500』がおすすめです。八角形のオクタタープで、ヘキサタープよりもカスタマイズ性が高くなっています。

    テントを覆うように設置すれば雨風を防ぎやすくなり、ポールやガイロープを利用すればより広々としたリビングを作れます。ポールが増えるので設営は大変になりますが、汎用性の高さはピカイチです。

    ブラックコーティング加工が施された『ブルーウィンド』仕様により、遮光性にも優れています。軽量で耐水性も高いため、さまざまなシチュエーションで活躍するでしょう。

    • 商品名:BWスカイオーバータープ500
    • テントファクトリー公式サイト:商品はこちら

    テントファクトリー
    BWスカイオーバータープ500

    サイズ:5000×4550mm 耐水圧:3000mm 重量:1.8kg


    テントファクトリーの「食」アイテム2選

    アウトドアでは、キャンプ飯の楽しみも欠かせません。食事スタイルの幅が広がり、キャンプをより一層楽しむことができる、二つの『食』アイテムを紹介します。

    メタルクーラースチールボックスM

    約29Lの容量を持つ、断熱性能の高いクーラーボックスです。高密度ウレタンフォームが使用されており、長時間にわたり飲食物を冷たく保つことができます。

    サイドには、積み降ろしに便利な取っ手付きです。肩掛けストラップが付いていないため、長距離の持ち運びに向いていないという欠点はあるものの、スッキリとした見た目はサイトをスタイリッシュな雰囲気にしてくれるでしょう。

    メンバーが3人以上であれば、容量の大きいLサイズ(約51L)の方が使い勝手がよいかもしれません。飲食物の量や人数に応じて、サイズを選択しましょう。

    • 商品名:メタルクーラースチールボックスM
    • テントファクトリー公式サイト:商品はこちら

    テントファクトリー
    メタルクーラースチールボックスM

    サイズ:奥行31×幅47×高34.5cm 重量:5.87kg


    スチールワークスフリー4セット 1000

    アウトドアでの食事をより便利で快適にするための、スチール製テーブルセットです。4台の細長いテーブルを自由に組み合わせて使えるため、場に応じた形にアレンジできます。

    例えば、グリルを中心にして周囲に設置すれば、手元に食器や調理器具を置いて、囲炉裏を囲むように料理を楽しめるでしょう。食事の準備もぐっと楽になります。

    テーブル1台の耐荷重は約20kgですが、並べて重さを分散すればそれ以上の重さにも耐えられます。重量によっては、地熱対策にクーラーボックスを載せておくことも可能です。

    • 商品名:スチールワークスフリー4セット 1000
    • テントファクトリー公式サイト:商品はこちら

    テントファクトリー
    スチールワークスフリー4セット 1000

    サイズ:675×675×185(h)mm


    テントファクトリーの「憩」アイテム2選

    キャンプの醍醐味といえば、自然の中でゆったりとくつろぐ時間です。アウトドアシーンをより快適に彩る、機能的かつデザイン性に富んだ、憩いのアイテムを紹介します。

    EUCAロールトップテーブル780

    ブラウンとベージュの組み合わせが目を引く、バイカラーのテーブルです。色味が違うのは、ユーカリとポプラの2種類の木材を使用しているためです。

    ほかではあまり見ない個性的なデザインで、ナチュラルなサイトの雰囲気を格上げしてくれます。何気なく置いて食事を並べるだけで、ぐっとおしゃれな印象になるでしょう。

    約78×58×42cmとローテーブルとして使用するサイズ感であるため、キャンプサイトはもちろん、自宅のサイドテーブルとして使用するのにもぴったりです。

    • 商品名:EUCAロールトップテーブル780
    • テントファクトリー公式サイト:商品はこちら

    テントファクトリー
    EUCAロールトップテーブル780

    サイズ:80×580×420(h)mm


    TFローバーチェアMH

    アウトドアで今注目されているのが、耐久性と携帯性に優れた『ローバーチェア』です。もともとは軍用のトラックに積むために作られたもので、実用性の高さからさまざまなシーンで活用されるようになりました。

    こちらは重量約2.7kgと軽量で持ち運びやすいため、子どもでもキャンプサイトの準備に参加できます。軽量ながらもしっかりとしたアルミ製のフレームを採用しており、耐久性も抜群です。

    座面高は約38cmで、ハイポジション・ローポジションの両方にマッチします。座り心地も考慮されており、長時間座っていても疲れにくいでしょう。

    • 商品名:TFローバーチェアMH
    • テントファクトリー公式サイト:商品はこちら

    テントファクトリー
    TFローバーチェアMH

    サイズ:545×595×820(h)mm 重量:2.7kg 座面高:38cm


    テントファクトリーの「眠」アイテム2選

    キャンプでの夜は、日々の喧騒から離れ、自然の中で静かに休息を取る大切な時間です。質のよい睡眠をサポートするために欠かせない、よりすぐりの2商品を紹介します。

    スパイダーアクションベッド

    テントやタープなど、設営しなければいけないものが多いキャンプでは、手間のかからない家具を選びたいものです。こちらは収束式のベッドで、押し広げるだけで簡単に設置できます。

    耐荷重は約80kgと、大人でも安心して使用できます。見た目はスマートですが、強度と安定感は申し分ありません。長椅子や荷物置き場としても使えるため、非常に便利です。

    PVCコーティングを施したポリエステル素材でできており、水をはじきます。うっかり飲み物をこぼしてしまっても、一拭きすれば染みになることもありません。

    • 商品名:スパイダーアクションベッド
    • テントファクトリー公式サイト:商品はこちら

    テントファクトリー
    スパイダーアクションベッド

    サイズ:幅70×奥行191×高さ48cm


    ウェルナイトインフレートマット5

    外で過ごす夜を快適にするためには、地面の硬さや冷えを軽減することが重要です。こちらは空気で約5cmの厚さまで膨らみ、収納時には約66×14×14cmと非常にコンパクトになります。

    バルブを開くと自動的に空気を吸い込むため、ポンプを用意する必要はなく、空気を注入する手間もかかりません。

    ファスナーで複数のマットを連結可能で、ひと続きの大きな寝床を作れます。ファミリーキャンプでも、安心して真ん中に子どもを寝かせておけるでしょう。

    • 商品名:ウェルナイトインフレートマット5
    • テントファクトリー公式サイト:商品はこちら

    テントファクトリー
    ウェルナイトインフレートマット5

    収納サイズ:19×19×65cm 重さ:1kg


    まとめ

    これからキャンプギアを購入するなら、テントファクトリーでそろえるのがおすすめです。アウトドアギアをトータルプロデュースしているブランドで、初心者から上級者まで幅広い層に支持されています。

    人気の理由は、高品質かつお手頃価格であるところです。工場から顧客に直販することでコストを省いているため、安くても使いやすさにはこだわっています。

    テントやタープのほかにも、食事・憩い・睡眠などに関連するアイテムが充実しているので、気に入るものが見つかるでしょう。

    あわせて読みたい

    TENT FACTORY (テントファクトリー) / スパイダーアクションベッド(NBL)

    TENT FACTORY(テントファクトリー) /スパイダーアクションチェア

    TENT FACTORY(テントファクトリー)/EUCAロールトップテーブル780

    TENT FACTORY(テントファクトリー)/FDグリル32 耐熱500

    TENT FACTORY(テントファクトリー)/スパイダーツインアクションチェア

    TENT FACTORY(テントファクトリー)/メタルクーラー スチールボックスL

    TENT FACTORY(テントファクトリー)/メタルメッシュ3Dテーブル120

    NEW ARTICLES

    『 テント 』新着編集部記事

    ファミリー向けワンポールテントおすすめ15選|設営カンタンで広々!選び方も解説

    2024.06.16

    ソロ向けワンポールテントおすすめ7選|軽量コンパクト、TCタイプも紹介

    2024.06.12

    ソロキャンに!VASTLAND「カンガルーテント」なら自由度の高い快適キャンプが思いのまま

    2024.06.10

    ロッジ型テントおすすめ12選|2ルームやTC素材も!人気モデルを紹介

    2024.06.03

    公園向けテント12選|簡単に設営・撤収!日差しや雨を遮り快適に過ごせるテント特集

    2024.06.02

    ソロテントのおすすめ25選!人気ランキングやアワードでプロの推しをチェック

    2024.05.31

    山岳テント最強はどれ?ベストバイアイテムを徹底解析

    2024.05.26

    テントの種類はどのくらい?それぞれの特徴から選び方まで解説

    2024.05.21