小さいのに火力抜群!ユニフレームのネイチャーストーブをレビュー | 焚き火・火おこし道具 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 焚き火・火おこし道具

    2023.11.18

    小さいのに火力抜群!ユニフレームのネイチャーストーブをレビュー

    ソロキャンプや登山をする際に、あると便利なキャンプギアのひとつが、コンパクトな焚き火台。大手のアウトドアブランドだけでなく、小さな規模のガレージブランドからも、さまざまな焚き火台が販売されています。

    そんな中、今回は実用性に優れるユニフレーム(UNIFLAME)の「ネイチャーストーブ」を紹介します。私が長年愛用してきたなかで感じた魅力や気になる点を、あますところなくお伝えしますので、ぜひ参考にしてください。

    ネイチャーストーブの魅力

    ネイチャーストーブのイメージカット

    小型だけれどフォルムは男前。

    ユニフレームは、金属加工の集積地として知られる新潟県燕三条に拠点をかまえる、アウトドア用品の総合ブランドです。ネイチャーストーブは、そんな同ブランドを代表する焚き火台です。

    まずは、ネイチャーストーブの魅力をお伝えします。

    火力|効率的に燃焼しやすい

    火力のイメージカット

    小さいのに火力は強い。

    小さな本体に、より効率的に燃えるような工夫がされているのが、ネイチャーストーブの大きな魅力です。

    メッシュのイメージカット

    メッシュ状なので、効率的に空気を取り込めます。

    底面がメッシュ状で、空気を取り込みやすくなっているのが特徴。そのメッシュを通過した空気はあたたまっているため、燃焼速度が早くなるのです。

    また、吹き込んでくる風を妨げない形状の脚部により、燃焼効率が向上している構造もお見事。小さなボディーで最大限の火力を発揮するための工夫が、随所にこらされているのです。

    サイズ|コンパクトで取り扱いやすい

    サイズと伝えるイメージカット

    ネイチャーストーブは、コンパクトなサイズも特徴のひとつです。上の写真の通り、本体ボディーが350mLの缶ビールとほぼ同等。脚をつけて少し高くなるぐらいなので、ソロキャンプでも使用しやすいサイズ感。また、予備の焚き火台として携行するのも良いでしょう。

    ハンドルのイメージカット

    持ちやすいハンドルも◎。

    また、ハンドルがついているので、持ち運びやすいのもうれしいポイントです。使用中に場所を移動したいときに役立ちます。

    収納時のイメージカット

    収納時にはこんなにコンパクトに。

    付属の収納袋がついており、幅をとらずコンパクトに収納できるます。手のひらサイズになり、ザックのちょっとした隙間に差し入れて持ち運べるのも便利です。

    ネイチャーストーブを買う前に知っておくべきこと

    気になるポイントのイメージカット

    ネイチャーストーブを購入する前に、必ず知っておきたいポイントが2つあります。

    組み立てやすさ|慣れるまでは組み立てにくい

    組み立てやすさのイメージカット

    本体がコンパクトなのでワイヤーなど各パーツの接続部も小さい。

    ネイチャーストーブはパーツ数が少ないものの、取り付けには若干のコツが必要な点はあらかじめ認識しておきましょう。

    底面のメッシュのイメージカット

    とくに、脚部・メッシュ状の火床・本体上部の各パーツを接続する際、初心者の方などは手間取ってしまう場合があるでしょう。

    3つのパーツを接続する部分のイメージカット

    各パーツの穴をあわせ、脚部のワイヤーをうまく通しましょう。

    脚部のパーツには、穴に通すためのワイヤーがあります。また、ワイヤーに対応するように、各パーツには小さな穴があいています。組み立てる際は、それぞれのパーツの穴の位置をしっかりとあわせ、ワイヤーを通してください。組み立てている最中に、穴がズレないように手で固定するのがポイントです。

    組み立ては、何度も使用しているうちに慣れるますが、初めは事前に練習しておくことをお勧めします。

    木材のくべやすさ|調理中はくべにくい

    くべにくさのイメージカット

    調理器具とゴトクがない状態であれば、問題なく木材をくべられます。

    調理器具を上に乗せるためのゴトクと、フライパンや鉄板などの調理器具を使用していない状態であれば、何の支障もなく木材をくべられるでしょう。しかし、ゴトクと調理器具を用いている場合、木材をくべるのが少々面倒に感じる場合があります。

    くべにくさのイメージカット

    薪や小枝を入れられるようにフライパンなども配置する。

    なぜなら、本体上部のすき間から木材を入れなければならないからです。木材のくべやすさを考慮するなら、位置を動かしやすいチタン製やアルミ製などの軽い調理器具を使うのがお勧めです。

    ネイチャーストーブで焚き火を楽しもう!

    燃焼風景のイメージカット

    まず手に入れたいアイテムのひとつでしょう。

    このように利点と注意点を見てきましたが、やはり小さいながらもハイパワーなネイチャーストーブはかなりの秀作。ソロキャンプや登山などで重宝します。

    大きな焚き火台で炎を愛でるのもアウトドアの醍醐味ですが、携行性に優れ実用性の高いネイチャーストーブは災害時の備えとしても、使いこなせるようにしておきたいアイテムのひとつです。

    私が書きました!
    アウトドアガイド
    小松優太
    秋田県南部の里山に生まれ、自然が身近に溢れる環境で育つ。釣り歴22年・キャンプ歴15年の生粋のアウトドア好き。過去には、アウトドア系の大手ECショップでバイヤーとして従事し、ルアー約10万点の販売管理を担当。現在はフリーのアウトドアライターとして活動中。アウトドア以外にも、筋トレ・アクアリウム・アコギ・カメラに造詣が深い。地元のアウトドアを盛り上げるべく奮闘中。

    NEW ARTICLES

    『 焚き火・火おこし道具 』新着編集部記事

    ソロ、ファミリー別のおすすめ焚き火台10選!燃焼効率、超軽量、雰囲気重視モデルまで

    2024.03.31

    六角形の焚き火台ならキャプテンスタッグ!注目のラインナップからおすすめできる理由まで解説

    2024.03.29

    気軽に楽しめるサイズ!LOGOSのスウェーデントーチに、燃焼時間80分の小型バージョンが登場

    2024.03.25

    火打ち石の使い方は?キャンプでの活用方法からおすすめの商品まで解説!

    2024.03.25

    ロゴスの焚き火台ならコレ!定番から万能モデルまでおすすめを紹介

    2024.03.20

    ogawaオリジナルの焚き火台が新登場!調理も存分に楽しめる たっぷりサイズだぞ

    2024.03.19

    寒い時季の災害に備えよう! 手っとりばやく暖をとれるストーブセット

    2024.03.10

    雄大な炎を生み出せるBOX型の二次燃焼焚き火台が爆誕!Agniz.「焚き火台BoxM」

    2024.03.07