【ナイフマスターへの道5】簡易メンテナンスで切れ味をキープ | 刃物・マルチツール 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 【ナイフマスターへの道5】簡易メンテナンスで切れ味をキープ

    2017.08.24 ナイフ

    慣れてくれば刃研ぎなどにも挑戦したいところだが、まずは現場でもできる簡単なメンテナンスを覚えると良い。簡単な作業で、ナイフは驚くほど切れ味をキープできるのだ。

    ①皮革を使って簡単な「刃立て」

    切れ味が落ちてきたと感じたら、スエードで簡単な刃立てをする。エッジ部分を革に当て、背の方向に向かって撫でるようにスライドさせる。革の表面はまな板としても使える。

    ②ブレードは「椿オイル」でこまめにケア

    ブレード部分の汚れをしっかりと落とした後に、保護のために椿オイルを塗ると良い。指を使い、ブレードの背からエッジに向かって垂直に塗っていく。

    ◎監修/荒井裕介 ◎イラスト/西田真魚 ◎構成/櫻井 卓

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 刃物・マルチツール 』新着編集部記事

    モーラナイフにとって最大のライバルは…ゲームとスポーツだった!?

    2022.12.06

    モーラナイフを使ってフルーツカービングを楽しむ方法とは?始め方と注意点を紹介

    2022.11.16

    叩く目印付きで失敗しない!多喜火鉈は薪割りの頼れる相棒だ

    2022.11.01

    ハンドルは2種類!DLCコーティングの墨色が男前なセミカスタムナイフ

    2022.10.03

    土佐伝統の鍛冶工房とBE-PALがタッグ!伝統の小割り鉈がよみがえった

    2022.09.26

    愛用の包丁をキャンプでも!貝印トップブランド「関孫六」発のブレードガード

    2022.09.06