日産・キャラバンがベースのキャンピングカー「UTONE300」は上下2段ベッドが広いぞー! | キャンピングカー・車中泊 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • キャンピングカー・車中泊

    2024.03.24

    日産・キャラバンがベースのキャンピングカー「UTONE300」は上下2段ベッドが広いぞー!

    憧れのバンライフを叶えるキャンピングカーは日夜進歩し、今年もニューモデルが続々登場。
    今回は日産・キャラバンをベースとするバンコンをご紹介!

    バンライフ的な作りが魅力のシリーズ「UTONE」の第3弾!

    ANNEX「UTONE300」

    ANNEX「UTONE300」全長×全幅×全高:4695×1695×1990mm。乗車人数:7人/就寝人数:4人

    以前に紹介してきたアネックスの新バンコンシリーズ「UTONE(ウトネ)」はハイエースベースの「UTONE500」とNV200バネットベースの「UTONE200」でしたが、新たにキャラバンをベースにした「UTONE300」が誕生しました。

    そこで、今回はこのウトネ300の魅力に迫ろうと思います。

    このウトネというシリーズはバンライフ的な作りが魅力で「ウゴク・トドマル・ネル」の頭文字が由来となっており、フィールドベースとしてさまざまな旅や遊び、仕事などに使えるモデルがコンセプトになっています。

    家具の作り込みの高さや車内の雰囲気などはシリーズ共通

    リビングモード

    セカンドシートを反転させたリビングモード。セカンド&サードシートは好みの位置にセットできるほか、テーブルもスライド調整が可能。冷蔵庫やスイッチ類も手に届きやすい位置にあるので便利。

    ベース車両は日産・キャラバンのバン5ドアDXグレード。5mを切る全長に全幅も1,695mmと大き過ぎないサイズで、ワイドボディほど運転に気を遣うこともないのが魅力。

    ウトネの前身「RIW(リュウ)」シリーズから引き継がれるクルマとアウトドアの「ソトとナカ」という垣根をなくしたいというコンセプトはそのままで、8ナンバー(キャンピングカー登録)モデルですが、土足のまま車内へ出入りできる設計。床部分もウッド調の重歩行フロアが採用されており、サービスホールの部分は縞鋼板になっています。

    REVOシート

    セカンド&サードシートはREVOシートを採用。移動中は全員が前向き乗車できる。

    ロングスライドレール

    ロングスライドレールにより、最長で約2mのフロアが出現。荷物の多いシーンでも安心。

    セカンドとサードシートにはキャンピングカー専用のREVOシートを採用。シート展開がしやすく、フラットモードも簡単に行えるので休憩や就寝なども苦労ないのがうれしいところです。またセカンド&サードシートはバタフライタイプなので座面を跳ね上げられることができ、フロア一杯にロングスライドレールが備わっているのでシートを一番前に移動させれば、目一杯荷室を使うことも可能。荷物の多い人にはうれしい機能となっています。

    レイアウトはシリーズ共通で右側にロングカウンターを装備。ここに収納スペースやキッチン、電装システムなどがスマートにまとめられているため、余計なキャビネットなどを装備する必要をなくし就寝スペースをしっかりと確保することに成功しています。

    そんなロングカウンターはフレーム部に軽量かつ高強度なアルミを採用し、耐腐食性やリサイクル性も実現。さらにカウンターの天板部やテーブルには北海道産シラカバ間伐材を利用。仕上がりの美しさに加えて、ホルムアルデヒドのないノンホルマリン接着剤を使用することでシックハウス症候群対策もばっちり。

    電装システムや給排水タンク

    ロングカウンター内には電装システムや給排水タンクが収まるほか、収納スペースにもなっている。

    ベッドモード

    セカンド&サードシートを展開してベッドモードに。サイズは2,000×1,140mm。幅は一般的なセミダブルサイズの1,200mmをわずかに下まわるが背の高い人にも対応する2mの長さは魅力的。

    標準装備の上段マッ

    標準装備の上段マット。ここは1,800×1,500(最大)mmあり、大人2人でも余裕で就寝できるサイズを確保。天井までも500mmの高さがある。

    オプションも豊富でさまざまな使い方に対応できる

    装備については、キッチンまわりではFRPシンクに上開き式の40L冷蔵庫をカウンター内にビルドイン。電装系は80Ahサブバッテリー&走行充電システムが標準装備されています。家具についてはYUDAI IRON WORKS製のアイアンバーが備わるほか、飾り板付きのLED照明などにより、車内も落ち着いた印象。

    ウトネ200500にオプションで用意されているポップアップルーフの設定は残念ながらありませんが、リヤクオーターウインドウ用の有孔ボードや電装システムの強化、FFヒーターといったさまざまな快適装備はオプションで用意されているので自分に合った使い方で選べるようになっています。

    スリムタイプのFRPシンク

    シンクはスリムタイプのFRPシンクを搭載。コップを洗ったり歯磨きなどにちょうどいいサイズ。

    冷蔵庫は冷気が逃げにくい上開き式

    冷蔵庫は冷気が逃げにくい上開き式をビルトイン。40Lの容量で飲み物以外にも食材やお土産などを入れておけるサイズ。

    有孔ボードはオプション

    アイアンバーは標準装備。好みのアイテムを引っかけたりできる有孔ボードはオプション。

    吊り下げ式の飾り板付きLED照明

    吊り下げ式の飾り板付きLED照明は調光機能付き。スピーカーも標準装備。

    価格については5401000円(2WD・ガソリン)〜。充実した標準装備に加え、家具類の作り込みの完成度の高さなどを勘案すると、とても買い得感の高いモデルといえるのではないでしょうか。

    問)アネックス

     

    私が書きました!
    編集者・ライター
    伴 隆之
    大学卒業後、自動車専門誌の編集者として勤務し、その後独立。1999年から2年ほどカリフォルニアに住んでいたこともあり、アウトドアと旅が趣味。ニュージーランドでのキャンピングカー旅が特に好きで南北計4回ほど走破。現在は旅やキャンピングカーを中心にアウトドアやオートバイなどの誌面や動画を製作。愛車は1967年式イノチェンティ・ランブレッタと日産エルグランドをベースに自身で製作した車中泊カー。他誌にて全国のRVパークを巡り、その魅力を紹介中。

    NEW ARTICLES

    『 キャンピングカー・車中泊 』新着編集部記事

    キャンピングカーの内装に注目!バンや軽、DIYスタイルまで一挙紹介

    2024.04.14

    新型キャンピングカー「ベルーガ」は普段使いもイケる!フレックスのハイエースがベース 

    2024.04.13

    最安グレードは180万円台!軽キャンパー「ミニチュアクルーズ」の姉妹モデル、「ミニチュアボックス」の中身は?

    2024.04.02

    キャンピングカー「フィーカ」はハイエースの広さを生かした8人乗車・3人就寝仕様だ!

    2024.03.13

    winpy-jijiiさんが夫婦で改造したキャンピングカーがすごい!製作期間2カ月半、改造費30万円以下

    2024.03.04

    キャンピングカーの中でなに食べてる?子連れ車中泊旅のリアルな食事事情をご紹介

    2024.02.18

    アネックスのポップアップルーフ付きキャンピングカー「UTONE(ウトネ)500-ER」はハイエースで多人数就寝を実現!

    2024.02.18

    ジャパンキャンピングカーショー2024の新モデルを一挙公開!軽やコンパクトワンボックスも熱い

    2024.02.14