ヘリーハンセンのリュックの魅力は?おすすめ商品を11個紹介 | アウトドアブランド 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • PR

    アウトドアブランド

    2024.03.31

    ヘリーハンセンのリュックの魅力は?おすすめ商品を11個紹介

    ヘリーハンセンのリュックは、シンプルでかっこいいデザインが目を引きます。ヘリーハンセンのリュックの購入を検討している人に向けて、ブランドの特徴やおすすめの商品を紹介します。アウトドアでもタウンユースでも使える汎用性が魅力です。

    ヘリーハンセンってどんなブランド?

    ヘリーハンセンとはどのようなブランドなのか、気になる人もいるでしょう。まずは、ヘリーハンセンのブランドとしての特徴や、優れているポイントを解説します。

    船乗りの防水服作りからスタートしたブランド

    ヘリーハンセンの歴史は古く、創業は19世紀にさかのぼります。1877年、ノルウェーの船乗りだったヘリー・J・ハンセンが、船乗りのための防水服メーカーを設立しました。

    翌年のパリ万国博覧会では、亜麻仁油をキャンバス生地に染み込ませた防水服を出展し、最優秀賞を受賞します。そこからは防水服の技術を応用し、消火バケツやライフジャケットなどに裾野を広げていきます。

    現在では創業から140年を超える、一大アウトドアブランドとしての地位を築くに至りました。

    高い防水性とデザイン性が魅力

    ヘリーハンセンのリュックの魅力は、なんといっても防水性にあります。防水性は同社のアイデンティティであり、アウトドアシーンで活躍すること間違いなしです。

    スキーヤーや登山家など、船乗り以外のアウトドア愛好家からも高い人気を博しています。ビジネスシーンでも、大事な書類を雨から守ってくれるでしょう。

    また、ヘリーハンセンのリュックはデザインがシンプルであり、日常使いでも悪目立ちしない点も優れたポイントです。タフな環境でもしっかり中身を守るリュックを探している人は、ヘリーハンセンのリュックは要チェックです。

    【アウトドア】ヘリーハンセンのリュック

    アウトドアにおすすめのヘリーハンセンのリュックを、3モデル紹介します。防水性はもちろん備えているので、デザインや容量など気に入るものを探してみましょう。

    ステティンド30

    アウトドアにぴったりなリュックです。ハイキング・登山に必要な機能が満載で、約30Lの容量を誇ります。

    背負ったときの快適さを追求し、通気性の高いメッシュバックパネルと調節可能なチェストベルト、ウエストベルトを搭載しています。フロントポケットにはオーガナイザーが付いており、鍵などの小物を整理しやすいでしょう。

    レインカバーも備えているため、突然の雨にも対応できます。サイドにはコンプレッションベルトがあり、トレッキングポールも固定できるため、長時間のアクティビティにもぴったりです。

    • 商品名:ヘリーハンセン「ステティンド30」
    • 公式サイト:商品はこちら

    ヘリーハンセン
    ステティンド30

    サイズ:H51×W31×D17cm 重量:約750g 容量:30L


    フィヨルドランド28

    レトロ感あふれるデザインが特徴のリュックです。デイリーユースからハイキングまで対応する約28Lの容量を持ち、耐久性に優れた600デニールのポリエステルオックス生地を採用しています。

    ウエストベルトは必要に応じて収納できるため、カジュアルシーンでもすっきりと持ち運べるでしょう。予期せぬ雨に対応できるよう、レインカバーも装備されています。

    背面にはノルウェー国旗をモチーフにしたエアメッシュバックパネルがあり、通気性も抜群です。1気室構造ではあるものの、フロントポケットにはオーガナイザーがあり、小物の収納にも困りません。

    • 商品名:ヘリーハンセン「フィヨルドランド28」
    • 公式サイト:商品はこちら

    ヘリーハンセン
    フィヨルドランド28

    サイズ:H50cm×W33cm×D18cm 容量:28L 重量:約760g


    ヨトゥンヘイム35

    軽量かつ耐久性が高い、本格的なアウトドア用リュックです。100デニールのナイロンリップストップ生地を採用し、UTSコーティングにより軽量かつ耐久力のあるリュックに仕上げました。

    通気性を確保した背面パネルは、快適な背負い心地を実現します。サイドからアクセス可能なメインコンパートメントやメッシュポケット、体への負荷を軽減するヒップハーネスとチェストベルトなど、機能性も抜群です。

    容量は約35Lで、日帰りハイキングから小屋泊まで対応できます。また、別売りのサコッシュによる容量拡張も可能です。サコッシュを取り付けることで雨よけにもなるため、幅広いアウトドアシーンで活躍するでしょう。

    • 商品名:ヘリーハンセン「ヨトゥンヘイム35」
    • 公式サイト:商品はこちら

    ヘリーハンセン
    ヨトゥンヘイム35

    サイズ:H52×W32×D15cm 容量:35L 重量:約870g


    【ビジネス】ヘリーハンセンのリュック

    (出典) unsplash.com

    黒を基調としたヘリーハンセンのリュックは、ビジネスシーンとの相性もよいでしょう。通勤にも使えるおすすめのリュックを、3モデル紹介します。

    オルスタッド デイパック

    ビジネスシーンにマッチするデイパックです。約25Lの容量に加えて、約16インチのPCが収納できる専用ポケットを備え、ビジネスパーソンの日常から出張までをサポートします。

    2気室構造で荷物を整理しやすく、伸縮性のあるメッシュポケットは周辺機器の収納に便利です。フロントには小物の整理に役立つオーガナイザーがあり、ショルダーハーネスの厚みあるパッドは長時間の移動をサポートします。

    スリムなシルエットは電車での持ち運びにも適しており、ビジネス利用におすすめです。

    • 商品名:ヘリーハンセン「オルスタッド デイパック」
    • 公式サイト:商品はこちら

    ヘリーハンセン
    オルスタッド デイパック

    サイズ:H49.5×W28×D20cm 容量:30L 重量:約710g


    シールドデイパック

    雨が内部に入る隙を与えない、防水性に優れたリュックです。ウェルダー技術によるシームレス構造で、水の浸入をブロックします。

    約22Lの容量とスタイリッシュなデザインを兼ね備え、コの字型開口部で荷物の出し入れが簡単にできるでしょう。背面のメッシュパネルは速乾性に優れ、汗をかいてもムレにくくなっています。

    PCを入れられるスリーブやメッシュポケットもあり、フロントの止水ファスナーポケットは小物の収納に便利です。夜間の視認性を高めるリフレクトロゴで、ビジネスからアウトドアまで幅広く対応します。

    • 商品名:ヘリーハンセン「シールドデイパック」
    • 公式サイト:商品はこちら

    ヘリーハンセン
    シールドデイパック

    サイズ:H50×W28×D23cm 容量:22L


    ウルリケン25

    カジュアルながらも、洗練されたデザインのリュックです。約25Lの容量で、日常使いから軽いアウトドアまで対応します。

    メインコンパートメントにはスリップポケットがあり、PC・書類などを入れるのに適しています。

    フロントには小物を分けて収納できる二つのコンパートメントと、両サイドにボトルポケットを備えているため、収納性もばっちりです。タウンユースになじむよう、ウエストベルトやチェストベルトはあえて搭載していません。

    カラーはセージ・ブラックの2色展開で、好みのものを選べます。約600gと軽量でありながら、どんなシーンにもマッチするモデルです。

    • 商品名:ヘリーハンセン「ウルリケン25」
    • 公式サイト:商品はこちら

    ヘリーハンセン
    ウルリケン25

    サイズ:47×30.5×17.5cm 容量:25L 重量:約555g


    【デイリー】ヘリーハンセンのリュック

    (出典) unsplash.com

    カジュアルシーンでの使用を想定している人に、おすすめのモデルを紹介します。日常を彩る、シンプルながらもおしゃれなデザインが特徴です。

    ルスラデイパック

    カジュアルでありながら、機能性に優れたリュックです。約30Lの容量はデイリーユースにぴったりで、フロントの止水ファスナーポケットは、アクセサリー類の整理に役立ちます。

    40デニールの3層生地を使うことによって、防水性と軽量性を実現しました。雨天時でも安心して使えて、街中でのショッピングから自然の中でのハイキングまで、あらゆるシーンに対応します。

    カジュアルな服装に合わせやすいだけでなく、ビジネスシーンでも活躍します。トップハンドルには滑り止め効果のあるハイパロン素材を使用し、持ち運びが容易なのもポイントです。

    • 商品名:ヘリーハンセン「ルスラデイパック」
    • 公式サイト:商品はこちら

    ヘリーハンセン
    ルスラデイパック

    サイズ:H45×W35×D20cm 容量:30L


    シールドロールバックパック

    スタイリッシュで、防水性に優れたリュックです。ロールトップタイプなので開口部が広く、簡単に荷物を出し入れできます。

    フロントのメッシュポケットはぬれたものの収納に便利で、リフレクト仕様のロゴが夜間の視認性を向上させます。背面パネルはメッシュ生地になっており、速乾性に優れているため長時間背負っても快適です。

    ウェルダー技術によりシームレス構造にすることで、水の浸入を大幅に軽減しています。街使いから海辺でのアクティビティまで、あらゆるシーンに対応する万能なバックパックです。

    • 商品名:ヘリーハンセン「シールドロールバックパック」
    • 公式サイト:商品はこちら

    ヘリーハンセン
    シールドロールバックパック

    サイズ:H60×W28×D19.5cm 容量:23L


    スタベック ビッグデイパック

    日常使いから短期の旅行まで対応する、大型のデイパックです。約40Lの容量を誇り、915デニールのコーデュラポリエステル生地によって高い耐久性を確保しています。

    メインコンパートメントにはPCスリーブがあるほか、フロントポケット内にはさらに細かく仕分けたポケットが備わっているので、小物を整理しやすいでしょう。デザインはシンプルながらも、高い機能性を備えたモデルです。

    オーソドックスなブラックと、カジュアルなウェットロープの2色から選べます。大きな開口部で荷物の出し入れがスムーズにできるため、日々の使用はもちろん、アウトドアにもおすすめです。

    • 商品名:ヘリーハンセン「スタベック ビッグデイパック」
    • 公式サイト:商品はこちら

    ヘリーハンセン
    スタベック ビッグデイパック

    サイズ:H50×W37×D21cm 容量:40L 重量:620g


    【キッズ】ヘリーハンセンのおすすめリュック

    ヘリーハンセンからは、キッズ用のリュックも販売されています。大人用とは打って変わって、カラフルな色使いで子どもが喜ぶデザインに仕上がっているのが特徴です。キッズ用のおすすめモデルを紹介します。

    カイルハウスパック8

    子どもの冒険心をくすぐるバックパックです。2~3歳児にぴったりの約8Lの容量で、初めてのリュックにおすすめです。

    サイドに設けられたメッシュポケットは、水筒などの収納に適しています。背負い心地を考慮したエアメッシュの背面パネル、安全に配慮したセーフティバックル付きチェストストラップなど、子どもが疲れにくいよう配慮が詰め込まれています。

    ロゴ下にはリフレクターを取り付けているため、夜道でも安心です。北欧の野生動物をモチーフにしたワッペンがアクセントになっており、視覚的にも飽きさせません。

    豊富なカラーバリエーションで、子どもの外出を一層楽しくしてくれるでしょう。

    • 商品名:ヘリーハンセン「カイルハウスパック8」
    • 公式サイト:商品はこちら

    ヘリーハンセン
    カイルハウスパック8

    サイズ:タテ30cmxヨコ20cmxマチ8.5cm 重量:230g


    スカルスティンパック15

    保育園や幼稚園に通い始めた子どもに、おすすめのリュックです。約15Lの容量で、通園の荷物をすっきり収納できます。

    背面にはムレにくいエアメッシュパネルを採用しており、快適な背負い心地を実現します。安全性に配慮したチェストストラップにはホイッスル付きのセーフティバックルを装備し、夜道でも安心できるリフレクターも搭載しました。

    オーガナイザー付きの大型フロントポケットや、サイドのボトルポケットもあるので、収納が簡単で実用的です。4色の鮮やかなカラーバリエーションを展開しており、子どもたちの日常を明るく彩ってくれるでしょう。

    • 商品名:ヘリーハンセン「スカルスティンパック15」
    • 公式サイト:商品はこちら

    ヘリーハンセン
    スカルスティンパック15

    サイズ:タテ37.5cmxヨコ26cmxマチ14.5cm 重量:320g


    まとめ

    ヘリーハンセンのリュックは、防水性とシンプルなデザインが特徴です。アウトドアからタウンユース、ビジネスシーンにも適しています。船乗りの防水服作りから始まったヘリーハンセンは、高い技術でアウトドア愛好家から支持されているブランドです。

    子ども用リュックもあり、安全性・機能性を考えた設計で子どもたちの冒険心をくすぐります。幅広いシーンで活躍するヘリーハンセンのリュックを手に入れ、外に出かけましょう。

    あわせて読みたい

    ヘリーハンセン アングラ―のコラボサングラスが超ハイスペック!

    ヘリーハンセンから海を遊び尽くすウエアが登場!海岸に漂着する流木や石などのモチーフがプリント

    ヘリーハンセンの2023年新作!保温性・軽量性・速乾性に優れたファイバーパイルアイテム6選

    ヘリーハンセンのフィッシングギアは機能的で動きやすくて見た目も最高だ!

    「ヘリーハンセン」の新作アウターコレクション! 工夫されたギアを組み合わせて遊ぼう

    アウトドアブランドのアウターはタウンユースにも最適!おすすめ20選

    子ども用のアウトドアウェア専門店「ザ・ノースフェイス・キッズ原宿」に行ってきました!

    子ども用のアウトドアウェア専門店「ザ・ノースフェイス・キッズ原宿」に行ってきました!

    NEW ARTICLES

    『 アウトドアブランド 』新着編集部記事

    ほぼ日が手掛けるキャンプブランド「ヨゾラ」がアパレルアイテムをリリース!

    2024.04.23

    【2024年】キャンプブランド30選|おすすめ最新・名作ギア&ヒストリーも紹介

    2024.04.22

    アークテリクスのおすすめジャケット9選!選び方も徹底解説

    2024.04.21

    祝OPENで行ってきた!「スノーピーク 鹿沼キャンプフィールド & スパ」完全ガイド

    2024.04.17

    アンドワンダーとは?アウトドアとカジュアルの二刀流ブランドを解説

    2024.04.16

    もうチェックした?パタゴニアのレインウエアの新シリーズ「ボルダー・フォーク・レイン・ジャケット」

    2024.04.10

    鎌倉天幕とはどのようなブランド?魅力やおすすめギアを7アイテム紹介

    2024.02.29

    カリマー2024年春夏コレクションでは2種のミドラーが登場! 次世代素材のアウターをチェック

    2024.02.25