軽い、便利、そして…安い!アライテントの「マップサコシュ」を愛用したくなる6つの理由 | バックパック・バッグ 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • バックパック・バッグ

    2023.12.29

    軽い、便利、そして…安い!アライテントの「マップサコシュ」を愛用したくなる6つの理由

    アライテントのマップサコシュ

    筆者私物のマップサコシュ、ブラック。

    最近、登山やハイキングで使っている人をよく見かけるサコッシュ。

    便利なので筆者も使っていますが、登山の時だけでなく普段から愛用しています。

    近年はアウトドアメーカーからもサコッシュが販売されていますが、筆者が使っているのはアライテントの「マップサコシュ」というサコッシュです。

    今回は、筆者が愛用しているアライテントの「マップサコシュ」を紹介します。

    サコッシュとは

    そもそもサコッシュ(sacoche)とは、フランス語でカバン・袋を意味する言葉です。

    もともとは、自転車のロードレースで、選手が走りながら補給食を入れていくためなどに使われていたそうです。

    長いストラップがついているので、斜めがけにして中から食べものなどを取り出すことが容易にでき、地図を入れたり行動食を入れたりするのに便利です。

    その利便性が受け入れられて、最近では登山でもよく使われるようになったのです。

    マップサコシュを愛用したくなる6つの理由

    1.軽量!わずか55gで絶妙なサイズ

    マップサコシュ

    横26cm縦20cmの大きさで、わずか55g

    マップサコシュの魅力は、なんといっても軽いこと!

    わずか55gしかありません。

    有名ザックメーカーのサコッシュが、同じくらいのサイズで115gありますので、そのおよそ半分の重量しかありません。

    サイズは実測で横26cm、縦は全長31cmですが、サコッシュは蓋のように開口部分を折り返して使うので、有効寸法は20cm程度になります。

    大きすぎず、小さすぎないこのサイズがとても使いやすいのです。

    2.テントの素材で作られている

    マップサコシュの生地

    本体はテントの素材で出来ています。

    マップサコシュはアライテントというテントメーカーが作っています。テントメーカーらしく、サコッシュ本体はテントのシートで使われる素材の、40dnナイロンタフタ(PUコーティング)を使用しています。

    さらに、生地は防水です。ただし、縫い目には防水加工がされていないのと開口部を折り返すだけの構造なので、雨の状況によっては中身が濡れる可能性があり、注意が必要です。

    絶対に濡らしたくないものをマップサコシュに入れる場合は、ジッパー付きの保存用袋に入れておくのをおすすめします。

    サップサコシュの肩ひもと自在

    肩ひも調整の自在もテントの部品です。

    なお、肩ひもの長さ調整をするための部品に「自在」というテントの部品が使用されています。

    ここもテント屋さんのサコッシュらしい点ですね。

    3.シンプルなつくり

    マップサコシュの上部)

    ファスナーもボタンもないシンプルな構造。

    マップサコシュは、ファスナーもボタンもなく開口部を折り返すだけの構造。

    そのため、簡単に中のものを取り出すことができます。

    マップサコシュに片手を入れる

    片手でもアクセスしやすい。

    片手でもバッグの中にアクセスしやすいので、歩きながら行動食を食べたい時に便利です。

    上部を折り返しているマップサコシュ

    口の部分は折り返すだけの構造。

    このように、マップサコシュはシンプルで使いやすいのですが、一方でバッグを逆さまにすると簡単に中身が出てきてしまうので注意が必要です。

    4.便利なメッシュポケット

    メッシュポケットに地図

    メッシュポケットは地図などを入れるのに便利。

    マップサコシュのフロント部分にはメッシュポケットがあり、とても重宝します。

    筆者は、ここによく地図を入れています。頻繁に地図を確認する必要がある「初めて登る山」などでは、非常にありがたいポケットです。

    それ以外には、メモ帳とボールペンを入れておいて、いつでも気になったことやアイデアをメモするために使ったりしています。

    5.リーズナブルな価格

    価格がリーズナブルな点も、マップサコシュの魅力のひとつです。

    マップサコシュは、税込1,650円ととてもリーズナブル(2023年12月執筆時点)。

    初めてのサコッシュとして、手に入れやすい価格だと思います。

    6.ちょうどいい収納力

    マップサコシュと財布など

    小さく見えて十分な収納力です。

    マップサコシュのサイズは決して大きくありませんが、なかなかの収納力があります。

    筆者が登山以外の普段使いで入れているものは、

    • 折りたたみ傘
    • 財布
    • 名刺
    • ポケットティッシュ

    などです。

    ズボラな筆者は常に折りたたみ傘を持ち歩いているので、この折りたたみ傘がピッタリ入るサイズ感は筆者にとっては大きなポイントです。

    さらに、これだけ入れてもまだ余裕があります。

    登山では、地図、行動食、ポケットティッシュなど、すぐに取り出したいものを入れています。

    山でも街でもマップサコシュと一緒に

    マップサコシュを斜めがけする筆者

    いつでもマップサコッシュをお供に。

    軽くて便利で、お手頃なマップサコシュ。ぜひ登山の時だけではなく普段から使ってみてください。

    シンプルな見た目からは想像できない便利さに、きっと満足すると思います。

    私が書きました!
    アウトドアガイド・ライター
    すー(鈴木 隆)
    日光市生まれ日光市育ち。40代で脱サラ後に、カナダに留学して退職金を使い果たす。帰国後は観光関係の仕事をしつつ、アウトドアガイドとしても働く日々を送っています。キャンプ、登山、ロードバイク、トレランなど外遊びが趣味で、楽しく働いて生活することをモットーとしています。

    NEW ARTICLES

    『 バックパック・バッグ 』新着編集部記事

    カンケンリュックはダサい?コーデのポイントとおすすめモデルを紹介

    2024.02.21

    黒リュックでかっこよく決めよう!シーン別のおすすめ10選を紹介

    2024.02.19

    背負い心地抜群のパーゴワークス「バディ22」をおすすめする6つのポイント!愛用者レビュー

    2024.02.18

    まさに“着るバックパック”!グレゴリー「ZULU」のフィット感は圧倒的だぞ

    2024.02.10

    パタゴニア「ブラックホール・ダッフル」がアップデート! リサイクル100%素材のギアにまた近づいたぞ

    2024.02.09

    カリマーの独自システムを搭載したリュック「contour 27」「auster25」「auster30」がもうすぐ発売!

    2024.01.28

    なるほど、そう来たか!意外性たっぷりな2024年バックパック新作5選

    2024.01.03

    デイパックに外付けできるand wanderのサコッシュは、わずか100グラムと超軽量!

    2023.12.28