超軽量わずか7g!究極の金属製スプーンひとつあればもう大丈夫だ~ | 調理器具・食器 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 調理器具・食器

    2023.12.12

    超軽量わずか7g!究極の金属製スプーンひとつあればもう大丈夫だ~

    先割れスプーンHOVERLIGHT SPORK

    私物のHOVERLIGHT SPORKブラック。

    日々進化し、軽量化されている登山、キャンプギア。

    そんな軽量化されたギアの中でも、今回紹介するのは「世界最軽量」を追求した先割れスプーン「HOVERLIGHT SPORK」(ホバーライト スポーク)です。

    軽いだけじゃなく、デザイン性と優れた使い勝手も兼ね備えたカトラリーです。

    HOVERLIGHT SPORKの特徴

    超軽量わずか7g

    SPORKを計量

    金属製にも関わらず重量はわずか7g。

    HOVERLIGHT SPORKの重量は、わずか7g。プラスチックではなく、金属製でこの重量は驚異的です。

    例えば、あるメーカーのチタン製先割れスプーンは16g。このHOVERLIGHT SPORKの2倍もの重量があります。

    いかにHOVERLIGHT SPORKが軽いかがわかるかと思います。

    シェル構造とハードアルマイト加工で軽さと強度を実現

    テーブルの上のHOVERLIGHT SPORK

    シェル構造とハードアルマイト加工で実用的な強度を実現。

    HOVERLIGHT SPORKはアルミニウム製で、サビ防止処理の一種であるハードアルマイト加工がされた高強度の材質を使用しています。

    また、シェル構造という曲面板を使う技術を採用することにより、驚異的な軽量化と実用的な強度を実現しています。

    HOVERLIGHT SPORKの形状は強度という観点だけではなく、持ちやすさの観点からもプラスに働いており頭が下がります。

    使いやすい先端形状

    HOVERLIGHT SPORKの先端

    麺類も絡みやすい先端形状。

    先端部分は直線的に狭くなっていくテーパー形状。

    丸みをおびている普通のスプーン形状よりも、パスタ等の麺類が巻きつきやすい構造になっています。

    これによって、先割れスプーンの弱点「麺類の食べにくさ」を解消しています。

    絡める、刺す、すくうなど、食べるときの動作が満足できる先端形状になっているのです。

    取っ手の先端にホールがある

    HOVERLIGHT SPORKの取っ手

    取っ手の先端の穴にはリングなどが付けられます。

    取っ手の先端には穴が開いているので、リングや紐を通したり、小さなカラビナを付けられたりします。

    カトラリー同士でつないで保管したり、洗った後に吊るしたりする際に便利です。

    ケースもたったの3g

    ケースに入ったHOVERLIGHT SPORK

    ケースも3gと超軽量です。

    専用のケースは、ダイニーマという薄く、軽く、そして強い素材が使われています。

    ダイニーマの強度は、鉄の15倍と言われています。

    強度が高いのにもかかわらず重量はわずか3gと超軽量。HOVERLIGHT SPORKと合わせても、たったの10gです。

    HOVERLIGHT SPORKは専用ケースにも、とことんこだわっており、その点も大きな魅力です。

    HOVERLIGHT SPORKを使ってみた

    それでは実際にHOVERLIGHT SPORKを使って、色々なものを食べている様子を紹介します。

    HOVERLIGHT SPORKでチキンソテーを食べる

    チキンソテーを食べてみます。

    まずはチキンソテーを食べてみます。

    先端部分を使ってチキンを刺してみましたが、スムーズに刺さって食べることができました。

    HOVERLIGHT SPORKでカップ麺を食べる。

    定番のカップ麺を食べてみます。

    次は、定番のカップ麺を食べてみました。

    先割れスプーンはご飯をすくったり、肉を刺したりするのには向いていますが、麺類を食べるのには向いていない、と個人的には思っていました。

    しかし、実際にHOVERLIGHT SPORKを使ってみると、問題なく麺を食べることができました。

    さらに意外なメリットを発見。

    先端で麺を、スプーン部分でスープをすくうことで同時に麺とスープを食べることができたのです。

    HOVERLIGHT SPORKでカップうどんを食べる。

    麺が太いカップうどんを食べてみます。

    次は、カップ麺よりも太くて食べにくそうな、カップうどんを食べてみます。

    カップ麺よりも食べにくいかと思いましたが、こちらもきちんと麺をすくえて、美味しく頂くことができました。

    HOVERLIGHT SPORKでスープを飲む

    HOVERLIGHT SPORKでコーンスープを飲んでみます。

    最後は、コーンスープを飲んでみました。

    先割れ部分からスープがこぼれてしまうため、正直なところ普通のスプーンよりも飲みにくかったですが、美味しく飲めました。

    カトラリーはHOVERLIGHT SPORKだけで大丈夫かも

    金属製のカトラリーとしては驚異的な軽さを実現した「HOVERLIGHT SPORK」。

    軽さだけではなく機能性も十分で、あらゆる食材を美味しく頂くことができました。

    改めてカトラリーは、これ一本で大丈夫だと筆者は実感。

    特に登山などの道具の数や重量が限られる時には、重宝するアイテムだと思います。

    HOVERLIGHT SPORK

    WEIGHT:7g, 1/4 oz
    SIZE:165×40×24 mm
    MATERIAL:アルミニウム (ハードアルマイト)

    私が書きました!
    アウトドアガイド・ライター
    すー(鈴木 隆)
    日光市生まれ日光市育ち。40代で脱サラ後に、カナダに留学して退職金を使い果たす。帰国後は観光関係の仕事をしつつ、アウトドアガイドとしても働く日々を送っています。キャンプ、登山、ロードバイク、トレランなど外遊びが趣味で、楽しく働いて生活することをモットーとしています。

    NEW ARTICLES

    『 調理器具・食器 』新着編集部記事

    パワフル・静音・コンパクト!「Ninja Blast コードレスミキサー」はアウトドアにも持ち運びしやすいぞ

    2024.02.19

    火加減自在で失敗しにくい!アウトドアでも家でもキャンプ料理が楽しめる「Toffy ホットメスティン」

    2024.02.18

    樽から注いで、はい乾杯!「ハイネケン5Lケグ」の発売が決定したぞ

    2024.02.04

    本体内に全パーツを収納可能!キャンプで使いやすい持ち運びできるピザ窯が登場

    2024.02.04

    レトロな雰囲気がいいね!ホーローのミルクパンは寒い日のキャンプで大活躍

    2024.02.03

    ロゴスのこれで気軽に薫製おつまみ完成!「LOGOSの森林 ちょっとスモークするリッド」

    2024.01.31

    日本の職人が作る焚き火道具ブランド「TAKIBISM」から、おしゃれな鉄製フライパン登場!

    2024.01.29

    ダッチオーブンで石焼き芋を作ろう!必要な道具と作り方のポイント

    2024.01.26