ダイソーの「エア弁付シリコーン蓋」が便利すぎっ!家でもキャンプ飯作りでも大活躍の理由 | 調理器具・食器 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 調理器具・食器

    2024.03.03

    ダイソーの「エア弁付シリコーン蓋」が便利すぎっ!家でもキャンプ飯作りでも大活躍の理由

    キャンプ飯作りではフライパンやスキレット、土鍋などさまざまな調理器具を使用しますよね。

    その際、「蓋を現地で使いたいけれど、蓋は持ち運ぶときにかさばるんだよな…」と思ったことはありませんか?

    そんなときに便利なのが、ダイソーの「エア弁付シリコーン蓋」です。

    バッグにもスリムに収納できるのでまさにキャンプ向き。

    今回はキャンプ飯作りの負担をちょっとだけ減らしてくれる、エア弁付シリコーン蓋の魅力をご紹介します!

    ダイソーのエア弁付シリコーン蓋は薄くて万能

    ダイソーのエア弁付シリコーン蓋23cm

    直径23cmのダイソーのシリコーン蓋は、小さい鍋におすすめのサイズです。

    ダイソーのエア弁付シリコーン蓋は、その名の通りシリコーンでできた調理器具用の蓋です。

    フライパン調理や電子レンジの使用も可能で、保存蓋としても使用できます。

    耐熱温度は230度Cで、耐冷温度は-30度C。そのため、一般的な冷凍・加熱調理であれば使用可能です。

    ダイソーのエア弁付シリコーン蓋30cm

    直径30cmのシリコーン蓋はファミリーサイズの鍋にちょうど良いサイズです。

    サイズは2種類で、直径23cmと直径30cmのものがあります。ミニサイズのフライパンやファミリー用の大きめのフライパンなど、使用している調理器具に合わせて選べます。

    価格は23cmが税込みで220円、30cmが330円となっており、100円商品ではありませんが一般的に売られているフライパン用の蓋に比べればお手頃価格。

    また、今回ご紹介しているものは丸型ですが、スクエア型のエア弁付シリコーン蓋もあります。

    カラーは写真の白の他に黒があるので、サイズによって色を変えるなどすれば、使うときに一目でわかりやすくておすすめです。

    ダイソーのエア弁付シリコーン蓋

    表面はマットな質感で、裏面は写真のようにツルツルしています。

    シリコーン素材なので軽量で、薄い蓋ですが、冷凍も加熱にも使用できて持ち運びにも便利。まさに、万能調理器具といえるでしょう。

    キャンプで定番の調理器具との相性も抜群!

    そしてこのダイソーのエア弁付シリコーン蓋は、キャンプでも大活躍の調理器具です。

    実際に、筆者がキャンプ飯作りで使用しているエア弁付シリコーン蓋と相性抜群の調理器具をご紹介します。

    スキレット

    スキレット

    使用しているスキレットの直径は約21.5cmで、23cmのエア弁付シリコーン蓋がぴったりハマります!

    料理の見栄えもよくしてくれるキャンプで人気のスキレットは、蓋のないものがほとんどです。そんなときダイソーのエア弁付シリコーン蓋が大活躍。

    たとえば、餃子や鶏肉や豚肉にしっかり火を通したいときなど、出番です。

    スキレット、エア弁付シリコーン蓋23cm

    シリコーン素材でしっかり密着してくれるので、多少サイズが大きくても十分、蓋として使えます。

    エア弁付シリコーン蓋の持ち手はさほど熱くはならないので、熱伝導率のよいスキレット調理でも扱いやすく、蓋がないときよりも効率よく調理できて便利です。

    マルチグリドル

    マルチグリドル、エア弁付シリコーン蓋30cm

    マルチグリドルのほうが少し大きいですが、蓋としての役割はしっかりと果たしてくれています。

    エア弁付シリコーン蓋は、近年キャンプ飯作りの定番調理器具になりつつあるマルチグリドルとも相性抜群!

    マルチグリドル、収納ケース、エア弁付シリコーン蓋30cm

    スリムなのでキャンプに持っていくのを忘れないように、一緒に収納しておくこともできます。

    マルチグリドルの専用の蓋が続々登場していますが、エア弁付シリコーン蓋は薄いのでケースに一緒に収納することもできます。

    ちなみに、筆者は30cmサイズのエア弁付シリコーン蓋をマルチグリドル用として愛用中です。

    ミニフライパン

    ミニフライパン、エア弁付シリコーン蓋23cm

    先ほどご紹介したスキレットほどのサイズのフライパンには23cmのエア弁付シリコーン蓋がぴったりでした。

    軽量でコンパクトなミニフライパンを、ソロキャンプで使用する方も多いのではないでしょうか。

    エア弁付シリコーン蓋の23cmは、もちろんミニフライパンにも使用可能。

    アルミホイルを蓋代わりにすると、風で飛んでいってしまうことがありますよね。さらに、アルミホイルを使うとゴミも増えてしまいます。その点、エア弁付シリコーン蓋は風で飛ばされにくく、繰り返し使えてエコにもなるのです。

    エア弁付シリコーン蓋を使用するときの注意点

    メリットの多いエア弁付シリコーン蓋ですが、使用する際には注意点もあります。

    加熱調理時はエア弁を開ける

    ダイソーのエア弁付シリコーン蓋30cm、マルチグリドル

    エア弁は取り外し可能で保存目的で使用する機会がない場合は、安全のために外しておいてもいいかもしれません。

    エア弁付シリコーン蓋を加熱調理で使用する際は、必ずエア弁を開けて使ってください。

    筆者は一度、エア弁を開けずに加熱調理に使用してしまったことがありますが、蓋を明けた瞬間に蒸気で油がはねて火傷をしそうになったことがあります。

    使用する際は、必ずエア弁を開けて使うようにしましょう。

    自然乾燥で乾かす

    耐熱温度は230度Cとはいえ、食洗機で乾かすと変形してしまう可能性があります。

    エア弁付シリコーン蓋は速乾性があるので、自然乾燥で十分乾きます。

    また、フックにかけられる穴が付いているので、吊り下げて乾燥してもいいでしょう。

    エア弁付シリコーン蓋でスマートなキャンプ飯作りを!

    ダイソーのエア弁付シリコーン蓋は汚れもスルッと落ちるので、お手入れも簡単です。

    調理だけでなく、後片付けや保管のストレスもなく使えるので、キャンプ飯だけでなく毎日の美味しい食卓作りをサポートしてくれますよ。

    ダイソー|エア弁付シリコーン蓋 23cm

    商品サイズ:23×24.2×3cm(23cm)
    内容量:1個入
    材質:シリコーンゴム
    カラー:白、黒
    用途:20、22cmフライパン、ボウル用
    耐冷・耐熱温度:ー30度Cから230度C

    ダイソー|エア弁付シリコーン蓋 30cm

    商品サイズ:30×31×3cm
    内容量:1個入
    材質:本体:シリコーンゴム
    種類:白、黒
    用途:26、28cmフライパン、ボウル用
    耐冷・耐熱温度:ー30度Cから230度C

    筆者、ゆるりえ

    私が書きました!
    アウトドアライター
    ゆるりえ
    毎月の夫婦キャンプが楽しみな転勤妻。かっこよくてお得なものが大好きで、頑張りすぎないキャンプがモットー!コスパ重視のキャンプギアレビューなど多数のアウトドア関連の記事を執筆。現在は九州でフリーライターとして活動中。

    NEW ARTICLES

    『 調理器具・食器 』新着編集部記事

    HARIOのおすすめコーヒーミルを紹介!アウトドア向けモデルも

    2024.04.20

    スノーピークマグカップ5選|保温保冷に優れ軽量丈夫な名品チタンマグ

    2024.04.20

    キャンプでのコーヒー時間がリッチに!ゼブランからアウトドアで使うガラスサーバーが登場

    2024.04.12

    アウトドアの食器問題を解決!原料は紙と漆でわずか14gと軽量、かつ丈夫な新感覚漆器はいかが?

    2024.04.11

    人気のライスクッカー5選|キャンプで簡単に美味しいご飯を炊こう!

    2024.04.09

    アウトドアで至福の料理が楽しめるおすすめ調理器具11選!自然に優しいテーブルウェアも紹介

    2024.04.05

    カルディで買えちゃう!小型で便利なアウトドア用クッカーが数量限定で登場

    2024.03.31

    スタッキングとは?キャンプで活躍する道具を一挙紹介!

    2024.03.23