【気になる最新ギアお試し隊】勝手についてきて、ラクラク撮影。 自撮り専用ドローン | アウトドア雑貨・小物 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル - Part 2

【気になる最新ギアお試し隊】勝手についてきて、ラクラク撮影。 自撮り専用ドローン

2017.08.18

カメラのレンズ、この部分で被写体の人間をとらえ続け、撮影の合図を待っている。

なんとも手軽。このドローンにはマニュアルやバーズアイなど多様なモードが付き、実際はおもしろい写真や映像がいろいろと撮れる。だがこれほどシンプルな操作だけでも、十分に自分の写真は撮影可能だった。

折りたたむと手の平サイズ。商品名に入っている「パスポート」とう言葉は伊達じゃない。

惜しいのはバッテリーがすぐになくなること。そのために、あらかじめ2つ付属しているが、もっと長く遊べるといいな~。

ゼロゼロロボティクス/
ホバーカメラパスポート

この初夏に発売開始された「自撮り専用」のドローン。
4Kカメラが付き、飛行モードには自立飛行と手動コントロールがあり、スマートフォンのアプリで顔を認識させると自動で登録者を追尾。手で合図を送って撮影を行なえる。
また、旋回モードや360度回転など多彩な撮影モードを持つ。4基のプロペラの周囲はカーボン製フレームで覆われ、万が一の落下や衝突の際に破損を防止し、使用者も怪我をしにくい構造だ。

¥60,800

【SPEC】
●サイズ:182×132×33㎜(折りたたみ時)、182×235×33㎜(使用時)
●重量:242g(バッテリー含む)
●ファイル形式:JPEG、MP4
●内蔵ストレージ:32GB
●充電時間:1本40分。2本同時の場合は60分
●最大速度:8m/S
●最大ホバリング時間:10分(無風時)
●最大操作距離:20m●素材:カーボンファイバー

◎お問い合わせ先/アスク
TEL03(5215)5650

8◎文=高橋庄太郎

普段のカメラはCANON「G16」を使用。取材にも多用しているが、後継機種が発売されず、今後はど
うするか迷い始めている。
著書に『山道具 選び方、使い方』など。

◎撮影/山本 智

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 アウトドア雑貨・小物 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。