約70年周期のポン・ブルックス彗星を見よう!見頃は4月10日前後、日没後の西の空に注目 | 自然観察・昆虫 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 自然観察・昆虫

    2024.04.05

    約70年周期のポン・ブルックス彗星を見よう!見頃は4月10日前後、日没後の西の空に注目

    画像:ESA

    4月上旬、日没後の西北の空にポン・ブルックス彗星が見られます。予想では5等級ほどの明るさになるので、目のいい人なら肉眼で、双眼鏡であれば確実に見られる明るさです。さあ、西の空に彗星を探しに!

    41011日が見ごろか

    ポン・ブルックス彗星は約70年周期でやって来る彗星です。天文学界の彗星リストでは「12P」と記されています。これは2回以上やって来たことが確認された12番目の周期彗星であることを意味します。周期彗星とは、一定の年数が経てばまた戻ってくる彗星ということです。ちなみに1Pはハレー彗星。約76年周期です。

    彗星の名前は、一部の例外を除いて発見者の名前です。しかし、ポン・ブルックス彗星はポン・ブルックス氏が発見したというわけなく、ふたりの天文学者の名前から成っています。ひとりはフランスの天文学者ジャン・ルイ・ポン。もう一人はアメリカの天文学者ウィリアム・ロバート・ブルックスです。ポンが1812年に、ブルックスが1周期後の1883年に発見しています。今回は1812年の発見から数えると4回目の到来です。

    ポン・ブルックス彗星は現在、日没の1時間後くらいに西北西の空、10度くらいの高さにあります。

    4月10日の日没後の西の空のポン・ブルックス彗星。木星を目印に探してみよう。(画像:ステラナビゲータ/アストロアーツ)

    ポン・ブルックス彗星が太陽に最接近するのは4月21日ごろです。彗星は氷の塊です。太陽に近づけば近づくほど、氷が蒸発して周りにガスを噴出し、それが太陽の光を反射するため明るくなります。

    それなら21日がいちばん明るく見えるのでは? と思われるかもしれません。しかし、地球から見ると太陽に近づきすぎて見えにくくなるのです。またこの時期は月明かりがジャマになります。4月は9日が新月。地平線からの高さも考えると、10日〜11日がベストと考えられます。

    西北西の空、ポン・ブルックス彗星の3月から4月の移動曲線。(画像:ステラナビゲータ/アストロアーツ)

    ほうき星の尾は見えるのか?

    彗星は5等級といっても、5等級の星の見え方とは異なります。星は1点ですが、彗星はぼやっと広がっているからです。西の方角が開けた暗い場所であれば肉眼でも見えるかもしれませんが、その他の条件であれば双眼鏡が必要です。

    観察方法の基本として、事前に、星空のシミュレーションアプリで位置を確認しておきましょう。4月の上旬なら木星がいい目印になります。10日前後なら、木星の少し右下の位置にポン・ブルックス彗星があります。

    初めて彗星を生で見る人にとって、彗星はかなり見つけにくい天体です。天体写真で見るような尾を引いた姿をしているわけではありません。ボヤッ、モヤッとしか見えませんので、彗星と気づかずに見逃してしまうのです。

    双眼鏡の視野に何か見慣れないものが入ったら、そこで手を止めて位置を確認、彗星かどうか、見きわめましょう。位置的にポン・ブルックス彗星だ! と確認できた時の喜び。想像がつきません。

    「ほうき星」と呼ばれるように、彗星の特徴は尾を引いていることです。今回のポン・ブルックス彗星も、写真でははっきりとした尾が確認されています。しかし、氷の塊である彗星本体の周りにボヤッと広がる「コマ」の部分に比べると、尾はとても淡いものです。双眼鏡ではっきりととらえるのは難しく、せいぜい「コマがまん丸ではなく、どちらか一方向に伸びている」のがわかる程度だと考えてください。尾は太陽と逆の方向に引くので、ほぼ天頂の方に伸びています

    ポン・ブルックス彗星はどこから来てどこへ帰るのか?

    ところで、今年、太陽に戻って来たポン・ブルックス彗星は、どこからやってきたのでしょうか。

    多くの彗星の故郷は太陽系のいちばん外側、「オールトの雲」と呼ばれる領域です。太陽から数万天文単位(1天文単位は太陽から地球までの距離で約1億5000万km)も離れた場所で、多くの謎に包まれた氷の世界です。そこは氷でできた微惑星の集まりで、ここから長期の周期性の彗星が飛んでくると考えられています。

    長周期彗星は太陽系の一番外側「オールトの雲」からやって来る。ポン・ブルックス彗星は短周期に分類され、エッジワース・カイパーベルトからやって来ると考えられる。(画像:国立天文台天文情報センター)

     一方、ポン・ブルックス彗星の約70年という周期は、彗星の中では「短周期」に分類されます。短周期彗星の起源はオールトの雲よりもう少し内側の、「エッジワース・カイパーベルト」と呼ばれる領域だと考えられています。エッジワース・カイパーベルトは海王星よりも外側で氷天体が円盤状に集まっている領域で、準惑星の冥王星やエリスなども含まれます。

    70年かけてこの春、太陽に戻って来たポン・ブルックス彗星は、その後、また海王星軌道の外側へ向かっていくと考えられます。人によっては、また70年後に観察できるかもしれませんが、一期一会と思って、410日前後、日没後の西の空に注目しましょう。 

    構成/佐藤恵菜

    私がガイドしました!
    星空案内人
    廣瀬匠
    星空案内人 天文系ライター。株式会社アストロアーツで天文ニュースの編集などに携わる。天文学の歴史も研究していて、パリ第7大学で古代インドの天文学を 扱った論文で博士号を取得。星のソムリエ®の資格を持つ案内人でもある。アストロアーツより、宇宙の不思議に出会うモバイルアプリ「星空ナビ」が好評発売中。

    NEW ARTICLES

    『 自然観察・昆虫 』新着編集部記事

    雑草一筋23年! 雑草博士・阿部拓也さんが教える「ご近所フィールドワーク」のすすめ

    2024.05.30

    「チョウを追いかけると天国にいける!」40すぎて昆虫採集にどハマりした元ビーパル編集者の激白

    2024.05.25

    身近な草が分かると人生が変わる!Googleレンズの使い方を知って「雑草散歩」してみよう

    2024.05.21

    初夏の夜空にうねうねと続く「うみへび座」を探してみよう!近くには「コップ座」も!?

    2024.05.19

    食べ方は?どんな花が咲く?牧野富太郎が命名した「ギョウジャニンニク」

    2024.05.17

    春は銀河がいっぱい!注目は千以上密集する「おとめ座銀河団」とお隣の「マルカリアンの鎖」

    2024.05.01

    今日爆発でもおかしくない!「かんむり座T」で新星爆発の目撃という一生ものの天文体験ができる

    2024.04.29

    “三大そのへんの草”セリ、ノビル、カラシナの食べ方は?おいしい野草料理レシピを5つご紹介

    2024.04.29