ポータブル電源にソーラーパネルは必要?節電のコツやおすすめ商品も紹介 | ポータブル電源 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • PR

    ポータブル電源

    2023.10.18

    ポータブル電源にソーラーパネルは必要?節電のコツやおすすめ商品も紹介

    昨今の電気代高騰を受け、ポータブル電源をソーラーパネルで充電して節電したいという人も少なくありません。ポータブル電源にソーラーパネルが必要なのか、節約できる使い方や選び方、おすすめモデルなどを紹介します。

    ポータブル電源にソーラーパネルは必要?

    キャンプやテレワークでポータブル電源を使いたいと思っている人の中には、ソーラーパネルが必要かどうか疑問に思う人もいるのではないでしょうか。まずはポータブル電源を使う際のソーラーパネルの必要性を解説します。

    長時間使いたいならあると便利

    連泊のキャンプや、災害時にそなえたいならソーラーパネルはあったほうがよいでしょう。

    ポータブル電源は充電する必要があるため、給電する家電やガジェットが多かったり、予想以上に使う時間が増えたりするとバッテリー切れのおそれがあります。特に災害時は電力がいつ復旧するか分からないため、充電できないと心もとないと感じるでしょう。

    しかし、ソーラーパネルがあれば、太陽が出ている限り電力を自給できるので、バッテリー切れの可能性を減らすことができます。電源がない場所でも安心して電力を使いたいなら、ソーラーパネルはあったほうがよいといえます。

    日帰りや荷物を減らしたいなら必要性は低い

    荷物をコンパクトにしたい場合や、日帰りキャンプを予定しているなら、必ずしもソーラーパネルはなくてもよいでしょう。1日分の電力であれば、追加の充電をしなくとも耐えられるポータブル電源は多くあります。

    ソーラーパネルはパネルの表面積が大きく、重量もあるため、荷物になりがちです。さらに太陽が出ていなければ充電できないため、雨天時には無用の長物となってしまいます。

    電力の自給と、コストや持ち運びの手間を考慮するのが重要です。

    ポータブル電源・ソーラーパネルは節電になる?

    ポータブル電源やソーラーパネルが節電になるかどうかは、多くの人が気になるところです。ポータブル電源とソーラーパネルの節電効果や、節電になる上手な使い方を解説します。

    使い方次第で節電になる

    結論をいうと、ポータブル電源とソーラーパネルをうまく使えば節電は可能といえます。ソーラーパネルでポータブル電源に充電しながら家電に給電をすれば、理論上は電気代はかかりません。

    ただし、すべての家電にポータブル電源が向いているわけではないので、注意が必要です。たとえば自宅で使う場合、冷蔵庫やエアコンなどスイッチが切れては困る家電だと、ソーラーパネルを用いても容量が足りなくなる可能性があります。

    ソーラーパネルを用いずポータブル電源を充電する場合は、電気代が安い夜間がおすすめです。ポータブル電源自体の充電を、電力の安い夜間に置き換えることで、節電になるでしょう。

    節電になる上手な使い方

    節電になるポータブル電源・ソーラーパネルの使い方のアイデア例は、以下の通りです。

    • スマホの充電やドライヤーなどピンポイントで使う
    • テレワーク用の電力をソーラーパネルでまかな

    ポータブル電源は消費電力の小さいものや、短時間で使い終わるものに向いています。キャンプなど外出時の電力供給にはもちろん自宅でも、湯沸かし器やサーキュレーターなど短時間しか使わない家電の給電をソーラーパネルに置き換えるのがおすすめです。

    特にテレワークの場合、電気代増加が悩みの種になるでしょう。パソコンやスマホへの給電をポータブル電源とソーラーパネルでまかなえば、節電になるはずです。

    ポータブル電源・ソーラーパネルの選び方

    ポータブル電源やソーラーパネルの選び方を解説します。これから購入を考えている人は、ぜひチェックしましょう。

    目的に合った容量を選ぶ

    給電したい家電の種類や数、使用したい時間によって選ぶべきポータブル電源の容量が変わります。ポータブル電源の容量は、1時間あたりの電力量であるWh(ワットアワー)で表します。キャンプをするなら、500Wh以上が目安です。

    『Wh(容量)÷家電の消費電力』で、どれくらい使えるかが分かります。たとえばスマートフォンの充電が1回20Wとした場合、容量が500Wなら単純計算で25回充電できます。災害にそなえるなら、1,000Wh以上あると安心でしょう。

    出力ポートの種類や便利な機能で選ぶ

    出力ポートの種類や数が多いほど、給電できる家電の幅や同時に給電できる台数が広がります。具体的にはACポート・USB・シガーソケット(DC)に対応しているかを確認しましょう。

    それぞれ2口以上あると、同種類の家電が2台同時に給電できるので便利です。加えて、ソーラーパネルと併用したいなら、対応しているかどうかも確認が必要です。

    またLEDライト・防水機能など、利便性を高めるプラスアルファの機能もあると、キャンプから災害時までより強い味方になってくれます。

    ソーラーパネルは同じメーカーを選ぶ

    ソーラーパネルについては、特にこだわりがなければポータブル電源と同じメーカーを選ぶのが無難です。

    メーカーがバラバラの場合、うまく充電できるとは限らず保証の対象外になる可能性もありますが、同じメーカーであれば互換性が保証されているので、使えないことはありません。

    セット品があれば、それを購入する方がおすすめです。すでにソーラーパネルを持っており、これからポータブル電源を購入する場合は、出力や端子が合っているかを確認しましょう。

    おすすめのポータブル電源「ソーラーパネル付き」

    ソーラーパネルとセットになっている、おすすめのポータブル電源を三つ紹介します。電力自給による節電や、連泊のキャンプを考えている人におすすめです。

    オールパワーズ「S2000PRO+AP400セット」

    容量1,500Whの大容量ながら、家庭のコンセントから最速1時間半程度でフル充電できる使い勝手のよさが魅力です。搭載されている出力ポートは、以下の通りです。

    • AC×4
    • USB-A×4
    • USB-C×2
    • シガーソケット×1
    • 車用ポート×1

    本体がフル充電されたあと、ACコンセントから直接デバイスに給電できるパススルー機能にも対応しています。ACコンセントを抜いてもわずか15ms(ミリ秒)でバッテリーに切り替わり、電力の供給をストップさせません。

    ソーラーパネルは約22%の高い転換率を誇り、自立式スタンドや収納ケースが付属しているため、使い勝手も抜群です。

    • 商品名:オールパワーズ「S2000PRO+AP400セット」
    • 公式サイト:商品はこちら

    オールパワーズ
    S2000PRO+AP400セット

    サイズ・重量:‎37.5 x 24.5 x 25 cm、14.5 kg
    ‎ACx 4、USB-C(最大100W)x2、USB-Ax4、シガーソケットx1、RV30A ACx1, 1500Wh/2400W(サージ4000W)エアコンなど大出力の家電にも使える, 急速充電対応:ACの場合1500W(1.5時間で満充電可能)まで ,ソーラーパネルの場合650Wまで, アプリで操作可能(BLUETOOTH), UPS(無停電電源装置)機能つき(15ms), ライフサイクル数は1000以上


    BLUETTI「AC200P超大容量ポータブル電源」

    容量2,000Wh、出力ポート計17個を搭載しているポータブル電源です。急速充電に対応し、約2時間強でフル充電ができます。うっかり充電を忘れてしまっても、朝一番に充電すれば出発時間に間に合わせられるでしょう。

    最大瞬間出力は約4,800Wのため、ほとんどの家電が使えます。出力ポートは以下の通りです。

    • AC×6
    • USB-A×4
    • USB-C×1
    • 12V/3Aポート×2
    • シガーソケット×1
    • 車用ポート×1
    • ワイヤレスポート×2

    USBで充電するものも多くあるため、本体にスマホを置いておくだけで充電できるのは便利といえます。また、ソーラーパネルからも、最短約3時間半でフル充電できます。

    • 商品名:BLUETTI「AC200P超大容量ポータブル電源」
    • 公式サイト:商品はこちら

    BLUETTI
    AC200P超大容量ポータブル電源

    サイズ:42 x 28 x 38 cm 重量:27 kg


    Jackery「Solar Generator 3000 Pro」

    3,024Whの圧倒的大容量が売りのポータブル電源です。ソーラーパネルを6枚使えば、最短約3時間でフル充電が可能です。最大出力は約6,000Wのため、使えない家電はほとんどないでしょう。

    出力ポートは以下の通りです。

    • AC×5
    • USB-A×2
    • USB-C×2
    • シガーソケット×1

    静音充電モードにより、図書館と同じような静かさで充電ができ、テレワークの邪魔をしません。また、Jackery専用アプリも用意されており、バッテリー残量の確認や稼働方法の設定ができます。Bluetoothにも対応しており、インターネットが通じにくい場所でも安心です。

    Jackery
    Solar Generator 3000 Pro

    重量:37kg


    おすすめのポータブル電源「ソーラーパネル別売り」

    ソーラーパネルは付属しないものの、純正品が別売りされているポータブル電源を三つ紹介します。今はソーラーパネルを買わなくとも、今後買い足す予定がある人はチェックしておきましょう。

    ゴールゼロ「Yeti 3000X(120V)Power Station」

    3,032Whの大容量を誇るポータブル電源です。キャリーカートが付属しており、アウトドアでも引いて持ち運べます。出力ポートは以下の通りです。

    • AC×2
    • USB-A×2
    • USB-C×1
    • USB-C PD×1
    • シガーソケット×1
    • 12V 6mmポート×2
    • 12V Power Poleポート×1

    専用アプリが用意されており、電源のオンオフやバッテリー残量の確認が可能です。ソーラーパネルが別売りされているので、必要に応じて買い足すとよいでしょう。

    • 商品名:ゴールゼロ「Yeti 3000X(120V)Power Station」
    • 公式サイト:商品はこちら

    ゴールゼロ
    Yeti 3000X(120V)Power Station

    電池容量3,032Whのリチウムイオン電池を搭載 ACコンセント×2、USB×4、12V×4 出力端子搭載 最大60W/3Aに対応したUSB Type-C PDポートを搭載


    ビクター「BN-RF1500」

    容量1,536Wh、2~3泊の車中泊に適したモデルです。独自の設計により、コンセントを挿しっぱなしにしてもバッテリーの劣化が抑えられています。使わないときにはコンセントに挿しておくことで、必要なときにはいつでもフル充電に近い状態でスタンバイさせられます。

    出力ポートは以下の通りです。

    • AC×4
    • USB-A×3
    • USB-C×3
    • シガーソケット×1

    充電時間はACアダプター使用で3時間程度です。出力や大きさが異なる2種類のソーラーパネルが別売りされています。

    ビクター
    BN-RF1500

    サイズ:(W×H×D) 380mm×300mm×254mm 重量:21.6kg


    ANKER「757 Portable Power Station」

    容量1,229Wh、近未来的なデザインが目を引くポータブル電源です。約1時間で80%程度まで充電でき、フル充電も約1時間半でできる使い勝手のよさが魅力です。

    長寿命や耐久性を重視しており、バッテリーの寿命は一般的なポータブル電源の約6倍を誇ります。フレームも自転車に使われる6,000系アルミニウム合金を使用しており、高い耐衝撃性を実現しました。出力ポートは以下の通りです。

    • AC×6
    • USB-A×4
    • USB-C×2
    • シガーソケット×1

    スマホアプリからは、充電・給電状況の確認などができます。

    ANKER
    757 Portable Power Station

    重量:19.1kg


    まとめ

    キャンプ人気だけでなく、テレワークの普及・電気代の高騰により、ソーラーパネルでポータブル電源を充電し、電力を自給する需要は高まっているでしょう。スマホやパソコンなどピンポイントで使うことで、効果的に節電ができます。

    連泊のキャンプや災害時には、自力で電力をまかなえるソーラーパネルがあると大きな安心材料になり得ます。ただし、ソーラーパネルは重量があり、使えるかどうかは天候に左右されるため、本当に必要かどうかは吟味する必要があるでしょう。

    目的や利用シーンに合ったポータブル電源とソーラーパネルを選べば、キャンプやテレワークが快適になるはずです。

    NEW ARTICLES

    『 ポータブル電源 』新着編集部記事

    車中泊におすすめのポータブル電源!使用用途から選ぶポイントまで解説!

    2024.05.21

    キャンプに持っていきたいおすすめポタ電10選!一緒に使いたい季節家電&調理家電も紹介

    2024.04.08

    ソロキャンプにも!小型ポータブル電源「BougeRV JuiceGo」はブックサイズで240Whあるぞ

    2024.03.05

    最強スペックのポータブル電源は?最上位モデルを7個紹介

    2024.02.28

    寒冷地でも安心!半固体電池搭載「BougeRV Rover 2000」が業界に新風を巻き起こす?

    2024.01.01

    人気の両面発電ソーラーパネル「Jackery SolarSaga 100」が使いやすいサイズに進化してるっ

    2023.12.27

    機内持ち込みもOK!Jackeryの最新ポータブル電源がミニサイズになった

    2023.12.12

    Ecoflow(エコフロー)/デルタマックス 1600 

    2023.11.20