フェス&キャンプにほしい!「Back to life」の折りたたみミニテーブル | テーブル 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル

フェス&キャンプにほしい!「Back to life」の折りたたみミニテーブル

2017.06.12

「LA VIE SIMPLE(コンパクトな生活)」をコンセプトに、キッチンアイテムから木製ファニチャーまで展開する「Back to life」。建築設計やインテリアデザイン、彫刻などの知識をもつデザイナーのスギモトカズヒロ氏が手がけている日本のブランドです。

今シーズン、持ち運びしやすい「Compact Roll Top Low Table」を新たにラインナップ。4〜6名で使えるL(税込・4万7520円)と、持ち歩きに便利なS(税込・2万5164円)の2サイズ展開です。ちなみに、どちらも収納袋付き。

フェスやキャンプが盛り上がる夏も間近! というわけで、今回はとくに活躍しそうな「Compact Roll Top Low Table S」に注目してみました。

 

組み立て簡単! 美しい木製テーブル

「Compact Roll Top Low Table S」は、柔らかな色合いのツガ無垢を使用し、ひとつひとつ手仕事で仕上げられたローテーブルです。よりコンパクトになるよう組み立て式ですが、工具は不要。木のパーツを2箇所はめ込み、4つのネジを締めるだけと、扱いがシンプルなことも特徴です。

ていねいに削り出されたパーツがスッとハマり、組み立てはとてもスムーズ。

こちらは最後にのせるロールトップの天板。備え付けられた磁石がピタッと吸い付き、しっかりとまります。

組み立ては慣れれば1分もかかりません。サイズは縦40×横30×高さ14.5cmと、まさに“コンパクト”。わが家の極狭ベランダ(幅およそ1m)でも、窮屈さを感じることなく置けました。

木目の滑らかな質感が美しい。アウトドアはもちろん、ベランダでちょっとお茶をしたり……。

▲持ち手がプラス型の四角形カッティングボード「Plus Handle Square Cutting Board S 」 6,480円(Back to life)

室内でソファ用テーブルやサイドテーブルとして使っても違和感なし。脚も全てツガ無垢だから、上品でインテリアになじみます。

 

ふらりと持っていける軽量さも魅力

重量はおよそ0.9kgと、木製ファニチャーながら軽量で持ち運びやすいのも「Compact Roll Top Low Table S」のいいところ。A4サイズの書類が入るトートバッグにも、無理なく収まりました(写真左:黒い袋)。

ピクニックセットにも、かさばることなく仲間入り(写真左:黒い袋)。

近所の公園に持って行き、ビールでプチブレイク。不安定なブランケットの上に缶を置くより、テーブルがあることで安定感がアップ。今度はおつまみも……なんて夢がふくらみます。

▲折りたためるライト「Kukai Style×ソーラーパフ」。

持ち運びにストレスを感じないサイズと重量。移動の少ないのんびりとした野外フェスなら、ステージの後方にイスと「Compact Roll Top Low Table S」を置いて、ゆったり過ごすのもいいですね。

またローテーブルなので、イスがあってもなくても使えるところも用途が広くて便利。大人も子どもも誰でも手が届く、室内外で活躍する境界線のないテーブルです。この夏に新調するなら、ちょっと奮発して、ていねいに作られた「Back to life」はいかがでしょう。

 

Back to life/
Compact Roll Top Low Table S

ツガ無垢を使用し、一つひとつ手仕事で仕上げたローテーブル。工具は使わず、Sは手で、Lはコインでネジを締められます。重量はおよそ0.9kgと、木製ファニチャーながら軽量で持ち運びやすい。縦40×横30×高さ14.5cm。専用の収納袋が付いているので、よりコンパクトに収納できます。

◎オフィシャルInstagram
https://www.instagram.com/backtolifetokyo/

◎公式ウェブストア
https://btl-craft-work.stores.jp/

◎構成・写真=ニイミユカ

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 テーブル 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。