ダイソーの「折り畳みコーヒードリッパー」はマスト・バイと言いきりたい!コスパ最強すぎんか | 調理器具・食器 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 調理器具・食器

    2023.12.02

    ダイソーの「折り畳みコーヒードリッパー」はマスト・バイと言いきりたい!コスパ最強すぎんか

    折り畳みコーヒードリッパー(収納ポーチ付)の商品写真

    寒い季節にアウトドアで飲むコーヒーは、格別のおいしさです。

    特に最高のロケーションでコーヒーを飲むなら、気分が上がるドリッパーで淹れたいですよね。

    各メーカーからアウトドアでも使えるかっこよくて便利なコーヒーグッズが販売されており、そのどれもが魅力的ですが100円ショップにも目を引くコーヒー関連アイテムがあるんです。

    今回は、ダイソーで発見したデザイン良し、コスパ良しで、ロマン溢れるステンレス鋼製のコーヒードリッパーを紹介したいと思います。

    キャンプなどで至福のコーヒタイムを楽しみたい方は、ぜひチェックしてみてください。

    おすすめ!折り畳みコーヒードリッパー(収納ポーチ付)/330円(税込み)

    折り畳みコーヒードリッパー(収納ポーチ付)

    組み立てた姿が美しい。

    ダイソーから発売されている「折り畳みコーヒードリッパー(収納ポーチ付)」は、折りたたむことでコンパクトに持ち運びができる商品です。

    収納ポーチがセットで付いているため、カバンやリュックに入れた際に他のギアに傷がついてしまうのを防いだり、フィルターを一緒に入れておいたりできるなど、利便性にも優れている商品です。

    収納時の折り畳みコーヒードリッパー(収納ポーチ付)

    収納時は薄くてコンパクトに。

    収納時のサイズは17.5cm×14.7cmと手のひら程度の大きさで、幅も2cmと薄いので、携帯性もバッチリです。

    このコンパクトさが、アウトドアにおすすめな理由のひとつでもあります。

    素材はステンレス鋼なので、汚れや熱に強く、水洗いもできるのでお手入れも簡単。また、ステンレス鋼は非常に薄い保護皮膜を形成する働きがあるため、錆に強く美しい状態を維持しやすいのもメリットです。

    そして、私がこの商品を使用している最大の理由は“かっこよさ”。

    ステンレス鋼の光沢は見た目もスタイリッシュで高級感があり、フィールドでのコーヒータイムの質をワンランクアップしてくれているような気分になります。

    今までは、安価なプラスチック製や落としても割れないシリコン製のドリッパーを使ってきたのですが、ロマンを感じるのはやはりステンレス鋼製です。

    そんな商品が330円で買えてしまうなんて……コスパ最強すぎる!

    使い方を紹介!実際にコーヒを淹れてみた

    実際に、折り畳みコーヒードリッパー(収納ポーチ付)を使用してコーヒーを淹れてみました。

    手順や気を付けるポイントもあわせてご紹介します。

    使い方と組み立て方

    折り畳みコーヒードリッパー(収納ポーチ付)の使い方1

    脚の部分を持ち上げます。

    組み立て方はとても簡単です。脚の部分を持ち上げると、ドリッパーが立つように広がります。

    折り畳みコーヒードリッパー(収納ポーチ付)の使い方2

    しっかりと中央に設置しましょう。

    均等にきちんと広がったら、カップの上に置きます。

    その際、ドリッパーの脚の部分が滑りやすいので、お持ちのカップの素材によっては注意が必要です。

    同じステンレス鋼製のカップなどは特に滑りやすいので、平らな場所に置いたり、ズレないよう中心にしっかりと置くなどの工夫をしましょう。

    折り畳みコーヒードリッパー(収納ポーチ付)の使い方3

    フィルターは市販のものでOK。

    フィルターをセットしたら、挽いたコーヒー豆を入れます。

    フィルターは市販のもので大丈夫です。円錐型と台形型で試したところ、どちらも使用可能でした。

    折り畳みコーヒードリッパー(収納ポーチ付)の使い方4

    ゆっくりと数回に分けて注ぐのがコツ。

    コーヒー豆が平らになるように少しならしたら、お湯を注ぎます。

    折り畳みコーヒードリッパー(収納ポーチ付)を使って抽出したコーヒー

    寒い時季にはたまらない一杯です。

    抽出が終わったら、おいしいアウトドアコーヒーのできあがりです!

    外気温はとても寒いですが、コーヒーが体を温めてくれます。この時間がたまりません。

    片付ける際は、使用したフィルターを取り出して、本体の端を持ちながら横にするだけで折りたたむことができます。

    ただし抽出直後は、コーヒードリッパーが熱くなっているので、火傷しないように気をつけてください。

    袋やタオルなどで包み収納袋に入れるか、水道があれば軽く流してから持ち帰りましょう。

    折り畳みコーヒードリッパー(収納ポーチ付)の洗い方

    繰り返し使えるよう、きちんと洗いましょう。

    使用後のお手入れは、食器用洗剤で洗い、乾燥させるだけ。

    ステンレス鋼は錆びにくい素材ですが、絶対に錆びないというわけではないので、しっかりと乾かしてから保管するようにしましょう。

    コーヒ好きにおすすめしたいアイテム

    折り畳みコーヒードリッパー(収納ポーチ付)の商品内容

    アウトドアでドリップコーヒーを楽しんでみて。

    330円という低価格ながら、ステンレス鋼製で見た目もおしゃれなダイソーのコーヒードリッパー。

    折りたたみ式で持ち運びも便利なので、今まではインスタントコーヒーを飲んでいた方も、これを機にドリップコーヒーにチャレンジしてみるのもいいかもしれませんね。

    ドリップコーヒーは味わいも深いので、アウトドアでのコーヒータイムの質がグッとアップ。

    デザインもかっこよくてコスパ最強のコーヒードリッパー、ぜひ試してみてください。

    私が書きました!
    ライター
    ヒロ
    東京都出身、山形県在住。フルーツ愛ゆえに農家を目指して日々研修中。学生時代にキャンプや車中泊での日本1周を経験。趣味は格闘技(ムエタイ)、サウナ・温泉、サバイバルゲーム、ゴルフなど。最近スノーボードを始めました!

    NEW ARTICLES

    『 調理器具・食器 』新着編集部記事

    キャンプ用キッチンツール25選|アウトドア料理がもっと楽しくなるおすすめ調理器具

    2024.07.12

    あのストレスが一気に解決!「ツナ缶スプーン」があるだけで缶詰料理がラクになった

    2024.07.12

    SOTOのダッチオーブンは煮る・炒める・蒸す・焼く…様々な用途で使用可能な名品ギア!

    2024.07.05

    キッチン家電初のフェーズフリー認証取得!家でも外でも使えるフラット形状のホットプレート

    2024.07.05

    Petromax(ペトロマックス)/ファイヤーケトルステンレススチール le75

    2024.07.01

    Petromax(ペトロマックス)/キャンプファイヤーブラケット 

    2024.07.01

    チタンクッカー8選|軽い・丈夫・錆びにくい!の三拍子揃った長く愛用できるクッカー

    2024.06.26

    JHQ(ジェイエイチキュー)/鉄板マルチグリドル フラット 33㎝

    2024.06.20